家でも観光気分が楽しめる、ヴァーチャルVRお花見

2020.05.01

株式会社ネイキッドは、体感型イマーシブアート展『FLOWERS BY NAKED 2020 -桜- 世界遺産・二条城』を、自宅にいながら楽しめるVRお花見として、2020年4月20日(月)より、オンライン販売いたします。
本VR企画は、世界遺産・二条城を運営する京都市、360度カメラ「RICOH THETA(シータ)」を販売する株式会社リコー様、スマホ向け紙製VRゴーグル「Auggle S2」を製造する大村印刷株式会社様のご協力により、実現しております。

本物の桜、世界遺産・重要文化財の建造物、ネイキッドのアートがVRに

京都市の要請を受け、COVID-19をはじめとする感染症予防、屋外回遊型の展示内容に変更をすることで、『FLOWERS BY NAKED 2020 −桜− 世界遺産・二条城』を、2020年3月20日(金)から開催をしておりました。しかし、国からの外出自粛要請により、主催者判断で、3月28日(土)の桜の満開前に中止いたしました。

そこで、満開の桜とネイキッドのアートで彩られた世界遺産である二条城のVRコンテンツを企画。弊社の呼びかけにご賛同いただいたリコー様、大村印刷様のご協力により、実現しました。360度カメラ「RICOH THETA」で撮影した本展を、スマホ向け紙製VRゴーグル「Auggle S2」で楽しんでいただくコンテンツとなっております。
依然として続いている外出自粛のおうち時間に、ヴァーチャルでお花見気分を楽しんでいただけます。

【商品概要】

商品名: 【NAKED, INC. VR】FLOWERS BY NAKED 2020 -桜- 世界遺産・二条城
発売開始日 : 2020年4月20日(月)(なくなり次第販売終了)
価 格 : 580円(税込)  ※別途送料
販売サイト: >NAKED, INC.Online Shop
製造元: 株式会社ネイキッド
販売元: 株式会社ネイキッド
協 力: 京都市、株式会社リコー、大村印刷株式会社

「FLOWERS BY NAKED 2020 -桜- 世界遺産・二条城」について

『FLOWERS BY NAKED』は、東京駅プロジェクションマッピング「TOKYO HIKARI VISON」、大阪・泉の広場の新モニュメント「Water Tree」などを手掛けるクリエイティブカンパニー ネイキッドが企画・演出・制作し、これまで、東京、香港などで通算60万人以上を動員した、五感で楽しむ花の体感型イマーシブアート展。

本展ハッシュタグ「#flowersbynaked」はInstagramでの投稿数が約8万件を記録。
世界遺産・二条城では2018年、2019年と秋の紅葉シーズンで開催しており、春に本展を京都で開催するのは初となった。唐門など重要文化財でもある建造物、そして二条城に咲き誇る50種類もの「夜桜」とコラボレーションし、”桜”をテーマに新しいお花見体験を創出した。

ABOUT 株式会社ネイキッド

1997年、村松亮太郎がディレクターやデザイナー、ライターとともに設立したクリエイティブカンパニー。“Core Creative” “Total Creation” “Borderless Creativity”を理念に、映画やTV、MV、広告、空間演出、地方創生、教育プログラムなどジャンルを超えた活動を手がける。近年では3Dプロジェクションマッピングを用いたショーや「FLOWERS BY NAKED」「TOKYO ART CITY BY NAKED」に代表されるテクノロジーとリアルを融合したイマーシブ(没入型)イベントを数多く展開。総合プロデュースを手がけている食×アートの体験型レストラン「TREE by NAKED yoyogi park」も2017年東京にオープン。カルチャー、アート、エンターテインメント、伝統、教育、音楽、都市、食、スポーツなど、LIFE(生活)のあらゆる分野において心揺さぶるSCENE、新たな体験や価値を生み出している。

また近年の代表作として、体感型イベント「OCEAN BY NAKED」、大阪・泉の広場 新モニュメント「Water Tree」、東京タワー、マクセル アクアパーク品川の季節演出など。

>NAKED, INC.
>NAKED, INC. Official Twitter
>NAKED, INC. Official Instagram

新着

新着

注目の記事

東京都

芸術

奈良美智・村上隆などラインナップ。大手オークションプラットフォーム・PHILLIPSが好調な2021年春シーズンの活動を報告。

東京都

伝統

芸術

イベント

文化

<小松美羽さん単独インタビュー>新作“NEXT MANDALA〜魂の故郷” に込めた大調和時代へのメッセージとは

昨年25周年を迎えた(株)デジタルガレージは“Whole Earth Catalog”で世界的に知られるStewart Brand(スチュアート・ブランド)氏と“EARTHSHOT”を宣言。〜Whole Earth Catalogから50年、これからの未来・テクノロジーを考える〜をテーマに今年で21回目となるカンファレンス、「THE NEW CONTEXT CONFERENCE」が8月11日に行われ、その様子は日本⇔米国(サンフランシスコ)同時中継にてオンラインで観客に配信された。

イベント当日、現代アーティスト小松美羽さんは高野山別格本山三宝院で制作した”NEXT MANDALA〜魂の故郷”を発表。目入れのライブペイントを行い、”大加速時代から大調和時代へ”とのメッセージを発信し、会場を祈りの空間へと導いた。

ピックアップ

ピックアップ