島根県

買い物

コロナウイルスの影響で出荷されず酒蔵に眠る日本酒を CAMPFIRE限定の日本酒に

2021.09.08

日本酒の楽しみ方を発信している日本酒WEBメディアSYULIPと酒蔵(株式会社桑原酒場)との共同プロジェクト。3密を避けながらも楽しめるアクティビティ「キャンプ」専用の日本酒を限定発売し、コロナ禍の日本酒の新しい楽しみ方をお届けします。

■日本酒を飲むことで酒米農家の支援に繋がる

飲食店の休業、時短営業などの影響により出荷量は、コロナ禍以前と比較すると大幅に落ち込みました。日本酒を熟成させるための貯蔵スペースの限界もあり、前年度の製造数量は減産するに至りました。今後も日本酒製造の減産が続きますと、私達にとって大切な米作農家が打撃を受けてしまいます。

今回のプロジェクトを通して酒蔵に眠る日本酒を販売し、貯蔵スペースを確保できれば製造数量を増やすことができるため、米作農家を応援することに繋がります。

■キャンプ専用日本酒の魅力

(1)そのまま飲んでも温めても美味しい
自然の中で楽しむアクティビティ「キャンプ」に適した常温保管でも風味を損なわない日本酒を厳選ブレンド。河原やクーラーボックスで冷やしておいて、冷酒としても楽しめます。もちろん常温として美味しく飲むこともできます。
そのまま飲んでも良し。冷やしても良し。温めても良し。三方よしです。

(2)自然を感じる黄金色の日本酒
日本酒をあえて濾過せず、お米本来の旨味とコクのそのままの味わいを楽しめるお酒。雄大な自然の中で自然そのものの味わいを楽しめるお酒です。

(3)お米とお水で造る「純米酒」
お米とお水から造る純米酒は、お米本来の美味しさを楽しめるお酒です。良い米と良い水、自然の恵みを生かしたお酒造りに力を注いでいます。

(4)清流日本一に輝いた仕込み水
桑原酒場近くを流れる高津川は「清流日本一」に輝いた水質が最も良好な河川として評価されています。その高津川の清らかな伏流水を蔵敷地内の井戸から汲み上げて使用しています

■キャンプ専用日本酒「高津川ラベル」純米吟醸 無濾過原酒

高津川ラベル

■キャンプ専用日本酒「鶴ラベル」純米大吟醸 無濾過原酒

鶴ラベル

新着

新着

注目の記事

北海道

イベント

好評につき今年も開催 湯元啄木亭の「キャンドルナイト」

函館の温泉旅館「湯元啄木亭(ゆもとたくぼくてい)」では函館ゆかりの松岡庭園をそのまま保存した銘庭があり、敷地は約1200坪。この啄木亭の庭園は秋が一番の見頃となっております。
そんな秋の庭園を彩るべく、地元函館のキャンドル作家「710candle(ナナイチマルキャンドル)」の監修の元、タイアップ企画が実現しました。

東京都

芸術

奈良美智・村上隆などラインナップ。大手オークションプラットフォーム・PHILLIPSが好調な2021年春シーズンの活動を報告。

東京都

伝統

芸術

イベント

文化

<小松美羽さん単独インタビュー>新作“NEXT MANDALA〜魂の故郷” に込めた大調和時代へのメッセージとは

昨年25周年を迎えた(株)デジタルガレージは“Whole Earth Catalog”で世界的に知られるStewart Brand(スチュアート・ブランド)氏と“EARTHSHOT”を宣言。〜Whole Earth Catalogから50年、これからの未来・テクノロジーを考える〜をテーマに今年で21回目となるカンファレンス、「THE NEW CONTEXT CONFERENCE」が8月11日に行われ、その様子は日本⇔米国(サンフランシスコ)同時中継にてオンラインで観客に配信された。

イベント当日、現代アーティスト小松美羽さんは高野山別格本山三宝院で制作した”NEXT MANDALA〜魂の故郷”を発表。目入れのライブペイントを行い、”大加速時代から大調和時代へ”とのメッセージを発信し、会場を祈りの空間へと導いた。

ピックアップ

ピックアップ