東京都

観光

“江戸の二大庭園”のひとつ「六義園」を散策

元禄時代の明るいおおらかな気風を反映した、江戸大名庭園の代表的な庭園といわれる六義園の紅葉が見頃を迎えています。

内庭大門

正門から左回りで入場していくと内庭大門があります。この門をくぐっていただいた先に広がる絶景をぜひ楽しんでいただきたいです。

光に照らされた美しい紅葉

滝見茶屋
あずまやの横を渓流が走っています。その奥のエリアは光が届かない落ち着いた雰囲気です。

滝見茶屋奥

蓬莱島
洞窟石組(アーチ形)の島です。こちらは神仙思想を主題とした石組の一種となります。

庭を一望できる吹上茶屋で一服
季節の上生菓子がいただける抹茶のセットがあります。(700円/税込)
今回は柚子が爽やかに香る練りきりをいただきました。

渡月橋
1965年に柳澤吉保自ら設計、指導し、中央に大きな池を掘って、山を築き、7年の歳月をかけてこの回遊式築山泉水庭園」を造り上げたそうです。
見どころはいくつかありますが、一番のおすすめはこちらの渡月橋です。
池の外側から内側を見る景色は太陽の光が当たって木々が美しく光り輝きます。また、橋の袂では鴨の群れの様子も楽しむことができます。物語のワンシーンに入ったかのような、そんな気分にさせてくれるスポットです。

時間の経過で様々な表情を楽しむことができる素敵な庭園でした。みなさまも是非訪れてみてください。

新着

新着

注目の記事

東京都

観光

【星のや東京】江戸時代の芝居茶屋のもてなしを現代に 「新春歌舞伎滞在」開催

東京・大手町の日本旅館「星のや東京」では、2024年1月5日~26日に、1泊2日の滞在プログラム「新春歌舞伎滞在」を今年も開催します。
江戸に暮らす人々にとって新年の楽しみの一つに歌舞伎観賞があり、粋な過ごし方でもありました。その楽しみ方を支えたのが芝居茶屋です。観劇チケットの手配に加え、筋書やお茶、菓子、幕の内弁当、酒肴の提供など、至れり尽くせりのサービスで人々を喜ばせていました(*1)。星のや東京では、当時の芝居茶屋のようなおもてなしで、新年を寿ぐ滞在を提供します。

*1:富澤慶秀・藤田洋監(2012). 『最新歌舞伎大辞典』. 柏書房.

東京都

観光

イベント

【新宿御苑×ネイキッド】NAKED紅葉の新宿御苑2023開催決定

2023年11月22日(水)〜12月3日(日)の期間、新宿御苑にて紅葉のライトアップイベントが開催されます。今春の桜イベントに続き、今秋は紅葉イベントで再び新宿御苑とネイキッドのコラボレーションが決定しました。東京を代表する庭園「新宿御苑」は、数少ない都心の紅葉スポット。全長約200mのプラタナス並木と都心随一のモミジスポット・モミジ山、池への反射が絶景の「中の池」など、新宿御苑の紅葉とネイキッドのアート&食が融合した世界を見ることができます。

ピックアップ

ピックアップ