甘く可愛いお菓子色のオリジナル江戸色インク

2020.05.03

銀座蔦屋書店限定のオリジナルインク「江戸色インク<江戸の和菓子色>」3種が、5月1日(金)よりオンラインストアで発売を開始しています。

京都の文具・雑貨メーカーTag Stationeryとコラボレーションし、オリジナルの江戸色インク第4弾を企画しました。新しく発売される3色は、お菓子やおやつ文化が花開いた「江戸時代」をテーマに「江戸の和菓子色」をコンセプトにしています。可愛らしい和菓子の色を表現することができ、濃淡のある鮮やかな色彩が特徴です。

新作インク紹介

伝統的で可愛らしいお菓子である「金平糖」の透明感、「落雁」の焼き色などをイメージして作られた新色は全部で3色のラインナップとなります。

【江戸の和菓子色 金平糖】(こんぺいとう)

【江戸の和菓子色 小豆粉落雁】(あずきこらくがん)

【江戸の和菓子色 扇落雁】(おうぎらくがん)

銀座 蔦屋書店 商品企画担当からのメッセージ

銀座 蔦屋書店の江戸色インクは、江戸時代に花開いた様々な文化をインクで表現したシリーズです。今回、「江戸の和菓子色」をコンセプトにし、特徴は深みのある春らしい色です。このインクでお手紙や、ノートを書くと、特段と華やかな気持ちになれると思います。
春らしい陽気でととても気持ちの良い季節です。ぜひ江戸の和菓子色のインクで春らしいおうち時間をもっと楽しみましょう。

【商品詳細】

商品名: 銀座 蔦屋書店限定「江戸色インク<江戸の和菓子色>」
発売日: 5月1日(金)
価格: 2,000円(+tax)
種類: 全3種
インク: 染料インク
容量: 40ml

オンラインストアで発売中
>ヤフーショッピング
>T-SITE SHOPPING

【Tag stationery】

TAG STATIONERYは京都で生まれた文具・雑貨メーカーです。染料インクを中心に京都の伝統文化を取り入れたオリジナル商品「京の音」「文染」を中心に、セレクトした商品を販売しています。

【銀座 蔦屋書店~文具~】

アートピースとしての筆記具やオブジェをご提案

世界中から集めた美しい筆記具やオブジェ、日本の素晴らしいものづくりを伝える売場づくりを追求しています。
特に、伝統技術を継承しながらも、現代的なデザインを取り入れ、新しい挑戦をしている職人の工芸品を中心に発信しています。銀座 蔦屋書店限定の商品も多数取り揃えておりますので、東京銀座のお土産品探しにも是非、お立ち寄りください。

銀座 蔦屋書店 店舗情報

住所:〒104-0061 東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 6F
※2020年4月8日より新型コロナウィルス感染症対策で当面の間休店中

>ホームページ
>Facebook
>Twitter
>Instagram

新着

新着

注目の記事

東京都

芸術

奈良美智・村上隆などラインナップ。大手オークションプラットフォーム・PHILLIPSが好調な2021年春シーズンの活動を報告。

東京都

伝統

芸術

イベント

文化

<小松美羽さん単独インタビュー>新作“NEXT MANDALA〜魂の故郷” に込めた大調和時代へのメッセージとは

昨年25周年を迎えた(株)デジタルガレージは“Whole Earth Catalog”で世界的に知られるStewart Brand(スチュアート・ブランド)氏と“EARTHSHOT”を宣言。〜Whole Earth Catalogから50年、これからの未来・テクノロジーを考える〜をテーマに今年で21回目となるカンファレンス、「THE NEW CONTEXT CONFERENCE」が8月11日に行われ、その様子は日本⇔米国(サンフランシスコ)同時中継にてオンラインで観客に配信された。

イベント当日、現代アーティスト小松美羽さんは高野山別格本山三宝院で制作した”NEXT MANDALA〜魂の故郷”を発表。目入れのライブペイントを行い、”大加速時代から大調和時代へ”とのメッセージを発信し、会場を祈りの空間へと導いた。

ピックアップ

ピックアップ