九州から世界に向けて“今年の桜”を発信!九州の有志企業による「いまできることプロジェクト」スタート!

2020.04.03

新型コロナウイルスの影響で不要不急の外出を控える動きが定着、様々なイベントの中止など、やむを得ない状況は、多くの人々から元気も奪っている状況が続いております。
また、日本における春の風物詩である「桜のお花見」も自治体の要請等で自粛せざるを得ない状況です。そんな閉塞感のある状況を前向きに九州から変えていきたいと九州の企業の賛同で「#いまできることプロジェクト」をスタートすることにしました。

■ 展開内容

①「西日本新聞 朝刊 30段 見開き」にて満開のサクラ新聞を発行(3月27日)
② 九州各地の桜を発信する特設サイトを開設(3月27日)
今年の桜を撮影したスペシャルムービー『Kyushu Sakura Movie』は、4月9日公開。
音楽は、3組のアーティストによる春メドレー(スキマスイッチ、秦基博、GReeeeN)
>「いまできることプロジェクト」特設サイト

■ プロジェクトの思い
元気に咲き誇る満開の桜を見て、ほんのすこしでも前向きな気持ちになってくれたらうれしいです。まだまだ不安な日々が続きますが、どうか、みんなで、いまできることを楽しみましょう。

■ 参加アクション
いまできることプロジェクト いまできることを楽しもう。ニッポンの桜を、みんなのチカラに。
『#世界に春を』をつけて、“今年の桜”をInstagramに投稿しよう。

新着

新着

注目の記事

東京都

芸術

奈良美智・村上隆などラインナップ。大手オークションプラットフォーム・PHILLIPSが好調な2021年春シーズンの活動を報告。

東京都

伝統

芸術

イベント

文化

<小松美羽さん単独インタビュー>新作“NEXT MANDALA〜魂の故郷” に込めた大調和時代へのメッセージとは

昨年25周年を迎えた(株)デジタルガレージは“Whole Earth Catalog”で世界的に知られるStewart Brand(スチュアート・ブランド)氏と“EARTHSHOT”を宣言。〜Whole Earth Catalogから50年、これからの未来・テクノロジーを考える〜をテーマに今年で21回目となるカンファレンス、「THE NEW CONTEXT CONFERENCE」が8月11日に行われ、その様子は日本⇔米国(サンフランシスコ)同時中継にてオンラインで観客に配信された。

イベント当日、現代アーティスト小松美羽さんは高野山別格本山三宝院で制作した”NEXT MANDALA〜魂の故郷”を発表。目入れのライブペイントを行い、”大加速時代から大調和時代へ”とのメッセージを発信し、会場を祈りの空間へと導いた。

ピックアップ

ピックアップ