お花が長生きする炭素を使った花器「Karen」

2021.07.28

クラウドファウンディングサイト「Makuake」で先行販売した「Karen」はわずか1日で目標を達成したお花を長生きさせる瓦の花器です。現在、ECサイト「amepla」で販売中です。

炭素をまとったKarenの特徴

1. 有機物を吸着
浄水や消臭に使われる備長炭などの木炭には、無数の小さな孔(あな)が開いており、
この小さな孔が有害な有機物を吸着し、水を清潔に保つことができます。

2. ミネラルがお花を健康に
炭素に含まれるミネラルが水に溶けだして、常に新鮮なミネラルウォーターのように。
水が清潔だと茎からぐんぐん吸い上げることができ、お花が生き生きと長持ちします。

3. 時間とともに味わいが増す素材
油分のついた手で触れると、表面に付着している炭素と反応して色が変化します。
同じ品種でも1本ずつ花の印象が異なるように、変化していくKarenの様子もお楽しみいただけます。

時を止めるフラワーベースKaren

価格: ¥4,950(税込)
サイズ: 直径8.5×12(cm)
重量: 約300g
材質: 磁器

>ご購入はこちらから

新着

新着

注目の記事

東京都

観光

【星のや東京】江戸時代の芝居茶屋のもてなしを現代に 「新春歌舞伎滞在」開催

東京・大手町の日本旅館「星のや東京」では、2024年1月5日~26日に、1泊2日の滞在プログラム「新春歌舞伎滞在」を今年も開催します。
江戸に暮らす人々にとって新年の楽しみの一つに歌舞伎観賞があり、粋な過ごし方でもありました。その楽しみ方を支えたのが芝居茶屋です。観劇チケットの手配に加え、筋書やお茶、菓子、幕の内弁当、酒肴の提供など、至れり尽くせりのサービスで人々を喜ばせていました(*1)。星のや東京では、当時の芝居茶屋のようなおもてなしで、新年を寿ぐ滞在を提供します。

*1:富澤慶秀・藤田洋監(2012). 『最新歌舞伎大辞典』. 柏書房.

東京都

観光

イベント

【新宿御苑×ネイキッド】NAKED紅葉の新宿御苑2023開催決定

2023年11月22日(水)〜12月3日(日)の期間、新宿御苑にて紅葉のライトアップイベントが開催されます。今春の桜イベントに続き、今秋は紅葉イベントで再び新宿御苑とネイキッドのコラボレーションが決定しました。東京を代表する庭園「新宿御苑」は、数少ない都心の紅葉スポット。全長約200mのプラタナス並木と都心随一のモミジスポット・モミジ山、池への反射が絶景の「中の池」など、新宿御苑の紅葉とネイキッドのアート&食が融合した世界を見ることができます。

ピックアップ

ピックアップ