【よーじや】夏季限定商品「あぶらとり紙 抹茶」が通年販売決定

2024.06.28

2024年7月1日(月)より「あぶらとり紙 抹茶」を京都のよーじや店舗限定で販売開始します。あぶらとり紙の使い心地や皮脂の吸着力は定番のものと変わらず、あぶらとり紙自体に京都を代表する宇治抹茶の茶葉を漉き込みました。

京都でしか手に入らないあぶらとり紙

日常で愛されるブランドを目指して全国各地で手に取っていただく機会を増やしている「よーじや」ですが、京都観光で「よーじや」に足を運んでいただいたお客さまにも何か思い出に残るものが提供できればと思い、京都を連想する抹茶をモチーフにしたあぶらとり紙を京都限定で販売することとなりました。
「あぶらとり紙 抹茶」は、定番のあぶらとり紙の使い心地や皮脂の吸着力はそのままに、京都・宇治抹茶の茶葉を漉き込みました。

【あぶらとり紙 抹茶 (20枚入)】
3冊 1,500円、5冊2,450円、10冊4,800円

【取り扱い店舗】
祇園本店、嵯峨野嵐山店、清水産寧坂店、清水店、金閣寺店、大丸京都店、ジェイアール京都伊勢丹店、京都駅烏丸中央口コーナー&八条口コーナー

新着

新着

注目の記事

長崎県

観光

食べ物

文化

【界 雲仙】長崎の文化と温泉を満喫する「雲仙ひとり温泉満喫プラン」販売開始

界 雲仙では、2024年7月3日より「雲仙ひとり温泉満喫プラン」を販売しています。界 雲仙の館内の設えには、さまざまな人や文化が行き交う中で発展してきた日本と中国、オランダの要素が混ざり合った長崎文化を取り入れています。界 雲仙のある雲仙温泉は個性的で歴史のある共同浴場があり、温泉巡りや伝統工芸に触れることにおすすめのエリアです。ひとり旅で自由気ままに過ごす時間を提案します。

山形県

観光

【山形県飯豊町】春限定の神秘的な光景「白川湖の水没林」 

山形県南部飯豊町(いいでまち)の白川湖で春の2か月間だけ見ることができる神秘的な風景。豪雪地帯である日本百名山の飯豊連峰から、春になると白川湖に大量の雪解け水が流れ込みます。湖が満水を迎えると、シロヤナギの木々があたかも水の中から生えているかのような、幻想的な光景になります。

ピックアップ

ピックアップ