東京都

芸術

芸術とコーヒーを元銭湯の異空間で楽しむ 「芸術銭湯+cafe 宮の湯」webサイトで芸術家たちの制作現場を動画配信

2020.05.11

「芸術銭湯+cafe 宮の湯」は5月7日にオープンしました。webサイトで芸術家たちをご紹介するとともに、制作現場を動画配信いたします。ご自宅に、芸術家のアトリエの空気感をお届けいたします。

芸術銭湯+cafe 宮の湯とは

昭和レトロな元銭湯を改装して生まれた、アートとカフェが一体となったお店です。かつての浴槽や火焚場に展示されるアートの世界に浸りながら、世界の稀少な豆をプレスで淹れる贅沢なコーヒーや、ワインをお愉しみいただけます。夜の灯りがつく頃、宮の湯は別世界のように幻想的な空間になります。

無観客オープン期間の楽しみかた

こちらのwebサイト内にある出展アーティストの紹介ページで、制作風景や搬入の様子などを動画配信しています。
>芸術銭湯+Cafe 宮の湯公式サイト

アート作品を観る機会は多くありますが、アーティストの日常の風景に触れることはあまりないと思います。この機会に芸術家たちがどのように作品を生み出しているか、その一端をご覧いただければ幸いです。画面を通して創造的な空気感が伝わってくるので、テレワークでクリエイティブな刺激が欲しいときなど、モニターの片隅に映しておくのもお勧めです。

創る人の姿は、それを観る人の想像力を喚起し、いつも以上の創造性を引き出すことがあると考えています。アーティストたちの創る姿をお届けすることで、どこかで誰かの「創る」に少しでも貢献できたら嬉しく思います。

店舗概要

本オープン: 2020年5月7日 予定
営業時間: 平日  14:00~20:00(L.O. 19:00)
土日祝 12:00~18:00(L.O. 17:00)
毎週月曜定休(祝日を含む)
※営業日・営業時間は変更になる場合があります。
所在地: 東京都文京区根津2-19-8 SENTO-1C

>芸術銭湯+Cafe 宮の湯公式サイト

あなたにオススメ

新着

新着

注目の記事

京都府

飲食店

落ち着きのある重厚な空間でジャパニーズウイスキーを楽しむ 京都センチュリーホテルにて

京都センチュリーホテルのメインバー「ESSEX(エセックス)」にて、ジャパニーズウイスキーフェアを開催中です。本物を追求した格式高いバースタイルをモダンに紐解いた店内でゆっくりとした時間の流れを感じながら、「響17年」や「山崎12年」をはじめ国産ウイスキーのテイスティングセットをお楽しみいただけます。

ピックアップ

ピックアップ