青森県

伝統

観光

【青森屋】~地元の温泉旅館で魅力を再発見、安心安全な旅~青森県民限定宿泊プラン「どさ湯さプラン」|期間:2020年7月1日~2021年3月31日

2020.07.01

青森の文化を満喫できる宿「星野リゾート 青森屋」では、2020年7月1日~2021年3月31日の期間、青森県民限定宿泊プラン「どさ湯さ(*)プラン」を提供します。Withコロナ期における旅のあり方として、「マイクロツーリズム」を推進し、今だからこそ地元への旅を提案する中で、青森県在住の方が気軽に楽しめるよう考案したプランです。通常料金から最大2,000円お得な宿泊料金に加え、宿泊人数分の日帰り温泉利用券と、次回宿泊時に使える館内利用券をプレゼントします。館内では「衛生管理」と「3密回避」の2つを対策軸に新型コロナウイルス感染防止対策を行っているため、安心して滞在できます。
*青森の方言で、「これからどこに行きますか。」「温泉にいきます。」という意味。

今だからこそ地元を旅する「マイクロツーリズム」の提案

星野リゾートは、Withコロナ期における旅のあり方としてマイクロツーリズムを推進します。マイクロツーリズムとは、遠方や海外をイメージする「旅」に対して、あえて近距離圏内を訪れる旅のあり方です。コロナ期の旅行ニーズに合わせたサービスや、地元を深く知るきっかけ作り、そして感染拡大を防止しながら地域経済を両立する観光など、さまざまな取り組みを展開し新たな旅の価値を提案していきます。
どさ湯さプランは、青森県在住の方が気軽にマイクロツーリズムを楽しめるよう考案したプランです。青森県の文化や温泉を満喫できる当館に宿泊し、地域の魅力を再発見し、地元への愛着が深まるような、今までにない気付きに満ちた旅を楽しんでほしいと考えています。

1 通常料金から最大2,000円お得な宿泊プラン

宿泊料金を、1泊夕朝食付き通常料金から1名あたり最大2,000円割引します。ご家族やご友人と一緒に、気軽に何度でも楽しめるよう、回数上限は設けません。2021年3月までの期間限定で、お得な料金で宿泊できます。

2 宿泊人数分の日帰り温泉利用券をプレゼント

どさ湯さプランで宿泊した方全員に、日帰りで青森屋の温泉に入れる利用券をプレゼントします。日帰りで利用できるのは、敷地内にある元湯。大きな窓に光が差し込み、津軽びいどろガラスが湯面を彩る、レトロな雰囲気の岩風呂です。湯ざわりとろとろの熱めのお湯に浸かり、昔から通う地元の方々と交流できます。旅行が終わった後も、青森屋の温泉を楽しめます。

源泉: 古牧温泉
泉質: アルカリ性単純温泉
効能: 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、冷え性、疲労回復、健康増進等
日帰り営業時間: 9:00~21:00
日帰り通常料金: 大人450円、小学生150円、幼児60円(税込)

3 次回宿泊時に使える館内利用券1,000円分をプレゼント

2回目以降さらにお得に滞在できるように、次回宿泊時に使える館内利用券1,000円分をプレゼントします。青森の特産品やお土産を販売する「じゃわめぐ売店」と、種類豊富なおつまみとともに地酒を味わえる「ヨッテマレ酒場」で利用できます。3つの温泉に2つのレストラン、数多くのアクティビティや季節ごとに変わるイベントなど、毎回異なる滞在が選べる青森屋を、何度でも楽しんでほしいと考えています。

「どさ湯さプラン」概要

期間: 2020年7月1日~2021年3月31日宿泊分(除外日あり)
予約開始日: 2020年6月15日
料金: 通常料金(夕朝食付きプラン)から最大2,000円割引(2名1室利用時の一例)
*客室「えんつこ」の場合 大人1名9,864円×2名×1泊=19,728円~(税別)
*客室「あずまし」の場合 大人1名11,228円×2名×1泊=22,456円~(税別)
含まれるもの: 夕朝食付き宿泊料金、日帰り温泉利用券宿泊人数分、館内利用券1,000円分(次回宿泊時利用可能)
予約: 公式サイト
対象: ご予約者(代表者)が青森県内在住の方
備考: チェックイン時、ご予約者(代表者)の住所記載の身分証明書が必要となります。

<参考資料:最高水準のコロナ対策宣言~星野リゾートが考える3密回避の旅~>

星野リゾートでは「衛生管理」と「3密回避」の2つの対策軸を掲げ、各施設において今後のサービスを進化させてまいります。「衛生管理」では館内の除菌対応、スタッフやお客様の健康面の確認を主に行います。「3密回避」としてはお客様とスタッフ、お客様同士の視点で「3密」が発生しづらい環境づくりにこだわり、従来のサービスを変化させて真摯に取り組んでまいります。

新型コロナウイルス感染予防の取り組み例(青森屋・奥入瀬渓流ホテル)
>最高水準のコロナ対策宣言

1 衛生管理
星野リゾートでは、コロナ対策の一環として、お客様の健康と公衆衛生を考慮し、以下の対応を行っております。
・チェックイン時の検温実施と海外渡航歴の確認
・フロントカウンターに飛沫感染防止用パネルを設置
・全客室にアルコール消毒液を設置
・通常の客室清掃に加え、ホテル館内のアルカリ電解水による清掃と拭き上げ
・館内各所にアルコール消毒液を設置
・レストラン入店時に全てのお客様へ手指のアルコール消毒を実施
・食器類(お皿、グラス)やカトラリーの高温洗浄(80 度以上)、食事用トレイの除菌洗浄
・館内での接客業務の際にマスクを着用
・スタッフの健康と衛生面の管理徹底(出社前の検温と記録確認)
2 「3密」回避
密閉、密集、密接の 3 つの「密」を回避する滞在を作るべく、以下の対応を行っております。
・滞在中、混雑が確認された場所での、入所・入店規制
・レストランの混雑状況を管理し、入店時間の分散化
・チェックアウトのフロント精算時に、入列規制を適宜実施
・大浴場の混雑状況がスマートフォンで分かる「3密の見える化」サービス実施(6月20日より開始)
3 イベント会場管理
イベント広場「じゃわめぐ広場」やショー会場「みちのく祭りや」では、以下の対応をおこなっております。
・十分な換気設備を設置
イベント広場:最大900名まで収容できる換気設備 ※ピーク時利用者数100名程度
ショー会場:最大1,000名まで収容できる換気設備 ※ピーク時利用人数120名程度
・ソーシャルディスタンスを確保した座席レイアウトの確保
・座席やテーブルのアルカリ電解水による清掃と拭き上げ(みちのく祭りやショー会場)
・会場内の入退室時の混雑状況を管理し、入退室の分散化(みちのく祭りやショー会場)

>詳細はこちら

星野リゾート 青森屋
「のれそれ(*青森の方言で目一杯の意味)青森~ひとものがたり」をコンセプトに、青森の祭りや方言などの文化を満喫できる温泉宿。約22万坪の敷地内には、池や古民家の点在する公園もあり、食事や多彩なアクティビティを楽しむことができる。
〒033-8688 青森県三沢市字古間木山56/客室数 236室
>星野リゾート 青森屋

新着

新着

注目の記事

沖縄県

観光

文化

うちなー滞在記vol.5「琉球時代へタイムスリップ~難攻不落の秘密と祭司ノロ・後編~」

沖縄本島の人たちが「宮古島」の方言を聞いたとき、「何を言っているのかわからない」という話をよく聞きます。

その島その地域で、独自の言葉や風習が残っている。「うちなーぐち(沖縄方言)」とひとくくりには出来ない、そんなところも沖縄の魅力のひとつではないでしょうか。

しかし、このような「多様」な言葉・文化・風習が残っていられるのは何故なんでしょうか?理由は様々ありそうですが、私はうちなーんちゅ(沖縄の人たち)からこんなことを感じることがあります。

・人は人、自分は自分

・自分が大事にしているものがあるように、他の人にも大事にしていることがある

多様な文化との交流によりつちかわれた、うちなーんちゅならではの感性かもしれません。

さて、今回は世界遺産「勝連城(かつれんじょう・かつれんぐすく)跡」の後編です。勝連の繁栄と石階段の秘密、そして沖縄においての「民間信仰」について、勝連城と共に見ていきたいと思います。

島根県

伝統

芸術

文化

<小松美羽さん単独インタビュー> -Part2- アーティスト小松美羽に迫る。新風土記・第二弾の制作。そして創作の原点に在る”祈り”。

島根県

伝統

芸術

観光

文化

<小松美羽さん単独インタビュー> -Part1- 小松美羽さんと巡る出雲の旅

世界を舞台に活躍する現代アーティスト小松美羽さんの単独インタビュー第一弾。
アナザースカイ(日テレ系)が2週連続で5/27(伊勢篇)、6/3(出雲篇)の放映が決定した小松さん。

番組では2014年に”新風土記”を奉納した出雲へ訪れ、「新風土記の第二弾」を制作し番組内で初公開されます。

常に未来へ進み続ける小松美羽さん。そんな彼女に、この度HYAKKEIの単独インタビューに応えて頂く事が出来ました。”光の柱”の出現を体験し作品に大きな影響を与えたという出雲大社との深い関わりや、出雲の地での新作アートの制作、制作の中心にある祈りの原点に迫ります。

インタビューPart1ではアナザースカイでの撮影風景を元に、”小松美羽さんと巡る出雲大社”をお届けします。出雲の地への親愛の念溢れる小松さん。自然体で語っていただきました。

写真:神庭 恵子 / インタビュー・文:菊地 伸(HYAKKEI)


今回のアナザースカイのハイライトは、2014年に新風土記を制作した際と同じ古民家で制作した、初公開となる絵画作品。この作品についてはインタビューPart2で詳しくお伝えします。

< 小松美羽プロフィール >

1984年長野県生まれ。女子美術大学短期大学部在学中に銅版画の制作を開始。近年ではアクリル画、立体作品などに制作領域を拡大し、力強い表現力で神獣をテーマとした作品を発表。

2015年、ロンドンで開催されたチェルシー・フラワーショーへ有田焼の作品を出品し、受賞作が大英博物館へ収蔵されるという快挙を成し遂げる。その後、台湾、香港、日本での個展において動員数、売上とも記録を塗り替える。

HTCとのコラボによるVR作品『INORI~祈祷~』が第76回ヴェネツィア国際映画祭VR部門、イギリスのレインダンス映画祭にノミネートされる。2020年、日本テレビ系「24時間テレビ」のチャリTシャツのデザインを担当など、国内外で大きな注目を集めている。

小松美羽 Miwa Komatsu | オフィシャルサイト

『アナザースカイ』
日本テレビ
5月27日(木) 伊勢編 24:59~25:39
6月3日(木) 出雲編 25:09~25:39

アナザースカイ 番組公式サイト
https://www.ntv.co.jp/anothersky2/

ピックアップ

ピックアップ