京都府

観光

【星のや京都】清水寺の重要文化財「経堂」で書初めを

2021.11.07

各施設が独創的なテーマで、圧倒的非日常を提供する「星のや」。
2022年1月15日~2月28日の期間、世界遺産「清水寺」で新年の抱負を漢字一文字で書初めをする「今年のわたしの漢字」を開催します。書道を通して自分に向き合い、新年を清々しい気持ちで始めることができる、そんなアクティビティです。

清水寺の重要文化財・経堂で書き初め

清水寺の重要文化財・経堂で書き初めをします。経堂には仏教の経典が納められており、かつては全国から僧侶が集まり経典の書写や研究をしていた学問の場です。
天井に描かれた墨絵の龍神と釈迦三尊像が見守る厳かな雰囲気のなか、気持ちを新たに新年の抱負を書に込めることができます。

和尚さんのお話を聞いて、心を調える

「書は人なり」という言葉があるように、字には心が表れます。本アクティビティでは、書き初めをする前に和尚様が清水寺の境内を案内しながら観音様のお話をします。冬の静かな境内で和尚様の話に耳を傾けることで、自分と向き合い書き初めに向けて心を調えます。

書道家による書のプライベートレッスン

清水寺での書き初めの前日には、冬の静かな星のや京都で書道家の指導のもと、書のプライベートレッスンを行います。
筆の持ち方や姿勢などを習い、基本の「止め」や「払い」の練習をした後は、清水寺で書く漢字一文字の練習です。集中してゆっくりと同じ動作を繰り返すことで、落ち着いて本番を迎えることができます。

「今年のわたしの漢字」概要

期間: 2022年1月15日~2月28日(除外日あり)
料金: 1組45,000円(税・サービス料込)*宿泊料別
含まれるもの: 書のプライベートレッスン、清水寺での書き初め
場所: 星のや京都、清水寺(星のや京都から車で片道約30分)
対象: 宿泊者
定員: 1日1組(1~2名)
備考: 都合により、開催日や開催内容が変更になることがあります。

>予約はこちらから

星のや京都
平安貴族が別邸を構えた京都府・嵐山。渡月橋から船に乗り、大堰川を遡ると現れる水辺の私邸。京都に息づく日本の伝統技法を感じる客室、伝統に軽やかな遊び心を加えた日本料理、四季の美しい景観と静けさの非日常の世界を楽しめるリゾートです。

新着

新着

注目の記事

京都府

観光

【鈴木敏夫とジブリ展】ここにくれば、ジブリがもう一度見たくなる 京都と東京で開催

高畑勲、宮﨑駿両監督と共に、数々の名作を世に送り出してきたスタジオジブリ・プロデューサー、鈴木敏夫。幼少の頃から現在に至るまでの足跡を、8,800冊の書籍や映画と共に振り返ります。書籍から紐解く、スタジオジブリ誕生のひみつを2022年4月23日(土)から京都文化博物館にてのぞいてみてください。

ピックアップ

ピックアップ