<桜百景> 困難を乗り越え咲き誇る、天然記念物「石割桜」/ 盛岡 

2020.04.21

盛岡駅から徒歩20分、盛岡地方裁判所構内に咲く樹齢360年と言われるエドヒガンザクラ。周囲21mの巨大な花崗岩を割り、見事な花を咲かせる生命力。その姿に、困難を乗り越えるたくましさを感じ、励まされる人は少なくないのではないでしょうか。

1923年(大正12年)に国の天然記念物に指定された石割桜。家老の屋敷内にあった岩が落雷をうけてできた割れ目に桜の種が入り、そこから成長したという言い伝えが残っています。

見頃は毎年4月中旬頃から。
世界がコロナを克服した際には、ぜひ訪れたい場所の一つですね!

石割桜 - Photo Gallery -

新着

新着

注目の記事

東京都

観光

【星のや東京】江戸時代の芝居茶屋のもてなしを現代に 「新春歌舞伎滞在」開催

東京・大手町の日本旅館「星のや東京」では、2024年1月5日~26日に、1泊2日の滞在プログラム「新春歌舞伎滞在」を今年も開催します。
江戸に暮らす人々にとって新年の楽しみの一つに歌舞伎観賞があり、粋な過ごし方でもありました。その楽しみ方を支えたのが芝居茶屋です。観劇チケットの手配に加え、筋書やお茶、菓子、幕の内弁当、酒肴の提供など、至れり尽くせりのサービスで人々を喜ばせていました(*1)。星のや東京では、当時の芝居茶屋のようなおもてなしで、新年を寿ぐ滞在を提供します。

*1:富澤慶秀・藤田洋監(2012). 『最新歌舞伎大辞典』. 柏書房.

東京都

観光

イベント

【新宿御苑×ネイキッド】NAKED紅葉の新宿御苑2023開催決定

2023年11月22日(水)〜12月3日(日)の期間、新宿御苑にて紅葉のライトアップイベントが開催されます。今春の桜イベントに続き、今秋は紅葉イベントで再び新宿御苑とネイキッドのコラボレーションが決定しました。東京を代表する庭園「新宿御苑」は、数少ない都心の紅葉スポット。全長約200mのプラタナス並木と都心随一のモミジスポット・モミジ山、池への反射が絶景の「中の池」など、新宿御苑の紅葉とネイキッドのアート&食が融合した世界を見ることができます。

ピックアップ

ピックアップ