九州から世界に向けて“今年の桜”を発信!九州の有志企業による「いまできることプロジェクト」スタート!

2020.04.03

新型コロナウイルスの影響で不要不急の外出を控える動きが定着、様々なイベントの中止など、やむを得ない状況は、多くの人々から元気も奪っている状況が続いております。
また、日本における春の風物詩である「桜のお花見」も自治体の要請等で自粛せざるを得ない状況です。そんな閉塞感のある状況を前向きに九州から変えていきたいと九州の企業の賛同で「#いまできることプロジェクト」をスタートすることにしました。

■ 展開内容

①「西日本新聞 朝刊 30段 見開き」にて満開のサクラ新聞を発行(3月27日)
② 九州各地の桜を発信する特設サイトを開設(3月27日)
今年の桜を撮影したスペシャルムービー『Kyushu Sakura Movie』は、4月9日公開。
音楽は、3組のアーティストによる春メドレー(スキマスイッチ、秦基博、GReeeeN)
>「いまできることプロジェクト」特設サイト

■ プロジェクトの思い
元気に咲き誇る満開の桜を見て、ほんのすこしでも前向きな気持ちになってくれたらうれしいです。まだまだ不安な日々が続きますが、どうか、みんなで、いまできることを楽しみましょう。

■ 参加アクション
いまできることプロジェクト いまできることを楽しもう。ニッポンの桜を、みんなのチカラに。
『#世界に春を』をつけて、“今年の桜”をInstagramに投稿しよう。

新着

新着

注目の記事

山梨県

伝統

観光

食べ物

文化

【星のや富士】心と体が解放され自然と一体となる瞬間。至福のリトリート空間がここに/HYAKKEI滞在レポート<前編>

東京都

伝統

芸術

「小松美羽展 岡本太郎に挑むー霊性とマンダラ」開催/岡本太郎との調和により生まれた”奇跡”のライブペイント

東京都

買い物

文化

「敬意を持ってエネルギーを消費する姿勢が大切だと思う。」スウェーデン発トータルファッションケアブランドSTEAMERY CEOインタビュー

イベント

軽井沢在住香港人デザイナー AB Concept (エービーコンセプト) 南アルプスから着想を得た空間デザインForest of Reflectionを発表

ミラノ (2022年6月) —軽井沢在住のふたりの香港人エド・ウンとテレンス・ウガンにより、1999年に創業したインテリアデザイン事務所AB Conceptが、壁紙ブランドCalico Wallpaper(アメリカ)とコンテンポラリーなガラス製品をデザインするNUDE(トルコ)とパートナーシップを組み、今年のミラノデザインウィークに参加しています。会場ではAB ConceptがCalicoと提携して作り上げた森林を壁一面に感じることのできる壁紙、Tableau(タブロー)の発売を記念して、南アルプスの森をイメージした空間デザイン、Forest of Reflection(フォレスト・オブ・リフレクション)を発表いたします。

愛知県

着物

伝統

観光

江戸時代城下町の面影を残す「愛知県指定有形文化財 伊藤家住宅×花とデジタルアートの祭典」を一旗がプロデュース

2021年12月6日(月)から19日(日)まで開催されれいた「愛知県指定有形文化財 伊藤家住宅×花とデジタルアートの祭典」の様子を納めた動画が公開されました。華麗な花々とデジタルアートが融合した幻想的な空間をお楽しみください。

ピックアップ

ピックアップ