青森県

文化

「かつての青森の暮らし」の再現 星野リゾート青森屋「きみがらプロジェクト」

2021.09.09

青森屋が2019年から取り組んできた「きみがらプロジェクト」は、馬の力を借りて畑を耕し、馬糞はたい肥となり、作物を育て食料を確保していたかつての青森の暮らしの再現を目指した活動です。
2021年は馬糞のたい肥化を開始し、馬とトウモロコシの資源を無駄なく使う活動を継続していきます。

敷地内にたい肥場を設置

青森屋には、馬車を引く馬が3頭とお客様のお出迎えをするポニーが2頭います。
たい肥化には、水分量と通気性を管理し、微生物の働きで発酵を進めることが必要です。馬糞とおがくずを混ぜて水分調節をし、定期的に空気に触れるように混ぜ合わせます。完成したたい肥は、2022年に畑で使用することを目指します。

きみがらプロジェクト

かつて青森県は名馬の産地として知られ、馬と人が共に暮らしていました。馬の力を借りて畑を耕し、馬糞はたい肥となり、作物を育て食料を確保。そして馬の飼料用トウモロコシのうち余ってしまう皮は工芸品に作り変えていました。

青森屋でその文化を再現し、資源を循環させていきます。

工芸品製作の技術習得と宿泊者体験アクティビティの実現

2019年12月から、きみがらスリッパやミニぞうりを編む技術を生産組合の方々から学ばせていただいています。2020年12月からは、宿泊者に工芸品づくりをしてもらう「きみがらミニぞうり作り体験」を開始しました。

スタッフが習得した技術を活かして宿泊者にきみがらプロジェクトの活動を伝えています。体験者数は、2021年4月時点で約170名になりました。

<最高水準のコロナ対策宣言>

>【星野リゾート】コロナ対策まとめ

星野リゾート 青森屋
「のれそれ(*青森の方言で目一杯の意味)青森~ひとものがたり~」をコンセプトに、青森の祭りや方言などの文化を満喫できる温泉宿。約22万坪の敷地内には、池や古民家の点在する公園もあり、食事や多彩なアクティビティを楽しむことができます。

>星野リゾート 青森屋公式サイト

新着

新着

注目の記事

京都府

買い物

食べ物

宇治茶×9種のフレーバーのチョコレートギフト 京都・伊藤久右衛門「ショコラコレクション2022」予約開始

京都・宇治 伊藤久右衛門から「宇治抹茶」・「宇治ほうじ茶」に、ごま・柚子・さくら・山椒など9種類の素材を組み合わせたチョコレートギフト『ショコラコレクション2022』の予約が開始されました。バレンタイン・ホワイトデーだけでなく冬のギフトにも使いやすい「6種入」と「9種入」をご用意しました。

京都府

飲食店

2年振りに開催のスイーツビュッフェ La Jyho 『ストロベリースイーツビュッフェ』

2022年1月15日(土)~5月8日(日)の土・日・祝日限定で2年振りとなるスイーツビュッフェを、京都センチュリーホテルのュッフェレストラン「オールデイダイニング ラジョウ」にて開催します。
復活第一弾となる今回のスイーツビュッフェは、いちごをメインにしたスイーツやフレッシュいちごの食べ比べなどが魅力の『ストロベリースイーツビュッフェ』となります。

島根県

買い物

お土産・記念品

観光

食べ物

冬の出雲食べ歩きグルメや神門通りの季節限定商品を紹介

出雲観光協会では電車やバスでは訪れにくいパワースポットなどへ専門ガイドと特別なお食事付きでご案内する「うさぎ号」の運行に取り組んでいます。今回は、「うさぎ号」の多くのコースで訪れる出雲大社。その参道、神門通りでの、冬ならではのお楽しみをご紹介します。

京都府

観光

イベント

2022年1月1日限定の「京都タワー元旦初のぼり」入場券を販売

2022年1月1日(土・祝)に、地上100メートルの京都タワー展望室から初日の出をご覧いただける「京都タワー元旦初のぼり2022」イベントを開催いたします。前売り券をご購入のゲストのみご入場いただける人数限定のこちらのイベントでは、初日の出と合わせて、展望室内にある「たわわちゃん神社」でのお参りや「たわわちゃん絵馬」「たわみくじ」もお楽しみいただけます。

ピックアップ

ピックアップ