家でも観光気分が楽しめる、ヴァーチャルVRお花見

2020.05.01

株式会社ネイキッドは、体感型イマーシブアート展『FLOWERS BY NAKED 2020 -桜- 世界遺産・二条城』を、自宅にいながら楽しめるVRお花見として、2020年4月20日(月)より、オンライン販売いたします。
本VR企画は、世界遺産・二条城を運営する京都市、360度カメラ「RICOH THETA(シータ)」を販売する株式会社リコー様、スマホ向け紙製VRゴーグル「Auggle S2」を製造する大村印刷株式会社様のご協力により、実現しております。

本物の桜、世界遺産・重要文化財の建造物、ネイキッドのアートがVRに

京都市の要請を受け、COVID-19をはじめとする感染症予防、屋外回遊型の展示内容に変更をすることで、『FLOWERS BY NAKED 2020 −桜− 世界遺産・二条城』を、2020年3月20日(金)から開催をしておりました。しかし、国からの外出自粛要請により、主催者判断で、3月28日(土)の桜の満開前に中止いたしました。

そこで、満開の桜とネイキッドのアートで彩られた世界遺産である二条城のVRコンテンツを企画。弊社の呼びかけにご賛同いただいたリコー様、大村印刷様のご協力により、実現しました。360度カメラ「RICOH THETA」で撮影した本展を、スマホ向け紙製VRゴーグル「Auggle S2」で楽しんでいただくコンテンツとなっております。
依然として続いている外出自粛のおうち時間に、ヴァーチャルでお花見気分を楽しんでいただけます。

【商品概要】

商品名: 【NAKED, INC. VR】FLOWERS BY NAKED 2020 -桜- 世界遺産・二条城
発売開始日 : 2020年4月20日(月)(なくなり次第販売終了)
価 格 : 580円(税込)  ※別途送料
販売サイト: >NAKED, INC.Online Shop
製造元: 株式会社ネイキッド
販売元: 株式会社ネイキッド
協 力: 京都市、株式会社リコー、大村印刷株式会社

「FLOWERS BY NAKED 2020 -桜- 世界遺産・二条城」について

『FLOWERS BY NAKED』は、東京駅プロジェクションマッピング「TOKYO HIKARI VISON」、大阪・泉の広場の新モニュメント「Water Tree」などを手掛けるクリエイティブカンパニー ネイキッドが企画・演出・制作し、これまで、東京、香港などで通算60万人以上を動員した、五感で楽しむ花の体感型イマーシブアート展。

本展ハッシュタグ「#flowersbynaked」はInstagramでの投稿数が約8万件を記録。
世界遺産・二条城では2018年、2019年と秋の紅葉シーズンで開催しており、春に本展を京都で開催するのは初となった。唐門など重要文化財でもある建造物、そして二条城に咲き誇る50種類もの「夜桜」とコラボレーションし、”桜”をテーマに新しいお花見体験を創出した。

ABOUT 株式会社ネイキッド

1997年、村松亮太郎がディレクターやデザイナー、ライターとともに設立したクリエイティブカンパニー。“Core Creative” “Total Creation” “Borderless Creativity”を理念に、映画やTV、MV、広告、空間演出、地方創生、教育プログラムなどジャンルを超えた活動を手がける。近年では3Dプロジェクションマッピングを用いたショーや「FLOWERS BY NAKED」「TOKYO ART CITY BY NAKED」に代表されるテクノロジーとリアルを融合したイマーシブ(没入型)イベントを数多く展開。総合プロデュースを手がけている食×アートの体験型レストラン「TREE by NAKED yoyogi park」も2017年東京にオープン。カルチャー、アート、エンターテインメント、伝統、教育、音楽、都市、食、スポーツなど、LIFE(生活)のあらゆる分野において心揺さぶるSCENE、新たな体験や価値を生み出している。

また近年の代表作として、体感型イベント「OCEAN BY NAKED」、大阪・泉の広場 新モニュメント「Water Tree」、東京タワー、マクセル アクアパーク品川の季節演出など。

>NAKED, INC.
>NAKED, INC. Official Twitter
>NAKED, INC. Official Instagram

新着

新着

注目の記事

沖縄県

観光

文化

うちなー滞在記vol.5「琉球時代へタイムスリップ~難攻不落の秘密と祭司ノロ・後編~」

沖縄本島の人たちが「宮古島」の方言を聞いたとき、「何を言っているのかわからない」という話をよく聞きます。

その島その地域で、独自の言葉や風習が残っている。「うちなーぐち(沖縄方言)」とひとくくりには出来ない、そんなところも沖縄の魅力のひとつではないでしょうか。

しかし、このような「多様」な言葉・文化・風習が残っていられるのは何故なんでしょうか?理由は様々ありそうですが、私はうちなーんちゅ(沖縄の人たち)からこんなことを感じることがあります。

・人は人、自分は自分

・自分が大事にしているものがあるように、他の人にも大事にしていることがある

多様な文化との交流によりつちかわれた、うちなーんちゅならではの感性かもしれません。

さて、今回は世界遺産「勝連城(かつれんじょう・かつれんぐすく)跡」の後編です。勝連の繁栄と石階段の秘密、そして沖縄においての「民間信仰」について、勝連城と共に見ていきたいと思います。

島根県

伝統

芸術

文化

<小松美羽さん単独インタビュー> -Part2- アーティスト小松美羽に迫る。新風土記・第二弾の制作。そして創作の原点に在る”祈り”。

島根県

伝統

芸術

観光

文化

<小松美羽さん単独インタビュー> -Part1- 小松美羽さんと巡る出雲の旅

世界を舞台に活躍する現代アーティスト小松美羽さんの単独インタビュー第一弾。
アナザースカイ(日テレ系)が2週連続で5/27(伊勢篇)、6/3(出雲篇)の放映が決定した小松さん。

番組では2014年に”新風土記”を奉納した出雲へ訪れ、「新風土記の第二弾」を制作し番組内で初公開されます。

常に未来へ進み続ける小松美羽さん。そんな彼女に、この度HYAKKEIの単独インタビューに応えて頂く事が出来ました。”光の柱”の出現を体験し作品に大きな影響を与えたという出雲大社との深い関わりや、出雲の地での新作アートの制作、制作の中心にある祈りの原点に迫ります。

インタビューPart1ではアナザースカイでの撮影風景を元に、”小松美羽さんと巡る出雲大社”をお届けします。出雲の地への親愛の念溢れる小松さん。自然体で語っていただきました。

写真:神庭 恵子 / インタビュー・文:菊地 伸(HYAKKEI)


今回のアナザースカイのハイライトは、2014年に新風土記を制作した際と同じ古民家で制作した、初公開となる絵画作品。この作品についてはインタビューPart2で詳しくお伝えします。

< 小松美羽プロフィール >

1984年長野県生まれ。女子美術大学短期大学部在学中に銅版画の制作を開始。近年ではアクリル画、立体作品などに制作領域を拡大し、力強い表現力で神獣をテーマとした作品を発表。

2015年、ロンドンで開催されたチェルシー・フラワーショーへ有田焼の作品を出品し、受賞作が大英博物館へ収蔵されるという快挙を成し遂げる。その後、台湾、香港、日本での個展において動員数、売上とも記録を塗り替える。

HTCとのコラボによるVR作品『INORI~祈祷~』が第76回ヴェネツィア国際映画祭VR部門、イギリスのレインダンス映画祭にノミネートされる。2020年、日本テレビ系「24時間テレビ」のチャリTシャツのデザインを担当など、国内外で大きな注目を集めている。

小松美羽 Miwa Komatsu | オフィシャルサイト

『アナザースカイ』
日本テレビ
5月27日(木) 伊勢編 24:59~25:39
6月3日(木) 出雲編 25:09~25:39

アナザースカイ 番組公式サイト
https://www.ntv.co.jp/anothersky2/

ピックアップ

ピックアップ