日本の風呂文化がテーマ【季楽 京都 銭屋町(きらく きょうと ぜにやちょう)】オープン

2020.04.10

「日本の風呂文化」をコンセプトに、京町家や武家屋敷等の歴史的建造物を改修した宿を運営するNazunaと、空間プロデュース国内最大手の株式会社乃村工藝社による共同プロジェクトとして完成しました。
玄関を開けると目の前に広がるのは内湯と外湯を備えた銭湯のような空間。
町家ならではの伝統的な建築と現代的なインテリアが調和した内湯、坪庭を眺められる外湯の両方をお好きな時間に心ゆくまでご堪能ください。

【藍(あい)】と【朱(しゅ)】 棟ごとに異なる入浴体験を

銭湯の暖簾より着想を得た【藍】と【朱】の空間

日本の風呂処には、男女それぞれの入口を示すため藍 (男性)と朱(女性)の暖簾が掛けらています。
季楽(きらく)は隣接する2棟の一棟貸し宿で構成されておりますが、この暖簾の色から着想を得て各棟を『藍(あい)』『朱(しゅ)』と名付けました。
鮮やかな日本の伝統色を随所に取り入れたユニークな設えが、伝統建築の趣きの残る空間を彩ります。
改修時に出た廃材を再利用した装飾や、実際に銭湯で使われていたタイル絵の一部を使ったアートワークなど、各棟に散りばめられた【藍】と【朱】を探して頂くのも当宿の楽しみの一つです。

銭湯のタイル絵の一部を使った壁面アート
【朱(しゅ)】2階ラウンジ

京都で銭湯に泊まる!?

銭湯が娯楽・社交の場となった江戸時代、銭湯の2階には休憩室が設けられ、入浴後は茶や菓子と共に将棋や囲碁などを楽しんだそうです。
季楽は江戸時代の良き文化を再現し、1階には浴室を、2階にはゆったりとしたソファを備えたラウンジと長期滞在にも便利なキッチンを設置。
冷蔵庫内に無料ドリンクを完備。入浴後は冷えたビールやソフトドリンクと共にお寛ぎください。

また、入浴をより一層楽しんでいただくため、日本各地の有名温泉の入浴剤を豊富にご用意しており、バスアメニティには真珠のMIKIMOTOの「ミキモトコスメティックス」を採用いたしました。
浴室内にも無料ドリンク付きの冷蔵庫を設けてございますので、坪庭で涼んでいただくのもお勧めです。

バスアメニティ『ミキモトコスメティクス』
種類豊富な入浴剤

「季楽 京都 銭屋町」でのユニークな宿泊体験により、皆様の京都でのご滞在がより一層特別なものとなりますようスタッフ一同心より願ってます。

「季楽 京都 銭屋町」

アクセス: 地下鉄烏丸線「五条駅」8番出口より徒歩2分
所在地: 京都市下京区銭屋町258
階数: 地上2階建て
ベッド: 藍/キングベッドx1 布団x3
朱/シングルベッド×2 布団×3
館内設備: 寝室 / 和室 / リビング / 内風呂 / 露天風呂付き庭 無料Wi-Fi完備
問い合わせ: 電話番号 075-253-6876
Email: nazuna@nazuna.co

オンライン予約リンク
>季楽 京都 銭屋町『藍』
>季楽 京都 銭屋町『朱』

新着

新着

注目の記事

北海道

イベント

好評につき今年も開催 湯元啄木亭の「キャンドルナイト」

函館の温泉旅館「湯元啄木亭(ゆもとたくぼくてい)」では函館ゆかりの松岡庭園をそのまま保存した銘庭があり、敷地は約1200坪。この啄木亭の庭園は秋が一番の見頃となっております。
そんな秋の庭園を彩るべく、地元函館のキャンドル作家「710candle(ナナイチマルキャンドル)」の監修の元、タイアップ企画が実現しました。

東京都

芸術

奈良美智・村上隆などラインナップ。大手オークションプラットフォーム・PHILLIPSが好調な2021年春シーズンの活動を報告。

東京都

伝統

芸術

イベント

文化

<小松美羽さん単独インタビュー>新作“NEXT MANDALA〜魂の故郷” に込めた大調和時代へのメッセージとは

昨年25周年を迎えた(株)デジタルガレージは“Whole Earth Catalog”で世界的に知られるStewart Brand(スチュアート・ブランド)氏と“EARTHSHOT”を宣言。〜Whole Earth Catalogから50年、これからの未来・テクノロジーを考える〜をテーマに今年で21回目となるカンファレンス、「THE NEW CONTEXT CONFERENCE」が8月11日に行われ、その様子は日本⇔米国(サンフランシスコ)同時中継にてオンラインで観客に配信された。

イベント当日、現代アーティスト小松美羽さんは高野山別格本山三宝院で制作した”NEXT MANDALA〜魂の故郷”を発表。目入れのライブペイントを行い、”大加速時代から大調和時代へ”とのメッセージを発信し、会場を祈りの空間へと導いた。

ピックアップ

ピックアップ