埼玉県

観光

【ムーミンバレーパーク】ミストが幻想的な雲海となってムーミン谷エリアを包み込みます

2022.04.30

ムーミン一家の暮らすムーミン屋敷や追体験のできる複数の体験施設、そして物語の魅力や原作者トーベ・ヤンソンの想いを感じることができる展示施設など。新しい発見に出会うことができる場所、ムーミンバレーパークで真夏のひんやり体験を楽しめる『ムーミン谷の雲海』を今年も開催します。

ムーミンバレーパークのシンボルとなるムーミン屋敷を背景に、ミストが幻想的な雲海となってムーミン谷エリアを包み込みます。その他、昨年も大人気だったおさびし山のお子さま向け水遊びスポットなど、暑い夏でも楽しく過ごせる夏季限定の企画も登場します。この夏、『ムーミン谷の雲海』で、真夏のひんやり体験をお楽しみください。

期間は7月16日(土)~9月25日(日)となります。詳細につきましては順次公式サイトにて公開します。

>ムーミンバレーパーク公式サイト

[安全・安心の取り組み]
ムーミンバレーパークでは、「ムーミンバレーパーク安心宣言」に基づき、新型コロナウイルスをはじめとする感染症予防および拡散防止のため、お客様と従業員そしてその家族のみなさまの安全・安心のための対策を講じて運営しています。

<ムーミン物語について>
ムーミン物語は、2013年11月にムーミンの物語を主題としたテーマパーク事業を行うことを目的に設立されました。ムーミン物語は、このテーマパーク事業を日本国内のみならずアジアにおいても展開することができるライセンスを保有しており、またムーミンバレーパーク内で販売するムーミンの物語に関する各種商品を企画、制作、販売を行うライセンスも保有しています。2018年3月には、日本における「ムーミン」のライセンスを一括管理する株式会社ライツ・アンド・ブランズを設立しました。隣接するメッツァビレッジの運営管理にも携わり、メッツァ事業全体の推進に努めています。
>ムーミン物語公式サイト

<オンライン「MOOMIN SHOP」>
ムーミンの著作権者であるフィンランドのムーミンキャラクターズ社と協働した日本初のオンラインの「MOOMIN SHOP」が、2022年3月1日にグランドオープン。本オンラインショップは、ムーミンバレーパーク限定品を含め、国内外の幅広い商品を取り揃えています。
>ショップはこちらから

新着

新着

注目の記事

京都府

観光

【鈴木敏夫とジブリ展】ここにくれば、ジブリがもう一度見たくなる 京都と東京で開催

高畑勲、宮﨑駿両監督と共に、数々の名作を世に送り出してきたスタジオジブリ・プロデューサー、鈴木敏夫。幼少の頃から現在に至るまでの足跡を、8,800冊の書籍や映画と共に振り返ります。書籍から紐解く、スタジオジブリ誕生のひみつを2022年4月23日(土)から京都文化博物館にてのぞいてみてください。

ピックアップ

ピックアップ