千葉県

伝統

観光

【鎌倉殿の13人】源頼朝の足跡を巡るツアーを休暇村館山で開催

2022.04.08

NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で話題の「源頼朝」ですが、千葉県の南房総には源頼朝ゆかりの地がたくさん残っています。館山市に位置するリゾートホテル「休暇村館山」では、ガイドによる頼朝の逸話、歴史解説を交えながら巡るツアーを開催します。

大山不動尊(おおやまふどうそん)

頼朝の最大の目的は地元の有力豪族を味方に付ける事。中でも2万騎を率いたとされる「上総広常」を説得する事が最重要課題でした。

『日本伝説業書 安房の巻』の説によると、長狭郡(鴨川)で広常との合流を諦めた頼朝は大山不動尊に参詣し広常を始め近隣の武士達の帰伏を祈り一旦内房側に戻ってから上総国に向かったと考えられています。正面の龍は、「波を彫らせたら天下一」と謳(うた)われた名工「波の伊八(なみのいはち)」の作です。

洲崎神社(すのさきじんじゃ)

安房にたどり着いた頼朝は、洲崎神社に参拝し、戦勝と源氏再興を祈念しています。目的達成の暁には、江戸神田の領地を寄進するとの願文を奉納しました。

その後、地元の豪族千葉常胤(ちばつねたね)などの協力を集めることに成功。見事再起を果たし平家を滅ぼし、鎌倉幕府を打ち立てます。他にも頼朝の妻・北条政子の安産祈願など信仰も厚かったようです。

源頼朝が上陸したといわれる竜島海岸(りゅうじまかいがん)頼朝は真鶴岬(神奈川県真鶴町)から船に乗り、相模湾を渡って鋸南町竜島に流れ着きました 。
(『義経記』では館山の洲崎に上陸したという説も)

《源頼朝再興の地・南房総。歴史ガイドと頼朝ゆかりの地を巡る》

日時: 2022年5月25日(水)~1泊2日 ※ツアーは5月26日(木)に実施します。
価格: お1人様 25,000円(税込) ※洋室2名様1室利用時の1名様料金
(Q会員は24,000円)
募集人数: 40名様(最少催行人員 20名様)
予約TEL: 0470-29-0211

<行程>
5月25日(水)
各自チェックイン

5月26日(木)
朝食後8:30休暇村出発→竜島海岸(頼朝上陸の碑・神明神社参拝)→大山不動尊→昼食→仁右衛門島→野島崎(伝説の岩屋)→洲崎神社→16:30休暇村帰着 解散

>詳細はこちら

《休暇村館山 房総食彩ビュッフェ宿泊プラン 春は桜鯛と鰹料理がおすすめ!》

新鮮なお造り、様々な魚介料理を始め、ローストビーフ、千葉の郷土料理、サラダなど和洋様々な料理が並びます。オープンキッチンでは、熱々のカットステーキ、揚げたて天ぷらを提供する他、お好みの具材で作る海鮮丼や季節のおすすめ料理「桜鯛のカルパッチョ」や「カツオタタキ」など旬の料理をご用意致します。

期間: ~2022年5月31日(火)
料金: 平日2名1室利用1泊2食付き 大人1名14,150円(税込)~

>休暇村館山公式サイト

新しい旅のスタイル‟ゼロ密のリゾート“を目指した取組み

お客様、従業員、関係者など皆様の安全・安心を第一に、‟ゼロ密のリゾート“を目指し日々取り組んでまいります。
>詳細はこちら

新着

新着

注目の記事

東京都

観光

【星のや東京】江戸時代の芝居茶屋のもてなしを現代に 「新春歌舞伎滞在」開催

東京・大手町の日本旅館「星のや東京」では、2024年1月5日~26日に、1泊2日の滞在プログラム「新春歌舞伎滞在」を今年も開催します。
江戸に暮らす人々にとって新年の楽しみの一つに歌舞伎観賞があり、粋な過ごし方でもありました。その楽しみ方を支えたのが芝居茶屋です。観劇チケットの手配に加え、筋書やお茶、菓子、幕の内弁当、酒肴の提供など、至れり尽くせりのサービスで人々を喜ばせていました(*1)。星のや東京では、当時の芝居茶屋のようなおもてなしで、新年を寿ぐ滞在を提供します。

*1:富澤慶秀・藤田洋監(2012). 『最新歌舞伎大辞典』. 柏書房.

東京都

観光

イベント

【新宿御苑×ネイキッド】NAKED紅葉の新宿御苑2023開催決定

2023年11月22日(水)〜12月3日(日)の期間、新宿御苑にて紅葉のライトアップイベントが開催されます。今春の桜イベントに続き、今秋は紅葉イベントで再び新宿御苑とネイキッドのコラボレーションが決定しました。東京を代表する庭園「新宿御苑」は、数少ない都心の紅葉スポット。全長約200mのプラタナス並木と都心随一のモミジスポット・モミジ山、池への反射が絶景の「中の池」など、新宿御苑の紅葉とネイキッドのアート&食が融合した世界を見ることができます。

ピックアップ

ピックアップ