東京都

観光

“江戸の二大庭園”のひとつ「六義園」を散策

元禄時代の明るいおおらかな気風を反映した、江戸大名庭園の代表的な庭園といわれる六義園の紅葉が見頃を迎えています。

内庭大門

正門から左回りで入場していくと内庭大門があります。この門をくぐっていただいた先に広がる絶景をぜひ楽しんでいただきたいです。

光に照らされた美しい紅葉

滝見茶屋
あずまやの横を渓流が走っています。その奥のエリアは光が届かない落ち着いた雰囲気です。

滝見茶屋奥

蓬莱島
洞窟石組(アーチ形)の島です。こちらは神仙思想を主題とした石組の一種となります。

庭を一望できる吹上茶屋で一服
季節の上生菓子がいただける抹茶のセットがあります。(700円/税込)
今回は柚子が爽やかに香る練りきりをいただきました。

渡月橋
1965年に柳澤吉保自ら設計、指導し、中央に大きな池を掘って、山を築き、7年の歳月をかけてこの回遊式築山泉水庭園」を造り上げたそうです。
見どころはいくつかありますが、一番のおすすめはこちらの渡月橋です。
池の外側から内側を見る景色は太陽の光が当たって木々が美しく光り輝きます。また、橋の袂では鴨の群れの様子も楽しむことができます。物語のワンシーンに入ったかのような、そんな気分にさせてくれるスポットです。

時間の経過で様々な表情を楽しむことができる素敵な庭園でした。みなさまも是非訪れてみてください。

新着

新着

注目の記事

北海道

イベント

好評につき今年も開催 湯元啄木亭の「キャンドルナイト」

函館の温泉旅館「湯元啄木亭(ゆもとたくぼくてい)」では函館ゆかりの松岡庭園をそのまま保存した銘庭があり、敷地は約1200坪。この啄木亭の庭園は秋が一番の見頃となっております。
そんな秋の庭園を彩るべく、地元函館のキャンドル作家「710candle(ナナイチマルキャンドル)」の監修の元、タイアップ企画が実現しました。

東京都

芸術

奈良美智・村上隆などラインナップ。大手オークションプラットフォーム・PHILLIPSが好調な2021年春シーズンの活動を報告。

東京都

伝統

芸術

イベント

文化

<小松美羽さん単独インタビュー>新作“NEXT MANDALA〜魂の故郷” に込めた大調和時代へのメッセージとは

昨年25周年を迎えた(株)デジタルガレージは“Whole Earth Catalog”で世界的に知られるStewart Brand(スチュアート・ブランド)氏と“EARTHSHOT”を宣言。〜Whole Earth Catalogから50年、これからの未来・テクノロジーを考える〜をテーマに今年で21回目となるカンファレンス、「THE NEW CONTEXT CONFERENCE」が8月11日に行われ、その様子は日本⇔米国(サンフランシスコ)同時中継にてオンラインで観客に配信された。

イベント当日、現代アーティスト小松美羽さんは高野山別格本山三宝院で制作した”NEXT MANDALA〜魂の故郷”を発表。目入れのライブペイントを行い、”大加速時代から大調和時代へ”とのメッセージを発信し、会場を祈りの空間へと導いた。

ピックアップ

ピックアップ