福島県

観光

【磐梯山温泉ホテル】赤べこ囲まれたビアガーデン「赤べこビアガーデン」2022年も開催

2022.06.19

磐梯(ばんだい)山麓に位置するリゾートホテル「星野リゾート 磐梯山温泉ホテル」では会津の郷土玩具「赤べこ」をテーマにした「赤べこビアガーデン」を開催します。日本百名山のひとつ、磐梯山麓に広がる雄大な自然の中、会場の装飾からスタッフの衣装、おつまみの器に至るまで赤べこ囲まれた、フォトジェニックならぬ「べこジェニック」なビアガーデンです。

べこジェニックなビアガーデン

当館では、会津で張り子人形として400年前から作り続けられている赤べこを通して、会津文化に親しんでいただけるよう、季節ごとに、「赤べこ花見」や「赤べこクリスマス」など赤べこをテーマにしたイベントを開催しています。2022年の夏は、「赤べこビアガーデン」を開催。当イベントは、会場の設えはもちろん、ビールやおつまみ、衣装に至るまで、どこもかしこも、とにかくべこジェニックなことが特長です。

グループで楽しめる卓上型の「赤べこビアサーバー」 NEW

2022年の赤べこビアガーデンは、新たにオリジナルの「赤べこビアサーバー」が登場します。卓上型のビアサーバーで、約1Lのビールを楽しめます。赤べこの頭をゆらすとビールが注がれる仕組みになっており、グループでの利用にお勧めです。おつまみはドライトマトや、ナッツなど、ビールにピッタリなものを数種類ご用意します。おつまみが盛られる器も赤べこの形をしており、おつまみとビールサーバーでテーブルの上は、たくさんの赤べこで埋め尽くされます。

べこジェニックな空間 Power UP

会場はいたるところに赤べこがいる、べこジェニックな可愛らしい空間です。2022年は、オリジナルの赤べこテーブルと、赤べこパラソルが新登場します。赤べこテーブルは、テーブルが丸ごと赤べこの形になったもので、背中部分で食事を楽しめます。さらに上を見上げると赤べこが描かれたパラソルと提灯がならび、どこを見渡しても赤べこを楽しめます。その他にも、赤べこのうちわや、赤べこの形をした蚊取り線香など、たくさんの赤べこグッズが並びます。

赤べこになりきれるべこジェニックなアイテム

当ビアガーデンではスタッフもゲストも赤べこに扮して宴を楽しみます。ゲストには、赤べこに変身できるオリジナルのお面と、うちわをプレゼントします。うちわは、赤べこのスタンプを用いて、ゲストが自由に絵柄をつけらます。べこジェニックな赤べこグッズをおそろいで身に着けることで、より一層ビアガーデンを楽しめます。

「赤べこビアガーデン」概要

期間: 2022年7月9日~8月31日
時間: 16:00~20:30
場所: 磐梯山温泉ホテル内コデランニ広場
料金: 入場無料、赤べこビアサーバー2,000円(1L)、アルコールドリンク750円~、ソフトドリンク200円~、おつまみ 500円~
予約: 不要

*メニューは仕入れの状況で変更する可能性があります。
*料金は全て税・サービス料込です。

<最高水準のコロナ対策宣言>

新着

新着

注目の記事

東京都

観光

【星のや東京】江戸時代の芝居茶屋のもてなしを現代に 「新春歌舞伎滞在」開催

東京・大手町の日本旅館「星のや東京」では、2024年1月5日~26日に、1泊2日の滞在プログラム「新春歌舞伎滞在」を今年も開催します。
江戸に暮らす人々にとって新年の楽しみの一つに歌舞伎観賞があり、粋な過ごし方でもありました。その楽しみ方を支えたのが芝居茶屋です。観劇チケットの手配に加え、筋書やお茶、菓子、幕の内弁当、酒肴の提供など、至れり尽くせりのサービスで人々を喜ばせていました(*1)。星のや東京では、当時の芝居茶屋のようなおもてなしで、新年を寿ぐ滞在を提供します。

*1:富澤慶秀・藤田洋監(2012). 『最新歌舞伎大辞典』. 柏書房.

東京都

観光

イベント

【新宿御苑×ネイキッド】NAKED紅葉の新宿御苑2023開催決定

2023年11月22日(水)〜12月3日(日)の期間、新宿御苑にて紅葉のライトアップイベントが開催されます。今春の桜イベントに続き、今秋は紅葉イベントで再び新宿御苑とネイキッドのコラボレーションが決定しました。東京を代表する庭園「新宿御苑」は、数少ない都心の紅葉スポット。全長約200mのプラタナス並木と都心随一のモミジスポット・モミジ山、池への反射が絶景の「中の池」など、新宿御苑の紅葉とネイキッドのアート&食が融合した世界を見ることができます。

ピックアップ

ピックアップ