ホテル 東山 四季花木の「茶養生」コースプラン 10月30日より受付開始

2021.10.24

京の美しき文化を継承し、新しい価値を創出するスモールラグジュアリーホテル「東山 四季花木」。
「養生」をテーマに美しく、深く「茶」と「食」を味わっていただく宿泊プランの第二回開催が決定しました。紹介制レストラン「Farmoon」船越雅代氏が「茶養生」プランに合わせた特別コース料理を制作しています。

「身体が疲れた時、食にあたった時、気を養い回復させたい時
お風呂上がりに良い景色を眺めながら
友や親しい人達と深く長い時間を過ごしたい時
私はいつも旅をする時、目的別でいくつかの茶葉を小分けに携帯します。

茶の葉がもつ自然のエネルギーは気を緩ませ、整え、補い、高める
そして意識して茶湯を飲むと身体への響きもかわるもの。

そんな体験をたっぷり二日間味わっていただく「湯治」のような「茶養生」の滞在を
どうぞ楽しみにお越し下さい。」

台湾茶道教室「留白(るはく)」主宰 珮如(Peru)

第二回「茶養生」リトリート@ホテル東山 四季花木(京都)

日程: (1)12/11(土)- 12/12(日)
(2)12/12(日)- 12/13(月)
料金: 1泊2日85,000円~ (宿泊・茶・朝夕食込) / 人
部屋タイプ: 1名1室 スーペリアツイン4部屋
2名1室 ジュニアスイート2部屋 / エグゼクティブスイート1部屋
3名1室 エグゼクティブスイート1部屋
予約開始: 一般受付2021年10月30日より開始

<お申し込み方法>
件名に「茶養生@四季花木」
内容欄に「(1)名前、(2)住所、(3)電話番号、(4)参加希望日程、(5)食物アレルギー、ご質問等」を記載の info@shikikaboku.jp (担当:山口)までメールにてお申し込みください。
TEL:075-744-6654(9:00~18:00)

ホテル東山 四季花木
京都市京セラ美術館オープンで話題の岡崎エリアに誕生した知る人ぞ知る大人の隠れ家「東山 四季花木」京の簡素美をコンセプトし、シンプルで本質を貫いたわずか8室だけのスモールラグジュアリー。移ろいゆく京都の四季を肌で感じる事ができる開放的なルーフトップテラス。小さいながらもホテル5階には貸切露天風呂も完備。
>公式サイト

新着

新着

注目の記事

愛知県

観光

ディープなローカルツアー “「三河里旅」×「とよた宿割」”で お得にマイカーで巡る御朱印旅

地域で暮らし地域を深く知るガイドが三河の山里でしか体験できない唯一無二の旅を提案する「三河里旅」のローカルツアー。そんな三河里旅より、とよた宿割を利用することで食事や宿泊・休憩が等が半額になる日帰りツアーが登場。2日間限定のお得なツアーをお見逃しなく。

沖縄県

観光

「ウィンドサーフィンデビューステイ」プランが登場【リゾナーレ小浜島】

周囲に高い山や建造物など障害物がない小浜島は、どの方位からも風が吹き、風を操って楽しむウィンドサーフィンの聖地と称されています。
日本最南端の八重山諸島に位置する離島のビーチリゾート「星野リゾート リゾナーレ小浜島」に、2021年12月1日~2022年2月28日の期間、マンタ柄のセイルでウィンドサーフィンに挑戦するプラン「ウィンドサーフィンデビューステイ」が登場します。

沖縄県

伝統

観光

文化

うちなー滞在記vol.11「三山時代にタイムスリップ~護佐丸の築城と松並木~」

沖縄に移り住んで早一年が経とうとしています。一年前に吹いていた風、冬へ向かう空気の冷たさが思い出されます。

「うちなー(沖縄)でやっていけるだろうか」

「うちなーんちゅ(沖縄の人たち)と私は何が違うのだろう」

当初、そんな不安と好奇心とを抱きながら生活していました。しかし、様々な人と接するうち、不安は徐々に解消されていきました。

「うちなーには様々な国籍を持つ人たち、本土(沖縄以外の日本)の人たちが暮らしている」ことは心強さを与えてくれました。

「うちなーには様々な異文化との交流の歴史があった」ことを知れたのも、大きな理由の一つです。

そして、風習や言葉の違いは “違い” として尊重し、残そうとしているうちなー文化に触れているうち、「違うことは当たり前」「違っていて良い」と思えるようになりました。

さて、今回は時をさかのぼること600年。三山時代に築城されたといわれる沖縄本島中部・読谷村(よみたんそん)の世界遺産「座喜味城跡(ざきみじょうあと)」をご紹介します。

ピックアップ

ピックアップ