青森県

観光

奥入瀬渓流ホテル 雪かきで自ら参拝までの道を切り開く!「冬の十和田湖開運ツアー」実施

2021.01.10

「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」では2021年2月1日~3月22日の土日限定で、「冬の十和田湖開運ツアー」を実施します。本州最北端に位置する青森県は、厳しい自然と地形が織りなす、霊的で幻想的なパワースポットが多く存在し、1年の始まりを旅するには最適な場所です。当ツアーでは、下北半島の恐山と共に、北東北の二大霊場と呼ばれる十和田神社へ参拝します。これまで、冬は降り積もった雪で参拝するのも一苦労な状況でしたが、雪国ならではの体験として、スノーシューを履き雪かきで自ら参拝までの道を切り開きます。

当ツアーの舞台である「十和田湖」は、平安時代、修験(しゅげん)場(*1)として栄え、多くの修験者が迷いを持つ自分自身と闘う場でした。その後、「霊山(*2)十和田」として人々から厚い信仰を受け、霊力のある神秘の場所としてあがめられました。1500年以上経った今でも、春から秋にかけて多くの人々が十和田湖を訪れます。

しかし、冬期は豪雪地帯ということもあり、なかなか訪れることができません。そこで昨年より、湖畔にひっそりと佇む1200年以上の歴史をもつ「十和田神社」に協力いただき、ここでしかできない体験で運気をあげていただきたく、当ツアーを考案しました。

*1:山や霊山・霊地で苦行を積み、霊験(神仏の不思議で測り知れない力のあらわれ。祈りに対して
現れる利益)のある法力を身につける場所。
*2:神聖な山。また、社寺の霊域である山。

自分の道を掘り起こし進む、冬ならではの参拝

雪かきの様子
龍の手水舎
参拝の様子
木の御朱印帳(オプション)
青い龍の絵馬(オプション)
旧杉並木参道(*3)

当ツアーの舞台となるのは、下北半島の恐山と共に、北東北の二大霊場と呼ばれる十和田神社です。春から秋にかけて観光客が絶えない場所ですが、冬は降り積もる雪により参拝するのも一苦労な状況です。そこで当ツアーでは、雪国ならではの体験として、雪に深く覆われた道をスノーシューで歩いたり、雪かきをしながら自分の新たな道を切り開きます。全身を使って楽しく雪かきをした後は、一度心と身なりを整え、十和田神社の象徴である龍の手水舎(てみずしゃ)で手や口を洗い清めます。

ひと汗かいた後の参拝は、いつも以上に自分の心も清らかに、きっと思いも伝わるはずです。また、オプションとして珍しい木の御朱印帳や、力強い青龍の御朱印も持ち帰ることができ(有料)、新たな気持ちで1年のスタートをきることができます。
*3:江戸時代に整備された参道。

ツアー限定「りんご輪紙」に御朱印を

希望者には、青森県の思い出として「りんご輪紙(*4)」に御朱印を書いてもらうことができます。りんご輪紙とは、りんごをジュースやジャムに加工した際に残る種や皮を再利用するため、2010年に青森県で生まれたものです。りんごの種や皮、茎などを含む残渣を再利用しおり、見た目も楽しめます。青森の旅の記念として持ち帰り、いつもと一味違う御朱印で1年のスタートきってみませんか。

>*4 ゲインズ株式会社 りんご輪紙プロジェクト

>動画はこちら

「冬の十和田湖開運ツアー」概要

期間: 2021年2月1日~3月22日の土日限定
料金: 4,400円(税別)*絵馬、御朱印は含まれません。
定員: 12名
時間: 13:00~16:00
含まれるもの: ホテルから十和田神社までの送迎、貸出品(スノーブーツ、スノーシュー、雪かきスコップ)
対象: 宿泊者限定
備考: 御朱印希望の方は前日までに予約が必要です。

今だからこそ地元を旅する「マイクロツーリズム」の提案

星野リゾートは、withコロナ期における旅のあり方としてマイクロツーリズムを推進します。マイクロツーリズムとは、遠方や海外をイメージする「旅」に対して、あえて近距離圏内を訪れる旅のあり方です。コロナ期の旅行ニーズに合わせたサービスや、地元を深く知るきっかけ作り、そして感染拡大を防止しながら地域経済を両立する観光など、さまざまな取り組みを展開し新たな旅の価値を提案していきます。奥入瀬渓流沿いに唯一佇む当館に宿泊し、地域の魅力を再発見し、地元への愛着が深まるような、今までにない気付きに満ちた旅を楽しんでほしいと考えています。

<最高水準のコロナ対策宣言>

【1】衛生管理
星野リゾートでは、コロナ対策の一環として、お客様の健康と公衆衛生を考慮し、以下の対応を行っております。
・チェックイン時の検温実施
・通常の客室清掃に加え、ホテル館内のアルカリ電解水による清掃と拭き上げ
・館内各所に除菌用アルコールを設置
・全客室に手指消毒用アルコールを設置
・レストラン入店時に全てのお客様へ手指のアルコール消毒を実施
・食器類(お皿、グラス)やカトラリーの高温洗浄(80度以上)、食事用トレイの除菌洗浄
・フロントにパネルやビニルシートなどのパーテーションを設置
・館内での接客業務の際にマスクを着用
・スタッフの健康と衛生面の管理徹底(出社前の検温と記録確認)

【2】3密回避
密閉、密集、密接の3つの「密」を回避する滞在を作るべく、以下の対応を行っております。
・大浴場の混雑度がスマートフォンで分かる3密の見える化サービス実施(一部)
・滞在中、混雑が確認された場所での、入所・入店規制
・レストランの混雑状況を管理し、入店時間の分散化
・チェックアウトのフロント精算時に、入列規制を適宜実施
・客室でのチェックイン対応(星のや・界)

>【星野リゾート】コロナ対策まとめ

星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル
奥入瀬渓流沿いに建つ唯一のリゾートホテル。渓流が目の前に広がる露天風呂や岡本太郎作の巨大暖炉が印象的なロビーが癒しの空間を醸し出します。「渓流スローライフ」をコンセプトに心から満たされる滞在を演出します。
青森県十和田市大字奥瀬字栃久保231/客室数187室
>星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル

新着

新着

注目の記事

沖縄県

観光

文化

うちなー滞在記vol.5「琉球時代へタイムスリップ~難攻不落の秘密と祭司ノロ・後編~」

沖縄本島の人たちが「宮古島」の方言を聞いたとき、「何を言っているのかわからない」という話をよく聞きます。

その島その地域で、独自の言葉や風習が残っている。「うちなーぐち(沖縄方言)」とひとくくりには出来ない、そんなところも沖縄の魅力のひとつではないでしょうか。

しかし、このような「多様」な言葉・文化・風習が残っていられるのは何故なんでしょうか?理由は様々ありそうですが、私はうちなーんちゅ(沖縄の人たち)からこんなことを感じることがあります。

・人は人、自分は自分

・自分が大事にしているものがあるように、他の人にも大事にしていることがある

多様な文化との交流によりつちかわれた、うちなーんちゅならではの感性かもしれません。

さて、今回は世界遺産「勝連城(かつれんじょう・かつれんぐすく)跡」の後編です。勝連の繁栄と石階段の秘密、そして沖縄においての「民間信仰」について、勝連城と共に見ていきたいと思います。

ピックアップ

ピックアップ