全国の窯元と同一デザインのマグをつくるプロジェクト 「生涯を添い遂げるマグ」を製作する職人を募集開始

2020.08.14

株式会社ワイヤードビーンズは、ALL-JAPAN観光立国ファンドを運営する地域創生ソリューション株式会社と連携して、当社が日本各地で伝統技術を継承する陶磁器職人(窯元)とともに同一デザインのマグカップを製作する「生涯を添い遂げるマグ」の取り組みにご協力いただけるパートナーを公募させていただく運びとなりました。新型コロナウイルス(COVID-19)禍において、売り上げの落ち込みや、観光客の減少など、甚大な影響を受けている伝統産業の復興に向けた一助となることを目指したプロジェクトです。

デジタルコマース領域におけるECサイトの開発・保守・運用サービスを提供するデジタルソリューション事業と、「職人とのものづくりブランド」運営を中心としたデジタルマーケティング事業を行っており、これまでも情報システム技術を活用した「現代にあった職人の仕組み」を提案してきました。

Wired Beansの製品は、2009年10月の設立以来、日本のグッドデザイン賞をはじめ、ドイツのレッド・ドット・デザイン・アワードやジャーマン・デザイン・アワード特別賞、アメリカのインダストリアル・デザイン・エクセレンス・アワード銅賞を受賞しており、グローバル市場でも高く評価されてきました。

2016年4月より「生涯を添い遂げるマグ」シリーズの製造販売を開始し、本日時点でのラインナップは17種類となっております。「職人手づくりの製品をより身近に、末永く愛用していただきたい」という想いから生まれた「生涯補償」という独自のアフターサービスも大きな特徴です。製品詳細は当社公式オンラインストア にてご覧になれますので、ご興味をお持ちいただける陶磁器職人の皆様、窯元様からのお問い合わせをお待ちしております。

「生涯を添い遂げるマグ」の主な特徴

1. GKインダストリアルデザインと共同開発した、モダンデザインのマグカップを日本各地の窯元(職人)が、それぞれの伝統的な技法や素材を活かして製作。
2. 破損時には理由を問わず、ワイヤードビーンズが新品交換を行う生涯補償(条件付き)を付与することで、「人と道具と職人の永いつながり」「職人技の継承」「地場産業の活性化」を目指す。
3. 底部に丸みをつけることで、良質なクレマ(エスプレッソの液面に浮かぶキメ細かい泡)をつくり出し、アロマと温かさを閉じ込めることを狙ったバリスタ監修の高い機能性。

Wired Beansについて

ワイヤードビーンズは「職人とお客様をつなぐ」ことを目指して、日本各地の職人の手づくりにこだわったラインナップを展開しているブランドです。「生涯を添い遂げるグラス」「生涯を添い遂げるマグ」の両シリーズが代表製品となっており、独自のアフターサービス「生涯補償」を付与することによって、MADE IN JAPANの上質なハンドメイド製品がより身近なものとなるよう「お客様と職人の縁」をつないでいきます。
GKインダストリアルデザインとタッグを組むことにより、モダンで洗練された意匠と機能性の両立を重視。これまで日本国内だけに留まらず、ドイツやアメリカなど、海外においても著名なデザイン・アワードを多数受賞してきました。

製品のラインナップについて

これまで「生涯を添い遂げるマグ」のシリーズにおいて、17種類の製品を発売してきました。本日時点で、八戸焼(青森県)、楢岡焼(秋田県)、新庄東山焼(山形県)、末家焼(宮城県)、大堀相馬焼(福島県)、会津本郷焼(福島県)、美濃焼(岐阜県)、京焼(京都府)、有田焼(佐賀県)がラインナップされており、別途進行中のプロジェクトが複数ございます。
製品は当社直営オンラインストアにおける販売の他、全国各地の大手百貨店、ブライダルサロン、インテリアショップ、カフェやバーといった飲食店でのお取り扱い実績があり、また法人向けギフトや記念品、メーカーキャンペーンの景品などにもご利用いただいております。

ALL-JAPAN観光立国ファンドについて

観光施設の整備や観光産業を支える企業の成長支援を通じて、観光立国の実現を目指す投資ファンド。日本全国の観光産業の発展及び地域創生に貢献するため、ホテル、旅館等の開発・改修プロジェクトや、日本の観光産業活性化を支えるベンチャー企業等に投資を行っております。

株式会社ワイヤードビーンズ
>公式ホームページ

新着

新着

注目の記事

東京都

芸術

奈良美智・村上隆などラインナップ。大手オークションプラットフォーム・PHILLIPSが好調な2021年春シーズンの活動を報告。

東京都

伝統

芸術

イベント

文化

<小松美羽さん単独インタビュー>新作“NEXT MANDALA〜魂の故郷” に込めた大調和時代へのメッセージとは

昨年25周年を迎えた(株)デジタルガレージは“Whole Earth Catalog”で世界的に知られるStewart Brand(スチュアート・ブランド)氏と“EARTHSHOT”を宣言。〜Whole Earth Catalogから50年、これからの未来・テクノロジーを考える〜をテーマに今年で21回目となるカンファレンス、「THE NEW CONTEXT CONFERENCE」が8月11日に行われ、その様子は日本⇔米国(サンフランシスコ)同時中継にてオンラインで観客に配信された。

イベント当日、現代アーティスト小松美羽さんは高野山別格本山三宝院で制作した”NEXT MANDALA〜魂の故郷”を発表。目入れのライブペイントを行い、”大加速時代から大調和時代へ”とのメッセージを発信し、会場を祈りの空間へと導いた。

ピックアップ

ピックアップ