未来へと繋ぐ美の再現~奈良蔦屋書店にて便利堂の世界を伝えるフェアを開催

2021.05.20

国宝 鳥獣人物戯画をはじめとする文化遺産や美術作品の保護に貢献するとともに、近年では国内外のアーティストとの共同制作も積極的に行っている京都を拠点としている便利堂。その世界をお伝えするフェアを奈良 蔦屋書店にて開催します。

フランスで発明された写真プリント技法「コロタイプ」

世界でも希少な技術の「コロタイプ」は優れた再現性、なめらかで深みのある質感、また顔料を使うことによる強い耐久性が特徴で、国宝などの文化財の複製制作に活用されています。

ひとつひとつの作品の色彩を忠実に再現することにこだわり、一枚一枚手作業で丹精込めて仕上げられているため「絵はがき」を「美術はがき」と名付けています。

今回のフェアではコロタイプ商品以外にも、美術をより身近に親しむことができるようなグッズを多数揃えています。
前半は「鳥獣戯画の楽しい世界」関連グッズ、後半は5月28日公開の映画hokusaiを記念した「北斎や浮世絵」グッズなどをご用意いたします(PLUMERIA JAPAN(株)と共同企画)。

『京都便利堂の世界』

会期: 2021年5月15日(土)ー2021年7月9日(金)
時間: 8:00ー23:00
場所: 奈良 蔦屋書店 2階 POP UPスペース
お問い合わせ: 奈良 蔦屋書店 代表番号0742-35-0600

>奈良 蔦屋店公式サイト

新着

新着

注目の記事

北海道

イベント

好評につき今年も開催 湯元啄木亭の「キャンドルナイト」

函館の温泉旅館「湯元啄木亭(ゆもとたくぼくてい)」では函館ゆかりの松岡庭園をそのまま保存した銘庭があり、敷地は約1200坪。この啄木亭の庭園は秋が一番の見頃となっております。
そんな秋の庭園を彩るべく、地元函館のキャンドル作家「710candle(ナナイチマルキャンドル)」の監修の元、タイアップ企画が実現しました。

東京都

芸術

奈良美智・村上隆などラインナップ。大手オークションプラットフォーム・PHILLIPSが好調な2021年春シーズンの活動を報告。

東京都

伝統

芸術

イベント

文化

<小松美羽さん単独インタビュー>新作“NEXT MANDALA〜魂の故郷” に込めた大調和時代へのメッセージとは

昨年25周年を迎えた(株)デジタルガレージは“Whole Earth Catalog”で世界的に知られるStewart Brand(スチュアート・ブランド)氏と“EARTHSHOT”を宣言。〜Whole Earth Catalogから50年、これからの未来・テクノロジーを考える〜をテーマに今年で21回目となるカンファレンス、「THE NEW CONTEXT CONFERENCE」が8月11日に行われ、その様子は日本⇔米国(サンフランシスコ)同時中継にてオンラインで観客に配信された。

イベント当日、現代アーティスト小松美羽さんは高野山別格本山三宝院で制作した”NEXT MANDALA〜魂の故郷”を発表。目入れのライブペイントを行い、”大加速時代から大調和時代へ”とのメッセージを発信し、会場を祈りの空間へと導いた。

ピックアップ

ピックアップ