東京都

芸術

フィリップス 11月オークション/草間彌生など著名な女性アーティスト作品が目白押し

2021.11.05

フィリップスは、この11月に女性コンテンポラリーアーティストを代表する、草間彌生の作品と、彼女の渡米を助けたことでも知られ、花の絵画が印象的なジョージア・オキーフの作品が香港・ニューヨークで行われる20世紀 コンテンポラリーアートオークションにて出品されることを発表いたします。

ジョージア・オキーフ
Crab’s Claw Ginger Hawaii 1939年製作
キャンバス地に油絵具 48.3 x 40.6 cm
エスティメイト: 400-600万米ドル

11月18日に行われる、20世紀・コンテンポラリーアート ニューヨークイブニングセールにて登場するアメリカ人アーティスト、ジョージア・オキーフの作品。中でも、ハイライトは「Crab’s Claw Ginger Hawaii」です。この絵画は、ハワイの観光地としても知られる農園を持つ、ドール・パイナップル・カンパニーが40年間所有していましたが、1987年に慈善活動や芸術への貢献で知られるハワイアン5世サーストン・トゥイッグ・スミスの手に渡りました。様々な都市の魅力を彼女らしいタッチで描く作品の中でも、「Crab’s Claw Ginger Hawaii 」はオキーフ の制作したハワイの作品シリーズの中でも超大作であり、この度初めてオークションに出品されます。オキーフの人気はアメリカにとどまらず、2019年ごろからアジアのコレクターに注目を浴びはじめ、ヨーロッパでは、現在パリのポンピドゥセンターで大回顧展が行われるなど世界を股にかけています。また、オキーフ は女性アーティストの作品の中でも最も高額なオークション記録を保持しています。

この作品の最後の所有者サーストン・トゥウィッグ・スミス氏はハワイに入植した宣教師の末裔であり、戦争から帰還したのち、地元の小さな新聞社をハワイの有力紙へと成長させ、州の地域社会への慈善活動に貢献しました。ハワイの芸術振興にも多大なる尽力を注ぎ、ホノルル現代美術館を企業ギャラリーから公共の美術館(現在のホノルル・ミュージアム・オブ・アート・スポルディング・ハウス)へと変身させました。

また、オキーフは草間彌生にも大きな影響を与えています。草間が地元の書店でオキーフの絵を目にし、その圧倒的な美しさに思わず筆をとりオキーフへ手紙を出したところ、当時縁もゆかりもなかった草間に、ぜひアメリカに渡るよう返信をしたのです。オキーフの存在がなければ、草間は世界的なアーティストになっていなかったかもしれません。

サーストン・トゥウィッグ・スミス氏夫妻

オークション詳細情報
20世紀&コンテンポラリーアート ニューヨーク イブニングセール

日時: 11月18日(木) 09:00 – (日本時間)
場所: 432 Park Avenue, New York, NY, United States, 10020

草間彌生
Repetition 1998年制作
裏面にサイン、年代、タイトル「YAYOI KUSAMA 1998 “REPETITION”」
布製の詰め物、木、絵の具など120のパーツからなる
各38×25.6×15cm; 全体で228×512×15cm
草間彌生のスタジオが発行した登録カードが付帯
エスティメイト: 15,000,000 – 20,000,000香港ドル/ 1,920,000 – 2,560,000米ドル

言わずと知れた日本の至宝とも言える現代アーティスト、草間彌生。女性として初めてヴェネチア・ビエンナーレに日本代表として参加(1993年)したことに加え、世界で最も権威のある組織が主催する多くの展覧会で表彰されています。この度、11月30日にポリーインターナショナルオークションとともに行われる香港20世紀・コンテンポラリーアートセールで登場する彼女の作品の中でも特筆すべきは、博物館級の作品の「Repetition」の出品です。

1998年に制作された「Repetition」は、草間氏の作品の中でも大作のひとつ、かつ希少な作品であり、草間の代表的なモチーフが洗練された形で組み合わされています。この作品は、120個の箱で構成され、それぞれの箱の中には、金色と黒の巣から開花した、まるで生き物のような水玉模様の突起物が入っています。柔らかい枕のようなペニスの形は、草間彌生が1962年に手縫いで始めた、遊び心と危険性を併せ持つ「Accumulation」シリーズに由来しています。それは「彼女のセックスに対する感情や嫌悪感を癒すため」に作られたものであるといいます。「Repetition」の蛇のような管には、おなじみの反復モチーフが残っていますが、初期の構成とは対照的に、蛇のような筒状の形のおなじみの繰り返しパターンは、「Repetition」ではもはや怒りを意味するものではなく、むしろ豊かな成長を意味するものとなっています。

「Repetition」は、草間氏の象徴的な立体作品を木箱に収めた小さなシリーズから始まっており、超大作では、100個以上の立体作品が製作され、ひとつひとつに署名がついています。富山県立近代美術館、新潟市美術館、松本市美術館などの永久展示作品に匹敵するほどの歴史的重要性と価値があります。セカンダリーマーケットに登場したばかりの「Repetition」は、制作された年にニューヨークのロバート・ミラー・ギャラリーで初公開された後、2003年にはマイアミのバス美術館、2018年にはマイアミのムーア・ビルディングで展示された作品です。

草間彌生
INFINITY-NETS (OPRT) 2004年制作
キャンバスにアクリル絵具 193.3 x 193 cm
エスティメイト: 15,000,000 – 25,000,000香港ドル/ 1,920,000 – 3,210,000米ドル

草間彌生の代表的な作品である「Infinity Nets」シリーズの一つであるこの大きなキャンバスは、見る者をそのループ状のうねりの中に引き込んでいきます。描かれた絵の具の輪は、前後の絵の具の輪とは微妙に異なり、空間の中を無限にループしています。彼女の作品には、連続したすべてを包み込む網というモチーフが頻繁に登場し、無限の宇宙が描かれています。草間は長きにわたりトラウマに苦しみました。それが彼女の世界観を形成し、ひいては彼女が生み出すアートにも影響を与えています。鑑賞者は、無限の広がりと閉塞感を同時に感じ、私たちを取り囲むように繰り返される筆の動きに魅了され、その網から逃れることはできません。

草間彌生
SUMMER-STARS (QPTW) 2007年制作
キャンバスにアクリル絵具 194 x 194 cm
エスティメイト:5,000,000 – 7,000,000香港ドル/641,000 – 897,000米ドル

草間のキャリアの中で最も根強いモチーフである水玉をフィーチャーしたこの作品は、草間の花やカボチャの彫刻のようなエネルギーを感じさせます。血の海から現れたこの球体は、永久に増殖し続ける病原性の微生物を漠然と連想させ、重力と軌道によって接線した天体のようにも見えます。創造と衰退の中で伸縮するドットは、草間芸術の根幹を端的に表しています。

オークション詳細情報
香港 20世紀&コンテンポラリーアートオークション

日時: デイセールは11月29日(月)
イブニングセールは11月30日(火)
場所: The JW Marriott Hotel, Hong Kong

PHILLIPSについて
フィリップスは、20世紀および21世紀のアートとデザインを売買する世界的なプラットフォームを提供してしており、20世紀およびコンテンポラリーアート、デザイン、写真、版、時計、ジュエリーの7分野に特化しています。お客様には収集に関してプロフェッショナルな観点からあらゆるアドバイスをいたします。ニューヨーク、ロンドン、ジュネーブ、香港のサロンでオークションや展示会を開催しているほか、それ以外の地域のお客様には、ヨーロッパ、アメリカ、アジアの各地域にあるオフィスを通じてサービスを提供しています。また、フィリップスは、世界のどこからでもアクセスできるオンライン・オークション・プラットフォームをご用意しています。さらに、オークションを通した売買の機会を提供するだけではなく、個人売買の仲介や、鑑定、評価などのサービスを行っております。

*エスティメイトにはバイヤーズプレミアムが含まれていませんが、販売価格にはハンマープライスとバイヤーズプレミアムが含まれます。

東京 – 本井 眞奈 (コミュニオン株式会社)
mail:m.motoi@communion.co.jp
TEL:03-5468-5278

フィリップス東京オフィス
〒106-0032
東京都港区六本木 6-6-9 ピラミデビル 4F
TEL:03-6273-4818

服部 今日子 (フィリップス日本代表)
mail:khattori@phillips.com
松本 麻生
mail:mmatsumoto@phillips.com

PHILLIPS NEW YORK:450 Park Avenue, New York, NY 10022
PHILLIPS LONDON:30 Berkeley Square, London, W1J 6EX
PHILLIPS HONG KONG:14/F St. George’s Building, 2 Ice House Street, Central Hong Kong
PHILLIPS GENEVA:Rue de la Confédération, 7 Geneva 1204

>公式サイト
>Twitter
>Instagram
>Facebook
>Linkedln
>Weibo

あなたにオススメ

新着

新着

注目の記事

愛知県

観光

ディープなローカルツアー “「三河里旅」×「とよた宿割」”で お得にマイカーで巡る御朱印旅

地域で暮らし地域を深く知るガイドが三河の山里でしか体験できない唯一無二の旅を提案する「三河里旅」のローカルツアー。そんな三河里旅より、とよた宿割を利用することで食事や宿泊・休憩が等が半額になる日帰りツアーが登場。2日間限定のお得なツアーをお見逃しなく。

沖縄県

観光

「ウィンドサーフィンデビューステイ」プランが登場【リゾナーレ小浜島】

周囲に高い山や建造物など障害物がない小浜島は、どの方位からも風が吹き、風を操って楽しむウィンドサーフィンの聖地と称されています。
日本最南端の八重山諸島に位置する離島のビーチリゾート「星野リゾート リゾナーレ小浜島」に、2021年12月1日~2022年2月28日の期間、マンタ柄のセイルでウィンドサーフィンに挑戦するプラン「ウィンドサーフィンデビューステイ」が登場します。

沖縄県

伝統

観光

文化

うちなー滞在記vol.11「三山時代にタイムスリップ~護佐丸の築城と松並木~」

沖縄に移り住んで早一年が経とうとしています。一年前に吹いていた風、冬へ向かう空気の冷たさが思い出されます。

「うちなー(沖縄)でやっていけるだろうか」

「うちなーんちゅ(沖縄の人たち)と私は何が違うのだろう」

当初、そんな不安と好奇心とを抱きながら生活していました。しかし、様々な人と接するうち、不安は徐々に解消されていきました。

「うちなーには様々な国籍を持つ人たち、本土(沖縄以外の日本)の人たちが暮らしている」ことは心強さを与えてくれました。

「うちなーには様々な異文化との交流の歴史があった」ことを知れたのも、大きな理由の一つです。

そして、風習や言葉の違いは “違い” として尊重し、残そうとしているうちなー文化に触れているうち、「違うことは当たり前」「違っていて良い」と思えるようになりました。

さて、今回は時をさかのぼること600年。三山時代に築城されたといわれる沖縄本島中部・読谷村(よみたんそん)の世界遺産「座喜味城跡(ざきみじょうあと)」をご紹介します。

ピックアップ

ピックアップ