【東海道五十三次ふらっと-flat-完歩】 Vol.36 岡崎宿~池鯉鮒宿 岡崎城『グレート家康公「葵」武将隊』

『東海道五十三次ふらっと-flat-完歩』とは…
ふとしたきっかけで東海道を歩き、その魅力に目覚めた筆者が、旧東海道に沿って、五十三次、約500㎞をテキトーに歩き、永い歳月をかけてついに完歩してしまった感動巨編!(ただし全米は泣かない)。

時間がある時にぶらっと出かけて、気の向くままに歩くシステム。よって歩く順番もランダム。名所旧跡を語るより、街道沿いの人々や風俗(変な意味ではない・・・と思う)、B級スポットなどを、ときどき妄想も入れつつ紹介し、いつか現代の十返舎一九と呼ばれたい。

今回は岡崎に泊まって、前後の東海道を歩いた時の話。まずは岡崎から西に向かって池鯉鮒(ちりゅう)宿に行き、翌日は岡崎から東の豊橋方面に向かうという変則的な日程でした。この日の主役は岡崎城の「GREAT YEAH康!」だったかな。

岡崎城の『グレート家康公「葵」武将隊』

岡崎に2泊して、三河地域の旧東海道を、あらかた歩いてしまおう、と考えた2016年の冬休み。岡崎の中心、東岡崎の駅についてまずはホテルに荷物を預けよう、と駅前の地下道を渡ると、なんだかJAZZYな感じの音楽が。なんと岡崎はJAZZの街なんだそうです。

で、調べてみると、岡崎が舞台となった2006年のNHK連続テレビ小説「純情きらり」で、ジャズピアニストを夢見る桜子がヒロインとして描かれたことから、有志を中心に、市民が主体となって岡崎をJAZZの街として盛り上げていって、今は岡崎ジャズストリートという大きなイベントも行われているそうです。なるほどー。

岡崎の中心を流れる乙川の橋の上から、ビルの向こうに岡崎のシンボル、岡崎城が見えます。

岡崎宿の旧東海道は、城下町特有の複雑に入り組んで敷かれた道を通るため、「岡崎城下二十七曲り」と呼ばれて非常にわかりにくい、と言われています。

ですが、実際は曲がり角ごとに看板が立っているので、左へ右へと慌ただしい感じはしますが、迷うほどではありません。

まずは岡崎に来たら岡崎城に寄らないと、と思っていたら、その手前にこんな建物がありました。

「三河武士のやかた 家康館」。僕は関ケ原では西軍派なので、家康公はあまり好きではなかったのですが、まあ岡崎に来たからには仕方ないですね。

おっ、写真撮ってたら出入り口からふつーに武将が出てきたぞ。。。

そうです。ここにも最近はやりの「おもてなし武将隊」的なおにーさんとおねーさんがいるのです。名付けて『グレート家康公「葵」武将隊』。

え、自分でグレートとか言っちゃっていいのか、家康公?グレートかどうかは周りが決めるのであって、自分で言っちゃうと価値が下がっちゃうんじゃないか?

でもまあ、グレートな割にはとても敷居が低い武将たちで、こんにちはーとか、あけましておめでとうございますーとか爽やかに挨拶しながらお客さんとすれ違ったりしてます。武士語じゃなくていーのか、グレート?

まあ、彼らのメインステージは土休日に行われる「グレート演武」と呼ばれるショーなので、そこでは武士語で口上が行われるのでしょう。それよりも僕が気になったのは、そのショーの中に「堪忍タイム」というなんでも相談の時間があり、なんと家康公自らが庶民の悩みに応えて堪忍の心を説いてくれる、という部分。

「当方、東京の40代の既婚者です。僕にもう一度モテ期が来るにはどうしたらいいと思いますか?」という積年の課題をぜひ聞いてみたかったのですが、今回はショーの時間に合わず残念ながら叶いませんでした。

写真を撮っている観光客がいると自ら声をかけて一緒に記念撮影をしてくれる、というなかなかおもてなしの心あふれる武将たちなのですが、記念撮影の時の掛け声が、

「GREAT YEAH康!」(YEAHの時に一斉に親指を突き出す・・・写真見本)

というのもまた素敵です。なんだか家康のことがちょっとだけ好きになってきちゃいました。。。

岡崎城から八丁味噌通りへ

さて、名残惜しくもすぐ先の岡崎城に向かいます。するとなんだかすごい人の列ができてますね。

なるほど、初詣ですね。

ここは岡崎城と同じ敷地にある、龍城神社(たつきじんじゃ)で、家康公を祭神としている由緒正しい神社なのだそうです。岡崎市民としては、そりゃー並んででもお参りしたくなりますわな。

この岡崎城、かつては家康の祖先である松平氏の居城であり、家康が生まれたのもこの岡崎城だったそうで、館内は松平氏の歴史や関ヶ原の戦いなどの映像やジオラマが展示されていました。

さすがグレートゆかりのお城、カッコいいですな。
 

歌川広重 東海道五十三次 岡崎 矢矧之橋 │ 徳川期最長の橋と言われる矢作橋をゆく大名行列。その先には岡崎城の姿が。家康生誕の地である岡崎城は、代々譜代大名が城主をつとめました。

 
岡崎城を出て旧東海道をテクテク歩いていると「八丁蔵通り」の看板があり、旧東海道沿いに岡崎の名産、八丁味噌の蔵元が並ぶ通りがありました。

このあたりの町並みが岡崎城下二十七曲りでは一番風情がありますね。

岡崎を描いたNHKの朝ドラ「純情きらり」でも、ヒロインの祖父が八丁味噌蔵元の職人頭だったり、結婚相手が八丁味噌蔵元の出身だったりして、このあたりもロケ地として数多く登場したようです。スミマセン、このドラマ見てませんので伝聞ですが。

さて旧東海道は、岡崎城下を過ぎてしまうと比較的単調な道のりとなり、途中の見どころは松並木くらい。

特に池鯉鮒(知立)の宿場に入る手前の「知立の松並木」は約500mにわたって街道の両側に立派な松並木が続いていて、なかなかのものでした。

松並木が終わり、国道1号線を渡ると池鯉鮒(ちりゅう)の街なかに入り、1年前にすでに先に歩いていた地点まで到着したため、この日の行程はここで終了としました。

今日の結果:岡崎宿~池鯉鮒宿 15kmを制覇!

<2016年1月訪問> 記事の情報は訪問当時のものです。最近の情報は公式サイト等でご確認ください。

Vol.37へ続く
< 【東海道五十三次ふらっと-flat-完歩】Vol.35 豊川稲荷~吉田宿 豊川稲荷の恋みくじとかリンダのティッシュとか

新着

新着

注目の記事

沖縄県

観光

文化

うちなー滞在記vol.5「琉球時代へタイムスリップ~難攻不落の秘密と祭司ノロ・後編~」

沖縄本島の人たちが「宮古島」の方言を聞いたとき、「何を言っているのかわからない」という話をよく聞きます。

その島その地域で、独自の言葉や風習が残っている。「うちなーぐち(沖縄方言)」とひとくくりには出来ない、そんなところも沖縄の魅力のひとつではないでしょうか。

しかし、このような「多様」な言葉・文化・風習が残っていられるのは何故なんでしょうか?理由は様々ありそうですが、私はうちなーんちゅ(沖縄の人たち)からこんなことを感じることがあります。

・人は人、自分は自分

・自分が大事にしているものがあるように、他の人にも大事にしていることがある

多様な文化との交流によりつちかわれた、うちなーんちゅならではの感性かもしれません。

さて、今回は世界遺産「勝連城(かつれんじょう・かつれんぐすく)跡」の後編です。勝連の繁栄と石階段の秘密、そして沖縄においての「民間信仰」について、勝連城と共に見ていきたいと思います。

島根県

伝統

芸術

文化

<小松美羽さん単独インタビュー> -Part2- アーティスト小松美羽に迫る。新風土記・第二弾の制作。そして創作の原点に在る”祈り”。

島根県

伝統

芸術

観光

文化

<小松美羽さん単独インタビュー> -Part1- 小松美羽さんと巡る出雲の旅

世界を舞台に活躍する現代アーティスト小松美羽さんの単独インタビュー第一弾。
アナザースカイ(日テレ系)が2週連続で5/27(伊勢篇)、6/3(出雲篇)の放映が決定した小松さん。

番組では2014年に”新風土記”を奉納した出雲へ訪れ、「新風土記の第二弾」を制作し番組内で初公開されます。

常に未来へ進み続ける小松美羽さん。そんな彼女に、この度HYAKKEIの単独インタビューに応えて頂く事が出来ました。”光の柱”の出現を体験し作品に大きな影響を与えたという出雲大社との深い関わりや、出雲の地での新作アートの制作、制作の中心にある祈りの原点に迫ります。

インタビューPart1ではアナザースカイでの撮影風景を元に、”小松美羽さんと巡る出雲大社”をお届けします。出雲の地への親愛の念溢れる小松さん。自然体で語っていただきました。

写真:神庭 恵子 / インタビュー・文:菊地 伸(HYAKKEI)


今回のアナザースカイのハイライトは、2014年に新風土記を制作した際と同じ古民家で制作した、初公開となる絵画作品。この作品についてはインタビューPart2で詳しくお伝えします。

< 小松美羽プロフィール >

1984年長野県生まれ。女子美術大学短期大学部在学中に銅版画の制作を開始。近年ではアクリル画、立体作品などに制作領域を拡大し、力強い表現力で神獣をテーマとした作品を発表。

2015年、ロンドンで開催されたチェルシー・フラワーショーへ有田焼の作品を出品し、受賞作が大英博物館へ収蔵されるという快挙を成し遂げる。その後、台湾、香港、日本での個展において動員数、売上とも記録を塗り替える。

HTCとのコラボによるVR作品『INORI~祈祷~』が第76回ヴェネツィア国際映画祭VR部門、イギリスのレインダンス映画祭にノミネートされる。2020年、日本テレビ系「24時間テレビ」のチャリTシャツのデザインを担当など、国内外で大きな注目を集めている。

小松美羽 Miwa Komatsu | オフィシャルサイト

『アナザースカイ』
日本テレビ
5月27日(木) 伊勢編 24:59~25:39
6月3日(木) 出雲編 25:09~25:39

アナザースカイ 番組公式サイト
https://www.ntv.co.jp/anothersky2/

ピックアップ

ピックアップ