お花が長生きする炭素を使った花器「Karen」

2021.07.28

クラウドファウンディングサイト「Makuake」で先行販売した「Karen」はわずか1日で目標を達成したお花を長生きさせる瓦の花器です。現在、ECサイト「amepla」で販売中です。

炭素をまとったKarenの特徴

1. 有機物を吸着
浄水や消臭に使われる備長炭などの木炭には、無数の小さな孔(あな)が開いており、
この小さな孔が有害な有機物を吸着し、水を清潔に保つことができます。

2. ミネラルがお花を健康に
炭素に含まれるミネラルが水に溶けだして、常に新鮮なミネラルウォーターのように。
水が清潔だと茎からぐんぐん吸い上げることができ、お花が生き生きと長持ちします。

3. 時間とともに味わいが増す素材
油分のついた手で触れると、表面に付着している炭素と反応して色が変化します。
同じ品種でも1本ずつ花の印象が異なるように、変化していくKarenの様子もお楽しみいただけます。

時を止めるフラワーベースKaren

価格: ¥4,950(税込)
サイズ: 直径8.5×12(cm)
重量: 約300g
材質: 磁器

>ご購入はこちらから

新着

新着

注目の記事

北海道

イベント

好評につき今年も開催 湯元啄木亭の「キャンドルナイト」

函館の温泉旅館「湯元啄木亭(ゆもとたくぼくてい)」では函館ゆかりの松岡庭園をそのまま保存した銘庭があり、敷地は約1200坪。この啄木亭の庭園は秋が一番の見頃となっております。
そんな秋の庭園を彩るべく、地元函館のキャンドル作家「710candle(ナナイチマルキャンドル)」の監修の元、タイアップ企画が実現しました。

東京都

芸術

奈良美智・村上隆などラインナップ。大手オークションプラットフォーム・PHILLIPSが好調な2021年春シーズンの活動を報告。

東京都

伝統

芸術

イベント

文化

<小松美羽さん単独インタビュー>新作“NEXT MANDALA〜魂の故郷” に込めた大調和時代へのメッセージとは

昨年25周年を迎えた(株)デジタルガレージは“Whole Earth Catalog”で世界的に知られるStewart Brand(スチュアート・ブランド)氏と“EARTHSHOT”を宣言。〜Whole Earth Catalogから50年、これからの未来・テクノロジーを考える〜をテーマに今年で21回目となるカンファレンス、「THE NEW CONTEXT CONFERENCE」が8月11日に行われ、その様子は日本⇔米国(サンフランシスコ)同時中継にてオンラインで観客に配信された。

イベント当日、現代アーティスト小松美羽さんは高野山別格本山三宝院で制作した”NEXT MANDALA〜魂の故郷”を発表。目入れのライブペイントを行い、”大加速時代から大調和時代へ”とのメッセージを発信し、会場を祈りの空間へと導いた。

ピックアップ

ピックアップ