滋賀県石山寺の門前に大津市初のプリン専門店 「石山寺プリン本舗」が7月23日オープン!

2020.08.07

滋賀県大津市の石山にて、大津初のご当地プリン専門店、石山寺プリン本舗を2020年7月23日にオープンしました。
大津、石山寺の新名物を目指して、信楽の朝宮産のお茶やモリヤマメロンなど地元滋賀の特産品にこだわったプリンをすべて店内工房で手作りし提供いたします。

石山寺の門前にオープンする「石山寺プリン本舗」

昔からお参りとお菓子は切っても切れないものでした。日本各地の門前町には、参拝者のために作られた名物のお菓子があります。石山寺プリン本舗は、令和の門前スイーツとして、石山寺の山門前でプリンをお届けします。日本一広い湖、琵琶湖とその周りを囲む山々の豊かな自然の中でできる滋賀県産の素材にこだわり、一つ一つ手作りで作るプリンです。奈良時代からの長きにわたって信仰される石山寺のように、長くみなさまから愛されるこれからの時代にふさわしいスイーツを作ります。石山寺観光のお土産からちょっとした手土産まで、様々なシーンで喜ばれるプリンとなっています。

石山寺プリン本舗のロゴには、石山寺から見える月が日本三大名月に数えられていることに着想を得て、うさぎとお月さまをデザインしました。使用している瓶も満月をイメージした丸い瓶で、さらにこれからは満月を連想させるスフレプリンも登場予定です。ふわふわのスフレととろけるプリンの2つの味わいを皆様にお届けします。
石山寺、滋賀県の魅力が詰まったプリンで皆様を笑顔にしていきます。

地元滋賀の素材にこだわったプリン

石山寺プリン本舗のプリンは、とろりとしたなめらかなくちどけ、甘いバニラの香りが特徴の新感覚のプリンです。生クリームを原料にふんだんに使用した独自の製法にその秘密があり、安心安全な商品をお届けしたい気持ちから、保存料、着色料、香料、乳化剤は無添加ですべて店内の工房で作っております。

また、原料は地元滋賀の素材にこだわっており、牛乳には江八幡市の高木牧場の牛乳を100%使用、濃い茶・ほうじ茶のプリンには信楽・朝宮の茶葉を、メロンプリンにはモリヤマメロンをそれぞれ使用しています。
どれも、ちいさなお子様からご年配の方まで、多くの方のお口に合うよう作られた優しいプリンに仕上がっています。

商品ラインナップ

〇石山寺プリン なめらか 390円(税込)
食べると、お口いっぱいに広がる、たまごのコクとバニラビーンズの香り。
お口に入れた瞬間、とろ~りとろけるなめらかな舌触り。こだわりのたまご、牛乳、生クリーム、砂糖は、全て国内産。そして、マダガスカル産最高級バニラビーンズを使用し、ひとつひとつ、手作りで作るからこそ、得られる味、香り、食感です。
保存料、着色料、乳化剤無添加で、お子様からご年配の方まで安心して召し上がっていただけるプリンです。

〇石山寺プリン ほうじ茶 430円(税込)
ほうじ茶プリンに使用されるほうじ茶は、滋賀県信楽の朝宮茶。昼夜の寒暖差が激しく、自然豊かな山間部で採れる茶葉は、独特の香気と風味が特徴です。そのほうじ茶を風味を損なわない様に煮出し、丁寧に味と香りを引き出しました。アクセントに黒豆を入れ、ほうじ茶独特の香ばしく豊かな風味をお楽しみいただけるプリンです。

石山寺プリン ほうじ茶 430円(税込)

〇石山寺プリン 濃い茶 450円(税込)
ほうじ茶と同じく、信楽の朝宮産高級抹茶をたっぷりと使用した濃い茶ソースをなめらかプリンの上にかけています。濃い茶の風味、渋みとなめらかプリンのコクが絶妙に絡まり合う、今までにないプリンです。

石山寺プリン 濃い茶 450円(税込)

〇石山寺プリン モリヤマメロン(夏季限定) 450円(税込)
夏季限定のモリヤマメロンプリンは、滋賀県守山市で栽培されるモリヤマメロンを使用し、プリンの上のジュレの淡い緑が美しい、夏にぴったりの涼しげな雰囲気を感じさせるプリンとなっています。フレッシュなメロン入りのジュレを、なめらかなプリンの上にたっぷり乗せ、サッパリとした甘さとメロン特有の風味をお楽しみいただけます。色鮮やかなメロンの黄緑色が、爽やかで目にも美しいプリンです。

石山寺プリン モリヤマメロン(夏季限定) 450円(税込)

〇プリンソフト 400円(税込)
プリンのコク、カラメルソースの甘味、バニラの香りと言った、石山寺プリン本舗のプリンの味わいがそのままソフトクリームになりました。県内ではまだ珍しい、太巻きのフォルムも可愛く、インスタ映え間違い無し!食べ歩きにもピッタリです。

プリンソフト 400円(税込)

〇ほうじ茶ソフト 400円(税込)
ほうじ茶プリンと同じ、信楽朝宮産の茶葉を使用したソフトクリームは、食べた瞬間、お口いっぱいにほうじ茶の香ばしい風味が広がります。更に上からほうじ茶パウダーをトッピングしていることで、より一層本物のほうじ茶の香りを堪能できます。濃厚ながら後味サッパリのオリジナルソフトクリームです。

ほうじ茶ソフト 400円(税込)

石山寺プリン本舗 7つの宝

1. 石山寺の山門前で新しい歴史をつくるスイーツ
2. 滋賀県近江八幡市の高木牧場の牛乳を100%使用!地元素材にこだわったプリン
3. 生クリームたっぷりでなめらかなくちどけのプリン
4. 石山寺の名月をモチーフにしたうさぎがお出迎え
5. 昔ながらの保存料無添加の安心安全のプリン
6. 店内の工房で一つ一つすべて手作り
7. 滋賀・大津の新名物として、石山寺の新たな魅力の1つとして

石山寺プリン本舗

住所: 〒520-0861 滋賀県大津市石山寺3-1-7
※石山寺から徒歩約1分
電話番号: 077-548-6300

>公式ホームページ
>Instagram
>Facebook
>Twitter

新着

新着

注目の記事

沖縄県

観光

文化

うちなー滞在記vol.5「琉球時代へタイムスリップ~難攻不落の秘密と祭司ノロ・後編~」

沖縄本島の人たちが「宮古島」の方言を聞いたとき、「何を言っているのかわからない」という話をよく聞きます。

その島その地域で、独自の言葉や風習が残っている。「うちなーぐち(沖縄方言)」とひとくくりには出来ない、そんなところも沖縄の魅力のひとつではないでしょうか。

しかし、このような「多様」な言葉・文化・風習が残っていられるのは何故なんでしょうか?理由は様々ありそうですが、私はうちなーんちゅ(沖縄の人たち)からこんなことを感じることがあります。

・人は人、自分は自分

・自分が大事にしているものがあるように、他の人にも大事にしていることがある

多様な文化との交流によりつちかわれた、うちなーんちゅならではの感性かもしれません。

さて、今回は世界遺産「勝連城(かつれんじょう・かつれんぐすく)跡」の後編です。勝連の繁栄と石階段の秘密、そして沖縄においての「民間信仰」について、勝連城と共に見ていきたいと思います。

島根県

伝統

芸術

文化

<小松美羽さん単独インタビュー> -Part2- アーティスト小松美羽に迫る。新風土記・第二弾の制作。そして創作の原点に在る”祈り”。

島根県

伝統

芸術

観光

文化

<小松美羽さん単独インタビュー> -Part1- 小松美羽さんと巡る出雲の旅

世界を舞台に活躍する現代アーティスト小松美羽さんの単独インタビュー第一弾。
アナザースカイ(日テレ系)が2週連続で5/27(伊勢篇)、6/3(出雲篇)の放映が決定した小松さん。

番組では2014年に”新風土記”を奉納した出雲へ訪れ、「新風土記の第二弾」を制作し番組内で初公開されます。

常に未来へ進み続ける小松美羽さん。そんな彼女に、この度HYAKKEIの単独インタビューに応えて頂く事が出来ました。”光の柱”の出現を体験し作品に大きな影響を与えたという出雲大社との深い関わりや、出雲の地での新作アートの制作、制作の中心にある祈りの原点に迫ります。

インタビューPart1ではアナザースカイでの撮影風景を元に、”小松美羽さんと巡る出雲大社”をお届けします。出雲の地への親愛の念溢れる小松さん。自然体で語っていただきました。

写真:神庭 恵子 / インタビュー・文:菊地 伸(HYAKKEI)


今回のアナザースカイのハイライトは、2014年に新風土記を制作した際と同じ古民家で制作した、初公開となる絵画作品。この作品についてはインタビューPart2で詳しくお伝えします。

< 小松美羽プロフィール >

1984年長野県生まれ。女子美術大学短期大学部在学中に銅版画の制作を開始。近年ではアクリル画、立体作品などに制作領域を拡大し、力強い表現力で神獣をテーマとした作品を発表。

2015年、ロンドンで開催されたチェルシー・フラワーショーへ有田焼の作品を出品し、受賞作が大英博物館へ収蔵されるという快挙を成し遂げる。その後、台湾、香港、日本での個展において動員数、売上とも記録を塗り替える。

HTCとのコラボによるVR作品『INORI~祈祷~』が第76回ヴェネツィア国際映画祭VR部門、イギリスのレインダンス映画祭にノミネートされる。2020年、日本テレビ系「24時間テレビ」のチャリTシャツのデザインを担当など、国内外で大きな注目を集めている。

小松美羽 Miwa Komatsu | オフィシャルサイト

『アナザースカイ』
日本テレビ
5月27日(木) 伊勢編 24:59~25:39
6月3日(木) 出雲編 25:09~25:39

アナザースカイ 番組公式サイト
https://www.ntv.co.jp/anothersky2/

ピックアップ

ピックアップ