蒸れにくく心地よい肌触りの「和紙織物」を使用した “モダン和紙織りマスク”をオンラインショップにて新発売

2020.08.22

武部織物株式会社は、独自に開発した「和紙織物」を使用した3層構造の立体マスク「モダン和紙織りマスク」(1,500枚限定:全カラー合わせて)を8月12日(水)正午(12:00)からオンラインショップ「TAKEORI」(タケオリ)にて、予約受付を開始します。

武部織物株式会社が独自に開発した生地のひとつに、和紙とポリエステルを複合させた「和紙織物」があります。
和紙素材は蒸れにくいのが特徴です。新型コロナウイルスの影響でマスクの常時着用が生活の基本となった今日、マスク着用時の口元の“蒸れ”は、誰もがお悩みのことと思います。蒸れにくく息のこもりにくい和紙織物をマスクに使用することで多くの皆さんのお役に立てるのではないかと考え開発に至りました。

“モダン和紙織りマスク”の3つの特長

1. 柔らかく心地よい肌触り
表面(外側)の生地は和紙30%(ポリエステル70%)の和紙織物を使用。高級感のある、ちりめん風のデザインをお楽しみいただけます。肌に触れる裏面(内側)の生地は、和紙の割合を70%まで増やすことで、柔らかく、心地よい肌触りを実現しました。

2. 抗菌・消臭効果あり
外側と内側の2枚の和紙織物の中間層には抗菌・消臭効果のある素材を使用しています。生地の枚数が計3枚と多くなるため分厚い印象を受けるかもしれませんが、和紙素材は息がこもりにくく、蒸れにくいため快適にご利用いただけます。

3. 洗濯して繰り返し使えます
吸水性や速乾性に優れており、洗濯して繰り返し使用できます(手もみ洗い推奨)。また、同じような和紙マスクでも市場に多く流通している「ニット」や「不織布」の素材のものとは違い、モダン和紙織りマスクは「織物」であるため、丈夫で毛玉が出にくく、長くご愛用いただけます。

名称: モダン和紙織りマスク
枚数: 1,500枚限定(全カラー合わせて)
予約開始日: 2020年8月12日(水)正午(12:00~)※商品の発送は9月1日を予定
価格: 1,980円(税込み)※1カラーにつきお一人様5点まで
送料: 300円(2枚以上のご購入で送料無料となります)
商品種類: 和の伝統を感じさせる、上質な深みのある色味の「クラシック」と、 柔らかな淡い色合いで、女性やお子様にオススメの「パステル」の2種類、計13色をご用意しました。

>販売サイトはこちら

■クラシック(カラー8種)
カラー:1. ホワイト(白)
2. ブラック(黒)
3. グレー(灰)
4. ブラウン(茶)
5. レッド(赤)
6. ネイビー(紺)
7. パープル(紫)
8. オレンジ(橙)
サイズ:Mサイズ(標準) 縦130mm×横210mm
Lサイズ(大きめ) 縦135mm×横240mm

クラシック(カラー8種)

■パステル(カラー5種)
カラー:1.ブルー(水色)
2.グリーン(緑)
3.イエロー(黄)
4.パープル(紫)
5.ピンク(桃色)
サイズ:Sサイズ(お子様向け) 縦125mm×横180mm
Mサイズ(標準) 縦130mm×横210mm

パステル(カラー5種)

新着

新着

注目の記事

北海道

イベント

好評につき今年も開催 湯元啄木亭の「キャンドルナイト」

函館の温泉旅館「湯元啄木亭(ゆもとたくぼくてい)」では函館ゆかりの松岡庭園をそのまま保存した銘庭があり、敷地は約1200坪。この啄木亭の庭園は秋が一番の見頃となっております。
そんな秋の庭園を彩るべく、地元函館のキャンドル作家「710candle(ナナイチマルキャンドル)」の監修の元、タイアップ企画が実現しました。

東京都

芸術

奈良美智・村上隆などラインナップ。大手オークションプラットフォーム・PHILLIPSが好調な2021年春シーズンの活動を報告。

東京都

伝統

芸術

イベント

文化

<小松美羽さん単独インタビュー>新作“NEXT MANDALA〜魂の故郷” に込めた大調和時代へのメッセージとは

昨年25周年を迎えた(株)デジタルガレージは“Whole Earth Catalog”で世界的に知られるStewart Brand(スチュアート・ブランド)氏と“EARTHSHOT”を宣言。〜Whole Earth Catalogから50年、これからの未来・テクノロジーを考える〜をテーマに今年で21回目となるカンファレンス、「THE NEW CONTEXT CONFERENCE」が8月11日に行われ、その様子は日本⇔米国(サンフランシスコ)同時中継にてオンラインで観客に配信された。

イベント当日、現代アーティスト小松美羽さんは高野山別格本山三宝院で制作した”NEXT MANDALA〜魂の故郷”を発表。目入れのライブペイントを行い、”大加速時代から大調和時代へ”とのメッセージを発信し、会場を祈りの空間へと導いた。

ピックアップ

ピックアップ