東京都

観光

紅葉の見頃を迎えた豪徳寺の「招福猫児(まねぎねこ)」に開運招福のご祈願へ

日本では開運招福や商売繁盛を祈願して招き猫を置く習慣があります。近年では、海外の方から土産物としても人気のある招き猫がずらりと並ぶ豪徳寺の紅葉が見頃を迎えています。

招き猫伝説の残る寺

江戸時代に彦根藩第二代藩主、井伊直孝が鷹狩りの帰りに寺を通りかかりました。その時、和尚の飼い猫が手招きのような仕草をしていたので立ち寄り休憩をすることにしました。すると雷雨が降り始め、直孝は雨に濡れずに済みました。また、和尚の説法も大いに喜ばれた直孝は寺に多くの寄進をしました。このことがきっかけで寺号は「豪徳寺」に変わったたといわれています。

豪徳寺では「招福猫児(まねぎねこ)」と称し、招猫観音(招福観世音菩薩、招福猫児はその眷属)を祀る「招猫殿」を置いています。招猫殿の横には、願が成就したお礼として、数多くの招福猫児が奉納されています。

成就のお礼で奉納された招福猫児

猫の彫り物が施された三重塔

2006年に建立された三重塔。荘厳な雰囲気に秋の景色がよく合います。ところどころ猫の彫り物が施されていますので双眼鏡などで探してみるのも一つの楽しみ方かと思います。

境内を彩る紅葉

忠正公神道碑

世田谷区の閑静な住宅地に佇む豪徳寺は紅葉の穴場スポットです。混雑もなく、ゆっくりと見て回ることができます。一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

新着

新着

注目の記事

北海道

イベント

好評につき今年も開催 湯元啄木亭の「キャンドルナイト」

函館の温泉旅館「湯元啄木亭(ゆもとたくぼくてい)」では函館ゆかりの松岡庭園をそのまま保存した銘庭があり、敷地は約1200坪。この啄木亭の庭園は秋が一番の見頃となっております。
そんな秋の庭園を彩るべく、地元函館のキャンドル作家「710candle(ナナイチマルキャンドル)」の監修の元、タイアップ企画が実現しました。

東京都

芸術

奈良美智・村上隆などラインナップ。大手オークションプラットフォーム・PHILLIPSが好調な2021年春シーズンの活動を報告。

東京都

伝統

芸術

イベント

文化

<小松美羽さん単独インタビュー>新作“NEXT MANDALA〜魂の故郷” に込めた大調和時代へのメッセージとは

昨年25周年を迎えた(株)デジタルガレージは“Whole Earth Catalog”で世界的に知られるStewart Brand(スチュアート・ブランド)氏と“EARTHSHOT”を宣言。〜Whole Earth Catalogから50年、これからの未来・テクノロジーを考える〜をテーマに今年で21回目となるカンファレンス、「THE NEW CONTEXT CONFERENCE」が8月11日に行われ、その様子は日本⇔米国(サンフランシスコ)同時中継にてオンラインで観客に配信された。

イベント当日、現代アーティスト小松美羽さんは高野山別格本山三宝院で制作した”NEXT MANDALA〜魂の故郷”を発表。目入れのライブペイントを行い、”大加速時代から大調和時代へ”とのメッセージを発信し、会場を祈りの空間へと導いた。

ピックアップ

ピックアップ