山梨県

観光

樹海で森林浴、深く癒されるウェルネスプログラム 「樹海リトリート」

2021.04.11

日本初のグランピングリゾート「星のや富士」では、2021年4月26日~8月31日までの緑溢れる期間に、「樹海リトリート」を提供します。これは、樹海で森林浴をし、深く癒されるウェルネスプログラムです。

樹海のパワースポット・竜宮洞穴に立ち寄り、神秘的な雰囲気のなかで感覚を研ぎ澄ましたあと、森林浴をしながら、身体を目覚めさせる「パワーウォーク」を行います。森の香りや柔らかい太陽の光、鳥のさえずりなど、全身で樹海の自然を感じられます。樹海の溶岩大地を力強く歩き進むことで、心身の浄化と深い癒しを感じます。

また、アウトドアに精通したグランピングマスターがプログラムをサポートするので、普段は運動をする習慣のない方でも、無理なく参加できます。

コロナの感染拡大により、ライフスタイルの大きな変化が求められてきました。「コロナ禍で、身体面・精神面での不調を感じたか」という問いに対し、2人に1人が心身の健康に「不安」(57.2%)と回答しました。(*2)そのような方々に向けて、星のや富士が位置する富士北麓の樹海の自然的特徴と文化的特徴を掛け合わせたウェルネスプログラムで、深い癒しを提供したいと思い、本プログラムを開発しました。

*2 株式会社ツムラ
【調査概要】期間:2020年11月17日~11月18日 方法:インターネット 調査対象:20~40代男女1800名

竜宮洞穴で感覚を研ぎ澄ます

グランピングマスターから樹海の成り立ちや植生の特徴について学び、溶岩洞穴(*3)の竜宮洞穴で感覚を研ぎ澄まします。かつて人々が雨乞いのために訪れたとされ、国指定天然記念物でもある竜宮洞穴。その入口には、水の神・トヨタマヒメの祠が祀られています。

洞穴の奥深くからひんやりと冷たい空気が流れ出ており、祠の周囲には思わず背筋が伸びるような空気が漂います。神聖な雰囲気のなか、この土地ならではの文化に思いを巡らせながら感覚を研ぎ澄まし、心身の浄化を感じます。

*3 溶岩流が高温・高圧下でガス化した水分が初期空洞を作り、各空洞間が床面の流動溶岩で削られて次々と連結してトンネル状の横穴となって出来上がったもの。(山梨県教育委員会、足和田村教育委員会より)

パワーウォークで樹海のエネルギーを全身で感じる

竜宮洞穴で感覚を研ぎ澄ましたあと、樹海で「パワーウォーク」を行います。パワーウォークとは、深い呼吸と体幹を意識しながら足裏でしっかりと地面を踏んで早足で歩く、健康法の一つです。グランピングマスターからパワーウォークのレクチャーを受けたあと、樹海のエネルギーを全身で体感し、森林浴をしながら深い癒しを得られます。

(*4)
*4 森林部と都市部におけるPOMSによる心理的変化(特定非営利活動法人 森林セラピーソサエティより)

グランピングマスターによるサポート

パワーウォークの前後には、身体を調えるストレッチと食事のサポートがあります。樹海は、標高約920m~1300mの準高地のため、到着日に高地順応を目的とした「森のストレッチウォーク」を行います。

これは、星のや富士がオリジナルで開発したプログラムで、グランピングマスターのサポートのもと、敷地内の散策路で約30分、ウォームアップを行います。また、パワーウォークの合間にエネルギー補給をするためのエナジーバーづくりをしたり、身体を温める夕食をとったりして、翌日に備えます。

2日目のパワーウォーク後にまず行うのは、身体の緊張を緩めるクールダウンです。また、運動後の疲労回復を意識し、良質なたんぱく質とエネルギーの補給ができるブランチの提供があります。

新着

新着

注目の記事

愛知県

観光

ディープなローカルツアー “「三河里旅」×「とよた宿割」”で お得にマイカーで巡る御朱印旅

地域で暮らし地域を深く知るガイドが三河の山里でしか体験できない唯一無二の旅を提案する「三河里旅」のローカルツアー。そんな三河里旅より、とよた宿割を利用することで食事や宿泊・休憩が等が半額になる日帰りツアーが登場。2日間限定のお得なツアーをお見逃しなく。

沖縄県

観光

「ウィンドサーフィンデビューステイ」プランが登場【リゾナーレ小浜島】

周囲に高い山や建造物など障害物がない小浜島は、どの方位からも風が吹き、風を操って楽しむウィンドサーフィンの聖地と称されています。
日本最南端の八重山諸島に位置する離島のビーチリゾート「星野リゾート リゾナーレ小浜島」に、2021年12月1日~2022年2月28日の期間、マンタ柄のセイルでウィンドサーフィンに挑戦するプラン「ウィンドサーフィンデビューステイ」が登場します。

沖縄県

伝統

観光

文化

うちなー滞在記vol.11「三山時代にタイムスリップ~護佐丸の築城と松並木~」

沖縄に移り住んで早一年が経とうとしています。一年前に吹いていた風、冬へ向かう空気の冷たさが思い出されます。

「うちなー(沖縄)でやっていけるだろうか」

「うちなーんちゅ(沖縄の人たち)と私は何が違うのだろう」

当初、そんな不安と好奇心とを抱きながら生活していました。しかし、様々な人と接するうち、不安は徐々に解消されていきました。

「うちなーには様々な国籍を持つ人たち、本土(沖縄以外の日本)の人たちが暮らしている」ことは心強さを与えてくれました。

「うちなーには様々な異文化との交流の歴史があった」ことを知れたのも、大きな理由の一つです。

そして、風習や言葉の違いは “違い” として尊重し、残そうとしているうちなー文化に触れているうち、「違うことは当たり前」「違っていて良い」と思えるようになりました。

さて、今回は時をさかのぼること600年。三山時代に築城されたといわれる沖縄本島中部・読谷村(よみたんそん)の世界遺産「座喜味城跡(ざきみじょうあと)」をご紹介します。

ピックアップ

ピックアップ