【高輪エリアのプリンスホテル】今年は東京で“日本の夏の風物詩”を満喫♪浴衣を着て縁日を楽しめる「高輪 夏まつり2020」開催

2020.08.24

ザ・プリンス さくらタワー東京、グランドプリンスホテル高輪、グランドプリンスホテル新高輪は、遠出や旅行が制限され、夏のイベントを満喫できていないご家族や幅広い世代の方が、日本の夏の風物詩を満喫できる「高輪 夏まつり2020」を8月14日(金)、15日(土)に開催しました。

今年で7年目を迎える「高輪 夏まつり2020」では、日本庭園での縁日、日本の伝統文化の体験、和楽器でのLIVE等、風情ある“日本の夏”を都内にいながら体験していただけます。
夏まつりをより一層満喫していただけるよう、浴衣に着替えてお祭り気分を味わっていただける宿泊プランや怪談噺で涼しい時間をお過ごしいただける宿泊プランもご用意いたしました。
また、例年コラボレーションしている京都市の協力のもと、京都の職人が作る伝統工芸品のポップアップストアを当ホテルで実施いたします。通常はWEBでしか購入できない工芸品等を2日間限定で職人が実演販売いたします。
プリンスホテルではお客さまにより安全で、清潔な空間で安心してお過ごしいただけるよう、新たな衛生・消毒基準「Prince Safety Commitment(プリンス セーフティー コミットメント)」を策定いたしました。従業員の衛生体制の強化をはじめ、検温や手指の消毒などお客さまが安心してお過ごしいただける環境作りを確保してまいります。
今年の夏は、ご家族で安心してお過ごしいただけるホテルでの夏休みの思い出作りをご提案いたします。

■縁日
射的、ヨーヨーすくい、輪投げなど、おとなも子どもも楽しめる縁日が登場します。

浴衣に着替えて縁日
手持ち花火

■和LIVE
数多くの受賞歴を誇る演奏者や、国内外で活躍する篠笛奏者、和太鼓奏者によるスペシャルライブを2夜連続でお届け。力強いパフォーマンスをお楽しみください。

和LIVE 雷舞
和LIVE 朋郎

■金魚提灯&日本庭園の装飾
可愛らしい見た目の金魚提灯が日本庭園で風に乗って泳ぎます。
その他、夏まつり限定のオリジナル暖簾や風鈴等、夏の夜のひとときを演出いたします。

■Ghost Stories
実話怪談師 城谷歩による夏の夜にぴったりな怪談噺をお楽しみいただけます。

■京文化を味わう体験型コンテンツ
(1)京都館ポップアップストア save our crafts by MIYABI
京都の伝統工芸職人が作り上げた和ろうそくや京扇子を手に取って購入していただける「高輪 夏まつり」だけの特別企画を実施いたします。

和ろうそく

(2)Incense Station ことことワゴン
京都の香老舗 松栄堂による移動販売車が登場。“自分で選ぶ、自分でつくる”をコンセプトにした商品等をご購入いただけます。

Incense Station ことことワゴン 
松栄堂 お香

■YUKATA Time 着付け体験
豊富な種類の中からお好きな浴衣を選び、プロのスタッフによる着付けで涼やかな夏の夜をお過ごしいただけます。浴衣のご持参で着付けのみのご利用も可能です。

着付け体験

新着

新着

注目の記事

愛知県

観光

ディープなローカルツアー “「三河里旅」×「とよた宿割」”で お得にマイカーで巡る御朱印旅

地域で暮らし地域を深く知るガイドが三河の山里でしか体験できない唯一無二の旅を提案する「三河里旅」のローカルツアー。そんな三河里旅より、とよた宿割を利用することで食事や宿泊・休憩が等が半額になる日帰りツアーが登場。2日間限定のお得なツアーをお見逃しなく。

沖縄県

観光

「ウィンドサーフィンデビューステイ」プランが登場【リゾナーレ小浜島】

周囲に高い山や建造物など障害物がない小浜島は、どの方位からも風が吹き、風を操って楽しむウィンドサーフィンの聖地と称されています。
日本最南端の八重山諸島に位置する離島のビーチリゾート「星野リゾート リゾナーレ小浜島」に、2021年12月1日~2022年2月28日の期間、マンタ柄のセイルでウィンドサーフィンに挑戦するプラン「ウィンドサーフィンデビューステイ」が登場します。

沖縄県

伝統

観光

文化

うちなー滞在記vol.11「三山時代にタイムスリップ~護佐丸の築城と松並木~」

沖縄に移り住んで早一年が経とうとしています。一年前に吹いていた風、冬へ向かう空気の冷たさが思い出されます。

「うちなー(沖縄)でやっていけるだろうか」

「うちなーんちゅ(沖縄の人たち)と私は何が違うのだろう」

当初、そんな不安と好奇心とを抱きながら生活していました。しかし、様々な人と接するうち、不安は徐々に解消されていきました。

「うちなーには様々な国籍を持つ人たち、本土(沖縄以外の日本)の人たちが暮らしている」ことは心強さを与えてくれました。

「うちなーには様々な異文化との交流の歴史があった」ことを知れたのも、大きな理由の一つです。

そして、風習や言葉の違いは “違い” として尊重し、残そうとしているうちなー文化に触れているうち、「違うことは当たり前」「違っていて良い」と思えるようになりました。

さて、今回は時をさかのぼること600年。三山時代に築城されたといわれる沖縄本島中部・読谷村(よみたんそん)の世界遺産「座喜味城跡(ざきみじょうあと)」をご紹介します。

ピックアップ

ピックアップ