福島県

観光

グランデコリゾート 裏磐梯紅葉ロープウェイまもなく紅葉見頃!

2020.10.30

「グランデコリゾート」では、裏磐梯紅葉ロープウェイにおいて、道中の紅葉がまもなく見頃を迎えることをお知らせ致します。

裏磐梯紅葉ロープウェイで15分の空中散歩

紅葉と共に磐梯山の雄大な景色や猪苗代湖を望む裏磐梯紅葉ロープウェイは、シーズン期間中、県内外より約1.5万人のお客様にご利用いただいております。山麓駅(標高1,010m)から山頂駅(標高1,390m)までは、ロープウェイで片道15分。2,392mを移動いたします。

9月下旬から11月上旬にかけて、山々の季節の移り変わりを楽しむことができ、ブナや落葉松が黄金色に紅葉し、ウルシやカエデ、ナナカマドが真っ赤に染まります。10月の中旬~下旬にはロープウェイ道中から山頂駅にかけて紅葉が見頃になります。

トレッキングで自然をより身近に

ロープウェイ以外にも、より紅葉を身近に楽しめるトレッキングがおすすめです。道中には、ブナの原生林が広がり、360度ぐるりと囲む黄金の木々は、圧巻です。

・草紅葉や、ウルシの真っ赤な紅葉が楽しめる「デコ平湿原」(山頂駅から20分)
・名水百選の小野川の湧き水を楽しむ「百貫清水」(山頂駅から60分)

また、デコ平湿原のガイドトレッキングも行っており、裏磐梯を知り尽くした専門ガイドと共にトレッキングが楽しめます。

※前日17時まで予約制
AM10時~/PM13時半~約2時間
大人1,500円・小学生1,000円
ご予約はお電話で0241-32-3200(裏磐梯グランデコ東急ホテル内)

雄大な磐梯山を眺めながらのランチタイム

標高1,390mにある山頂駅レストラン「BunaBuna(ブナブナ)」では、磐梯山や裏磐梯の雄大な景色を眺めながら、会津地鶏と会津山塩を使った「けんちん蕎麦」、石窯で焼きあげた「天空のピザ」、麓山高原豚の「やわらか肉丼」などを味わうことができ、日本百名水にも選ばれた小野川の湧水を使用した「氷温熟成コーヒー」もおすすめです。

安心してご利用いただくために

安心してご利用いただくために、ロープウェイやレストランでは感染症対策を実施しております。
【ロープウェイ】
・相乗り乗車を避けてご乗車の実施
・乗車時の搬器消毒
・搬器内、施設内の換気、ソーシャルディスタンスの確保
【レストラン】
・座席ごとにパーテーションの設置
・全ての商品を持ち運べる「ポータグルメ」として販売
・座席の消毒、換気、ソーシャルディスタンスの確保

ホテル宿泊利用で極上のひと時を

グランデコリゾート内にある裏磐梯グランデコ東急ホテルのお部屋からも、紅葉する大自然の絶景を楽しむことができ極上のひと時をお楽しみいただけます。お食事も。ご夕食ではフレンチコース、和食会席とお選びいただく事ができます。ご朝食は地元産にこだわったブッフェをご堪能いただけます。
また、夜には満点の星空が見え、講師による解説がついた星空観察会も毎日開催中です。

グランデコリゾート
最長滑走距離4,500m、全13コースから構成されるスキー場では、国内トップクラスの「神雪」が楽しめます。夏秋は、裏磐梯ロープウェイを運行し、大自然と共に3つの日本百名山と猪苗代湖の絶景を楽しめます。

【裏磐梯グランデコ東急ホテル】
標高1,040mと裏磐梯で一番星空に近いホテルとして、夜空にきらめく星空が自慢の高原  ホテル。緑ゆたかな自然に囲まれ、ヨーロピアンスタイルの外観が特徴のリゾートホテルです。ナチュラルな色調でまとめられた客室はシンプルで温かみを感じる空間。天然温泉の大浴場・露天風呂(単純温泉)、水風呂、サウナ、屋内・屋外プールを完備。フレンチ、和食、鉄板焼きのレストランがあり、さまざまなメニューを楽しむことが出来ます。

>グランデコリゾートオフィシャルサイト

新着

新着

注目の記事

東京都

芸術

奈良美智・村上隆などラインナップ。大手オークションプラットフォーム・PHILLIPSが好調な2021年春シーズンの活動を報告。

東京都

伝統

芸術

イベント

文化

<小松美羽さん単独インタビュー>新作“NEXT MANDALA〜魂の故郷” に込めた大調和時代へのメッセージとは

昨年25周年を迎えた(株)デジタルガレージは“Whole Earth Catalog”で世界的に知られるStewart Brand(スチュアート・ブランド)氏と“EARTHSHOT”を宣言。〜Whole Earth Catalogから50年、これからの未来・テクノロジーを考える〜をテーマに今年で21回目となるカンファレンス、「THE NEW CONTEXT CONFERENCE」が8月11日に行われ、その様子は日本⇔米国(サンフランシスコ)同時中継にてオンラインで観客に配信された。

イベント当日、現代アーティスト小松美羽さんは高野山別格本山三宝院で制作した”NEXT MANDALA〜魂の故郷”を発表。目入れのライブペイントを行い、”大加速時代から大調和時代へ”とのメッセージを発信し、会場を祈りの空間へと導いた。

ピックアップ

ピックアップ