新潟県

観光

貸切の古民家宿「里山十帖 THE HOUSE」南魚沼に開業します

2021.07.16

新潟・魚沼地域に残る、貴重な古民家をフルリノベーションし、プライベートでゆったりと過ごせる空間が完成しました。第一弾として開業しますのは、南魚沼市の泉盛寺という棚田が広がる集落に佇む「IZUMI」。静かな場所でプライベートな空間をお楽しみください。

コンセプトは、快適に雪国の暮らしと自然を体感すること

<150年前の豊かな森に想いを馳せる>
築150年の古民家をフルリノベーションしました。豪雪に耐えてきた立派な梁や柱。「おえ」と呼ばれる囲炉裏の間を囲む、柱や差し鴨居は総欅という、この地域でも貴重な建物です。

今では保存樹木や保存樹林になっている欅の巨木を切り出して、何十年も寝かせて乾燥させた上、製材して建てられた古民家。杉の植林が始まる前、山がいかに豊かだったのか。そして囲炉裏の間に大家族が集う昔の生活に、想いを馳せていただければと思います。

<日本一美味しいお米の産地の理由を目で見る>
南魚沼のなかでも特に美味しいお米ができると言われているのが西山地域。なかでも「IZUMI」の建つ場所は、西山でも特別な樺ノ沢地区を眼下に望みます。そして、昼夜の寒暖差、豊かな水、地形、土。その全てを「IZUMI」から確認することができます。特に重要なのが昼夜の寒暖差ですが、この寒暖差と盆地地形が「雲海」を産み出します。

<冬でも全く寒くない古民家>
古民家の間取りをほぼそのままに、現代でも暮らしやすい住宅としてリノベーション。里山十帖同様、今後100年以上使えるように、躯体はもちろん、土台から根本的に修繕しました。

客室

最大宿泊人数は7名。1階の座敷には敷き布団4枚、2階に天然素材の寝具で有名な「石田屋」(石川県金沢市)のベッド。最大8名さまにご宿泊いただけますが、ダイニングカウンターの椅子が7脚なので、最大7名としています。「おくどさん」があった場所に新しく設えたキッチンは調理も可能。上部の蚕部屋を解体した吹き抜け空間に、一枚板のカウンターテーブルがあります。

朝夕飯

夕食の選択肢は3つ。1つ目は『ミシュランガイド新潟2020』で一つ星を獲得した里山十帖内の『早苗饗』での夕食。2つ目は周辺に点在する『ミシュランガイド新潟2020』でビブグルマン、ミシュランプレートを獲得した店へ。3つ目はご自分で調理する。里山十帖での夕食をご希望の方は送迎致します。

周辺の店をご希望の方はコンシェルジュが予約を代行しますのでお気軽にお申し付けください。

温泉

日本百名山の巻機山、霊峰八海山など、標高2,000メートル前後の上越国境の山々を望む絶景露天風呂をご用意しました。コンパクトながら小窓から壮大な景色を望む内湯もご用意しております。夜には満天の星空を眺めながら温泉に浸かることができます。

里山十帖 THE HOUSE IZUMI(サトヤマジュウジョウ ザ ハウス イズミ)

構造: 木造2階建 延床面積182m2
客室数: 1棟(リビング+ベッドルーム+和室2+キッチン+浴室(内湯1 露天1))、定員7名
所在地: 新潟県南魚沼市天野沢家森山671-1
アクセス: JR上越線「上越国際スキー場前」駅から車で7分

新着

新着

注目の記事

東京都

観光

【星のや東京】江戸時代の芝居茶屋のもてなしを現代に 「新春歌舞伎滞在」開催

東京・大手町の日本旅館「星のや東京」では、2024年1月5日~26日に、1泊2日の滞在プログラム「新春歌舞伎滞在」を今年も開催します。
江戸に暮らす人々にとって新年の楽しみの一つに歌舞伎観賞があり、粋な過ごし方でもありました。その楽しみ方を支えたのが芝居茶屋です。観劇チケットの手配に加え、筋書やお茶、菓子、幕の内弁当、酒肴の提供など、至れり尽くせりのサービスで人々を喜ばせていました(*1)。星のや東京では、当時の芝居茶屋のようなおもてなしで、新年を寿ぐ滞在を提供します。

*1:富澤慶秀・藤田洋監(2012). 『最新歌舞伎大辞典』. 柏書房.

東京都

観光

イベント

【新宿御苑×ネイキッド】NAKED紅葉の新宿御苑2023開催決定

2023年11月22日(水)〜12月3日(日)の期間、新宿御苑にて紅葉のライトアップイベントが開催されます。今春の桜イベントに続き、今秋は紅葉イベントで再び新宿御苑とネイキッドのコラボレーションが決定しました。東京を代表する庭園「新宿御苑」は、数少ない都心の紅葉スポット。全長約200mのプラタナス並木と都心随一のモミジスポット・モミジ山、池への反射が絶景の「中の池」など、新宿御苑の紅葉とネイキッドのアート&食が融合した世界を見ることができます。

ピックアップ

ピックアップ