茨城県国営ひたち海浜公園 – 何百万ものネモフィラに囲まれて –

翻訳者: SAKEmeow

2020.04.13

春は花見の季節です。 品種にはそれぞれ独自の特徴があり、品種ごとにファンもいます。茨城県の国営ひたち海浜公園では、一年を通してさまざまな花景色を楽しむことができます。4月中旬から5月上旬は、ひたち海浜公園みはらしの丘にある約200ヘクタール、530万本のネモフィラの見頃です。ネモフィラは北アメリカに生殖した花、和名では瑠璃唐草(るりからくさ)です。

国営ひたち海濱公園

入場料: 15歳以上410円、65歳以上210円、中小学生80円、6歳以下無料
電話: 029-265-9001
開放時間: 09:30~17:00
駐車場: 有り

>国営ひたち海濱公園 公式サイト

茨城空港からは車で約45分、公園には広い駐車場があります。駐車場に向かう途中、道端には花見のウォーミングアップのように花でいっぱいです。

花を楽しみに来る人も多く、駐車場に入るまでに時間が掛かる場合があります、駐車スペースはたくさんありますのでご安心ください。
公園の入り口でチケットを購入することができます。遊びに来た人たちやペットを連れて来る人でとても賑わっていました。

会場に入ってみると、公園がとても広く、入り口近くにネモフィラの巨大なキャンパスが置かれていて、それを背景に記念写真を撮る人が沢山いました。
私は本物の方が見たかったので、先を急ぎました!

公園はとても広いのですが、ネモフィラのある「みはらしの丘」はみんな目当てにしているので、人の流れに乗れば間違った道を行く心配はありません。

「みはらしの丘」までの道中も様々な草花で飽きることはなく、観光客が休むためのテーブルと椅子もあり、芝生の斜面で遊んでいる子供たちもいます。
そんな景色を見ながら歩いていると、集団の先の方から驚きのような感嘆の声が聞こえてきて、目の前の光景が突然明るくなり、遠くの丘の向こう広がる青い花々が、青い空と混ざり合って、夢のような絵ができていました。

そんな魅惑的な美しい景色を見て、みんな魅了され興奮した人やペットの写真を夢中に撮る人で、カメラのシャッターが鳴り続けていました。

夢のようなネモフィラの海の引き付けるような魅力は、日本人がこれを人生の必見の名所の1つだと考えるのも不思議ではありません。

丘全体が花と人で占められており、遠くからは道が見えないほどです。花の海が人込みによって一枚一枚の花畑に分けられているように見えました。

公園内には自転車専用レーンや自転車乗り場など観光客に便利な施設があり、公園を巡る小さな電車も乗れるので子供たちにも大人気です。

他にも観光客が楽しめるエンターテインメント公演があり、観覧車に乗って高所から花の海の美しい景色を見渡すこともできます。今回は時間が足りなかったので、それはまたの機会に!



ネモフィラの海だけでなく、今回は菜の花の季節でもあったので、菜の花畑が広がっており、竜のような人の列やネモフィラの咲く海が美しい写真を織り成しています。それは驚くべきことであり、写真愛好家にとって珍しい出会いでもあります。

疲れたらピクニックエリアがあり、ショップで必要な食べ物を購入すれば、椅子とテーブルを利用できます。弁当、コーヒー、アイスクリームなどの軽食や飲み物があります。自動販売機完備。

食事をしながら遠くで花の海を楽しむことができ、とても楽しくてのんびりした気分で、快適な一日を過ごせて本当に幸せでした!

最後に、お土産を売る店があり、広くはないものの品物の種類が充実していて、ほとんどが現地でしか買えません。ぜひ行ってみてください!

新着

新着

注目の記事

沖縄県

観光

文化

うちなー滞在記vol.5「琉球時代へタイムスリップ~難攻不落の秘密と祭司ノロ・後編~」

沖縄本島の人たちが「宮古島」の方言を聞いたとき、「何を言っているのかわからない」という話をよく聞きます。

その島その地域で、独自の言葉や風習が残っている。「うちなーぐち(沖縄方言)」とひとくくりには出来ない、そんなところも沖縄の魅力のひとつではないでしょうか。

しかし、このような「多様」な言葉・文化・風習が残っていられるのは何故なんでしょうか?理由は様々ありそうですが、私はうちなーんちゅ(沖縄の人たち)からこんなことを感じることがあります。

・人は人、自分は自分

・自分が大事にしているものがあるように、他の人にも大事にしていることがある

多様な文化との交流によりつちかわれた、うちなーんちゅならではの感性かもしれません。

さて、今回は世界遺産「勝連城(かつれんじょう・かつれんぐすく)跡」の後編です。勝連の繁栄と石階段の秘密、そして沖縄においての「民間信仰」について、勝連城と共に見ていきたいと思います。

島根県

伝統

芸術

文化

<小松美羽さん単独インタビュー> -Part2- アーティスト小松美羽に迫る。新風土記・第二弾の制作。そして創作の原点に在る”祈り”。

島根県

伝統

芸術

観光

文化

<小松美羽さん単独インタビュー> -Part1- 小松美羽さんと巡る出雲の旅

世界を舞台に活躍する現代アーティスト小松美羽さんの単独インタビュー第一弾。
アナザースカイ(日テレ系)が2週連続で5/27(伊勢篇)、6/3(出雲篇)の放映が決定した小松さん。

番組では2014年に”新風土記”を奉納した出雲へ訪れ、「新風土記の第二弾」を制作し番組内で初公開されます。

常に未来へ進み続ける小松美羽さん。そんな彼女に、この度HYAKKEIの単独インタビューに応えて頂く事が出来ました。”光の柱”の出現を体験し作品に大きな影響を与えたという出雲大社との深い関わりや、出雲の地での新作アートの制作、制作の中心にある祈りの原点に迫ります。

インタビューPart1ではアナザースカイでの撮影風景を元に、”小松美羽さんと巡る出雲大社”をお届けします。出雲の地への親愛の念溢れる小松さん。自然体で語っていただきました。

写真:神庭 恵子 / インタビュー・文:菊地 伸(HYAKKEI)


今回のアナザースカイのハイライトは、2014年に新風土記を制作した際と同じ古民家で制作した、初公開となる絵画作品。この作品についてはインタビューPart2で詳しくお伝えします。

< 小松美羽プロフィール >

1984年長野県生まれ。女子美術大学短期大学部在学中に銅版画の制作を開始。近年ではアクリル画、立体作品などに制作領域を拡大し、力強い表現力で神獣をテーマとした作品を発表。

2015年、ロンドンで開催されたチェルシー・フラワーショーへ有田焼の作品を出品し、受賞作が大英博物館へ収蔵されるという快挙を成し遂げる。その後、台湾、香港、日本での個展において動員数、売上とも記録を塗り替える。

HTCとのコラボによるVR作品『INORI~祈祷~』が第76回ヴェネツィア国際映画祭VR部門、イギリスのレインダンス映画祭にノミネートされる。2020年、日本テレビ系「24時間テレビ」のチャリTシャツのデザインを担当など、国内外で大きな注目を集めている。

小松美羽 Miwa Komatsu | オフィシャルサイト

『アナザースカイ』
日本テレビ
5月27日(木) 伊勢編 24:59~25:39
6月3日(木) 出雲編 25:09~25:39

アナザースカイ 番組公式サイト
https://www.ntv.co.jp/anothersky2/

ピックアップ

ピックアップ