神奈川県

観光

晩春を淡く彩る高貴な花

日本では観賞用として平安時代から愛されている藤の花。甘い香りと優雅な佇まいが魅力のマメ科の植物で、国内に名所は多数あります。今回、様々な品種を楽しむことができる横須賀しょうぶ園さんにお邪魔してきました。

藤棚ではなく立ち木造り中心のふじ苑

藤棚と異なり目線が低くなり、自然な姿で鑑賞することができます。手の届く範囲となりますが、こまめに手入れが必要な繊細な植物ですので触れることなく目で楽しむようにしましょう。

九尺藤

<使用レンズ> 「Helios-44」第三世代

花穂の長い品種です。藤棚を作って藤のカーテンのようにして栽培されることが多い品種です。

長崎一歳藤

<使用レンズ> TAMRON 28-200mm F2.8-5.6

紫とピンクの花が混ざった形で咲いていました。鉢物品種として多く生産されています。

野田藤

<使用レンズ> TAMRON 28-200mm F2.8-5.6

植物学者の名前が由来。花びらの白と紫のコントラストが美しいです。

本紅藤

<使用レンズ> TAMRON 28-200mm F2.8-5.6

花は淡紅色で、華やかな明るさのある花色です。

八重黒龍藤

<使用レンズ> TAMRON 28-200mm F2.8-5.6

濃い紫の八重の花を咲かせます。 別名を『ボタンフジ』といい、ころころしたブドウのような花が塊で咲きます。

甲比丹藤

<使用レンズ> TAMRON 28-200mm F2.8-5.6

カピタン藤。遠目で見た時のグラデーションが美しいです。

オールドレンズを通して見る世界

最後に撮影で使用した機材について触れてみたいと思います。
近年日本ではオールドレンズの人気が高まっています。使い捨てのフィルムカメラなども人気ですよね。
それぞれ特徴はあるのですが、今回撮影に使用したレンズがどのように写るものであるのか紹介したいと思います。

ぐるぐるボケを楽しむHelios(ヘリオス)

花の後ろにある背景に注目してください。ザワザワとした雰囲気が出ているのがわかりますでしょうか?これは通称「ぐるぐるボケ」と呼びます。
これは意図して作られたものでなく、ドイツのレンズメーカーを真似してロシアのメーカーが作ったところ、このような写り方になってしまった製品です。人気が高く、手に入れやすいレンズになります。

オールドレンズはゴーストやフレアが入りやすい

現代のレンズでは上記のような赤い光(ゴースト)、それから太陽の光によって画面が白くなる現象(フレア)が入りにくいよう加工されています。そのため、こういった写真は撮りずらいのです。好みは分かれると思いますが、オールドレンズを使用している方はこういった遊びを入れたりします。

ちなみに、本記事に記載されているTAMRONは現代レンズです。外での撮影には欠かせない遠くにあるものを撮るレンズで、過去に掲載した写真のほとんどがこのレンズで撮影したものになります。

掲載した写真をきっかけに写真を始める方が少しでも増えたらいいな。と思って書かせていただきました。ファインダー越しに見る世界が少しでも広がりますように。

新着

新着

注目の記事

沖縄県

観光

文化

うちなー滞在記vol.5「琉球時代へタイムスリップ~難攻不落の秘密と祭司ノロ・後編~」

沖縄本島の人たちが「宮古島」の方言を聞いたとき、「何を言っているのかわからない」という話をよく聞きます。

その島その地域で、独自の言葉や風習が残っている。「うちなーぐち(沖縄方言)」とひとくくりには出来ない、そんなところも沖縄の魅力のひとつではないでしょうか。

しかし、このような「多様」な言葉・文化・風習が残っていられるのは何故なんでしょうか?理由は様々ありそうですが、私はうちなーんちゅ(沖縄の人たち)からこんなことを感じることがあります。

・人は人、自分は自分

・自分が大事にしているものがあるように、他の人にも大事にしていることがある

多様な文化との交流によりつちかわれた、うちなーんちゅならではの感性かもしれません。

さて、今回は世界遺産「勝連城(かつれんじょう・かつれんぐすく)跡」の後編です。勝連の繁栄と石階段の秘密、そして沖縄においての「民間信仰」について、勝連城と共に見ていきたいと思います。

島根県

伝統

芸術

文化

<小松美羽さん単独インタビュー> -Part2- アーティスト小松美羽に迫る。新風土記・第二弾の制作。そして創作の原点に在る”祈り”。

島根県

伝統

芸術

観光

文化

<小松美羽さん単独インタビュー> -Part1- 小松美羽さんと巡る出雲の旅

世界を舞台に活躍する現代アーティスト小松美羽さんの単独インタビュー第一弾。
アナザースカイ(日テレ系)が2週連続で5/27(伊勢篇)、6/3(出雲篇)の放映が決定した小松さん。

番組では2014年に”新風土記”を奉納した出雲へ訪れ、「新風土記の第二弾」を制作し番組内で初公開されます。

常に未来へ進み続ける小松美羽さん。そんな彼女に、この度HYAKKEIの単独インタビューに応えて頂く事が出来ました。”光の柱”の出現を体験し作品に大きな影響を与えたという出雲大社との深い関わりや、出雲の地での新作アートの制作、制作の中心にある祈りの原点に迫ります。

インタビューPart1ではアナザースカイでの撮影風景を元に、”小松美羽さんと巡る出雲大社”をお届けします。出雲の地への親愛の念溢れる小松さん。自然体で語っていただきました。

写真:神庭 恵子 / インタビュー・文:菊地 伸(HYAKKEI)


今回のアナザースカイのハイライトは、2014年に新風土記を制作した際と同じ古民家で制作した、初公開となる絵画作品。この作品についてはインタビューPart2で詳しくお伝えします。

< 小松美羽プロフィール >

1984年長野県生まれ。女子美術大学短期大学部在学中に銅版画の制作を開始。近年ではアクリル画、立体作品などに制作領域を拡大し、力強い表現力で神獣をテーマとした作品を発表。

2015年、ロンドンで開催されたチェルシー・フラワーショーへ有田焼の作品を出品し、受賞作が大英博物館へ収蔵されるという快挙を成し遂げる。その後、台湾、香港、日本での個展において動員数、売上とも記録を塗り替える。

HTCとのコラボによるVR作品『INORI~祈祷~』が第76回ヴェネツィア国際映画祭VR部門、イギリスのレインダンス映画祭にノミネートされる。2020年、日本テレビ系「24時間テレビ」のチャリTシャツのデザインを担当など、国内外で大きな注目を集めている。

小松美羽 Miwa Komatsu | オフィシャルサイト

『アナザースカイ』
日本テレビ
5月27日(木) 伊勢編 24:59~25:39
6月3日(木) 出雲編 25:09~25:39

アナザースカイ 番組公式サイト
https://www.ntv.co.jp/anothersky2/

ピックアップ

ピックアップ