<桜百景> 困難を乗り越え咲き誇る、天然記念物「石割桜」/ 盛岡 

2020.04.21

盛岡駅から徒歩20分、盛岡地方裁判所構内に咲く樹齢360年と言われるエドヒガンザクラ。周囲21mの巨大な花崗岩を割り、見事な花を咲かせる生命力。その姿に、困難を乗り越えるたくましさを感じ、励まされる人は少なくないのではないでしょうか。

1923年(大正12年)に国の天然記念物に指定された石割桜。家老の屋敷内にあった岩が落雷をうけてできた割れ目に桜の種が入り、そこから成長したという言い伝えが残っています。

見頃は毎年4月中旬頃から。
世界がコロナを克服した際には、ぜひ訪れたい場所の一つですね!

石割桜 - Photo Gallery -

新着

新着

注目の記事

東京都

芸術

奈良美智・村上隆などラインナップ。大手オークションプラットフォーム・PHILLIPSが好調な2021年春シーズンの活動を報告。

東京都

伝統

芸術

イベント

文化

<小松美羽さん単独インタビュー>新作“NEXT MANDALA〜魂の故郷” に込めた大調和時代へのメッセージとは

昨年25周年を迎えた(株)デジタルガレージは“Whole Earth Catalog”で世界的に知られるStewart Brand(スチュアート・ブランド)氏と“EARTHSHOT”を宣言。〜Whole Earth Catalogから50年、これからの未来・テクノロジーを考える〜をテーマに今年で21回目となるカンファレンス、「THE NEW CONTEXT CONFERENCE」が8月11日に行われ、その様子は日本⇔米国(サンフランシスコ)同時中継にてオンラインで観客に配信された。

イベント当日、現代アーティスト小松美羽さんは高野山別格本山三宝院で制作した”NEXT MANDALA〜魂の故郷”を発表。目入れのライブペイントを行い、”大加速時代から大調和時代へ”とのメッセージを発信し、会場を祈りの空間へと導いた。

ピックアップ

ピックアップ