【東海道五十三次ふらっと-flat-完歩】Vol.46 亀山宿~関宿編 世界の亀山工場とか煩悩ホテルとか

『東海道五十三次ふらっと-flat-完歩』とは…
ふとしたきっかけで東海道を歩き、その魅力に目覚めた筆者が、旧東海道に沿って、五十三次、約500㎞をテキトーに歩き、永い歳月をかけてついに完歩してしまった感動巨編!(ただし全米は泣かない)。


時間がある時にぶらっと出かけて、気の向くままに歩くシステム。よって歩く順番もランダム。名所旧跡を語るより、街道沿いの人々や風俗(変な意味ではない・・・と思う)、B級スポットなどを、ときどき妄想も入れつつ紹介し、いつか現代の十返舎一九と呼ばれたい。


亀山の先、関の宿場町は、東海道の五十三の宿場町の中でも、もっとも昔の姿を残している、と言われている美しい町並みで有名ですが、この日はその前にどうしても行っておかなければならない場所がありました。

シャープの亀山工場に喝!

朝、東海道テキトー完歩とは関係なく、この亀山で、どーしてもしておきたいことがあったのでした。それは、これ。

シャープの亀山工場に行って、株主として、最近の体たらくに喝!を入れてやらなければならない、と思っていたのでした。

そんなわけで泊まったのが、シャープ亀山工場にほど近い、カンデオホテル。

ビジネスホテルですが、機能的で洗練されていて、最近人気のホテルチェーンなのです。

亀山には町の規模におおよそ似合わないくらいにビジネスホテルが多いのですが、それはすべてこのシャープの亀山工場があったから。

亀山工場といえば、シャープの液晶テレビが全盛期だった頃は「世界の亀山モデル」と称して、まさに世界一のブランドを生みだす大工場だったので、訪れる人が絶えなかったのでしょう。

それが僕が行った当時のSHARPは業績絶不調だったので、株主としてひとこと喝を入れたろう、ということでわざわざ早起きして行ってみたのでした。

シャープの亀山工場があるのは「亀山・関テクノヒルズ工業団地」と呼ばれるところ。その名の通り小高い丘陵地の上にあり、ホテルの前から坂道が続いています。歩くこと20分ちょっとで、巨大な「SHARP」の赤いロゴが見えてきます。

が、それより驚いたのは、こんな田舎の山の上の人通りの多さ。

最初は、朝の散歩サークルか何かが、徒党を成して歩いているのかと思ったのですが、どうやらそうではなさそうです。みんなきっとシャープの工場に行く従業員なんですね。

さすがに立派ですよ、(元)世界の亀山工場だけあって。工場の敷地の周りを一周歩くだけで30分くらいかかる感じです。

そんなわけで一言!

たのみますよー、シャープさん、株上がれーーーーーーーー!、ついでに東芝も。。。(って全然喝になってませんが、とりあえず懇願してきました。。。)

歌川広重 東海道五十三次 亀山 雪晴れ │ 大胆な構図と朝焼けの雪景色に目を奪われる「蒲原 夜之雪」と対をなす雪景の傑作。

世界の亀山工場をめぐる朝の散歩が終わってホテルに戻ってみると、国道を挟んだ目の前に異様な建物が。

昨日はもう暗くなっていてよく見ていなかったのですが、壮大な竜宮城っぽい、いわゆるラブホですね。

しかも、こんなプランがあるらしいのです。

新ビジネスプラン 4,500円、領収書発行可!

世界の亀山工場に来て、ここに泊まっちゃうビジネスマンもいるのでしょうか?

いやー、僕もこっちに泊まればよかったかな、と一瞬思いました。広いベッドで、ひとり悶々とするのも、煩悩を追い払う修行としては悪くないのではないでしょうか。

そして関宿へ

さて、本編のテキトー完歩に戻ります。

昨日は疲れ果てて景観を楽しむ余裕がなかったので、今日はじっくりと大岡寺畷を歩きます。

鈴鹿川の向こうに山々が行く手を阻んでいます。方向的に鈴鹿峠はもう少し右手のほうになるかと思いますが、いずれにせよ、これからこんな感じの山を越えていくわけです。

大岡寺畷が終わり、JRの関西本線と国道1号を横切ると、いよいよ関宿の入口となります。

いやー、素晴らしいですね。

関に来るのは2回目ですが、こうしてはるばる旧東海道を歩いてやってくると、列車で気軽にちょいとやってくるのとは全く違った感慨があります。

歌川広重 東海道五十三次 関 本陣早立ち │ 早朝、出立の準備を進める大名行列の一行。関宿は大和街道、伊勢別街道と交差する場所に位置し、大変な賑わいを見せたと言われています。

関の宿場町は、東海道の五十三の宿場町の中でも、もっとも昔の姿を残している、と言われている美しい町並みで有名。

旧街道に入ってすぐにある東の追分を過ぎると、もうこんな町並みが。

関の旧宿場町のほぼ中央部にある、百五銀行。

もちろん現役の銀行店舗ですが、関の街並み保存の象徴的な建物として有名です。

関の宿場町が続く旧東海道は現在の国道1号やJR関西本線よりも南の高台にあるのですが、百五銀行の交差点を南に向かって下るとJRの関駅が現れます。

実はここで今日、ここから先の鈴鹿峠の案内人として、鈴鹿鈴子が僕を待っているのです。

<2015年10月訪問> 最新の情報は公式サイト等でご確認ください。

Vol.47へ続く
< 【東海道五十三次ふらっと-flat-完歩】Vol.45 石薬師宿~亀山宿編 佐佐木信綱先生とか庄野のお母さんとか

新着

新着

注目の記事

愛知県

観光

ディープなローカルツアー “「三河里旅」×「とよた宿割」”で お得にマイカーで巡る御朱印旅

地域で暮らし地域を深く知るガイドが三河の山里でしか体験できない唯一無二の旅を提案する「三河里旅」のローカルツアー。そんな三河里旅より、とよた宿割を利用することで食事や宿泊・休憩が等が半額になる日帰りツアーが登場。2日間限定のお得なツアーをお見逃しなく。

沖縄県

観光

「ウィンドサーフィンデビューステイ」プランが登場【リゾナーレ小浜島】

周囲に高い山や建造物など障害物がない小浜島は、どの方位からも風が吹き、風を操って楽しむウィンドサーフィンの聖地と称されています。
日本最南端の八重山諸島に位置する離島のビーチリゾート「星野リゾート リゾナーレ小浜島」に、2021年12月1日~2022年2月28日の期間、マンタ柄のセイルでウィンドサーフィンに挑戦するプラン「ウィンドサーフィンデビューステイ」が登場します。

沖縄県

伝統

観光

文化

うちなー滞在記vol.11「三山時代にタイムスリップ~護佐丸の築城と松並木~」

沖縄に移り住んで早一年が経とうとしています。一年前に吹いていた風、冬へ向かう空気の冷たさが思い出されます。

「うちなー(沖縄)でやっていけるだろうか」

「うちなーんちゅ(沖縄の人たち)と私は何が違うのだろう」

当初、そんな不安と好奇心とを抱きながら生活していました。しかし、様々な人と接するうち、不安は徐々に解消されていきました。

「うちなーには様々な国籍を持つ人たち、本土(沖縄以外の日本)の人たちが暮らしている」ことは心強さを与えてくれました。

「うちなーには様々な異文化との交流の歴史があった」ことを知れたのも、大きな理由の一つです。

そして、風習や言葉の違いは “違い” として尊重し、残そうとしているうちなー文化に触れているうち、「違うことは当たり前」「違っていて良い」と思えるようになりました。

さて、今回は時をさかのぼること600年。三山時代に築城されたといわれる沖縄本島中部・読谷村(よみたんそん)の世界遺産「座喜味城跡(ざきみじょうあと)」をご紹介します。

ピックアップ

ピックアップ