新感覚のお酒 お米と一緒にりんごとホップを一緒に発酵させた「Ring.Ring.Ring.」haccobaより4月28日発売

2022.05.11

かつて、日本では各家庭で多様な原料をつかった酒づくりを楽しんでいた時代がありました。明治時代に酒づくりが免許制となり、自由な酒づくりが難しくなりました。haccobaは、かつての自由な酒づくりこそが発酵文化の源流であると捉え、ジャンルを超えた酒づくりを追求しています。
「Ring.Ring.Ring.」は、現在アメリカを中心に流行しているりんごのお酒 “ハードサイダー” とクラフトビールの文脈で日本酒を捉え直した、新しい味わいのお酒です。

日本酒とビール、ハードサイダーの垣根を超えた酒づくり

ゴロクヤ市場さん協力のもと、拠点を置く秋田のお米とりんごを使ったお酒をつくりました。ホップのアロマを調和させ、ハードサイダー(りんごのお酒)とエールビールをモチーフに、キレがあり爽やかな香りのお酒に仕上げています。秋田の豊かさが、ぎゅっと詰まった1本です。

>ゴロクヤ市場公式サイト

「Ring.Ring.Ring.」商品概要

価格: 2,420円(税込)
内容量: 500ml
発売日: 2022年4月28日(木)
期間: 売切次第終了

秋田県産の「あきたこまち」とりんごの「ふじ」を一緒のタンクで発酵させることで、日本酒のクリアな酸味とうまみに、りんごのお酒のキレのよさと渋みを調和させました。
また、クラフトビールの技法ドライホップを行うことにより、柑橘系のアロマや草原のような爽やかなニュアンスをお酒にもたらしています。
農業大国、秋田の大地の豊かさを活かしクラフトビールとハードサイダーの掛け算で表現した味わいを、ぜひお楽しみください。

haccoba店頭販売:10時〜17時(月曜休み)
>haccobaオンラインストア
>発酵デパートメント店頭販売
>商品詳細ページ

■「Ring.Ring.Ring.」の楽しみ方
冷蔵庫で冷やして保存してください。飲み頃の温度は13℃付近です。
生ハムのサラダやラザニアなどのイタリアンやクリームチーズとあわせると抜群です。また、フキやアスパラなど、初夏の野菜とも相性が良いです。秋田の調味料、しょっつるを少し濃い目に使った料理もオススメです。

※酵母の活性により、中身が吹き出る可能性があります。ゆっくりと中のガスを抜くように開栓してください。

5月22日(日)、東京・日本橋「おむすびスタンドANDON」にてお披露目イベント開催予定

昼は秋田の若手農家から直接仕入れた「純米あきたこまち」のおむすびが楽しめるおむすびスタンド、夜は秋田の日本酒と食材を使ったおばんざいを楽しめる立ち飲みを中心に、月10本ほど開催されるイベントなども通じて、様々な交流を生み出しています。
今回コラボレーションしたゴロクヤ市場の代表・佐藤飛鳥さんが「1日店主」となり、5月22日(日)のお昼に、お披露目イベントを開催する予定です。
(追加詳細は後日発表予定)

>おむすびスタンドANDON公式サイト

新着

新着

注目の記事

東京都

観光

【星のや東京】江戸時代の芝居茶屋のもてなしを現代に 「新春歌舞伎滞在」開催

東京・大手町の日本旅館「星のや東京」では、2024年1月5日~26日に、1泊2日の滞在プログラム「新春歌舞伎滞在」を今年も開催します。
江戸に暮らす人々にとって新年の楽しみの一つに歌舞伎観賞があり、粋な過ごし方でもありました。その楽しみ方を支えたのが芝居茶屋です。観劇チケットの手配に加え、筋書やお茶、菓子、幕の内弁当、酒肴の提供など、至れり尽くせりのサービスで人々を喜ばせていました(*1)。星のや東京では、当時の芝居茶屋のようなおもてなしで、新年を寿ぐ滞在を提供します。

*1:富澤慶秀・藤田洋監(2012). 『最新歌舞伎大辞典』. 柏書房.

東京都

観光

イベント

【新宿御苑×ネイキッド】NAKED紅葉の新宿御苑2023開催決定

2023年11月22日(水)〜12月3日(日)の期間、新宿御苑にて紅葉のライトアップイベントが開催されます。今春の桜イベントに続き、今秋は紅葉イベントで再び新宿御苑とネイキッドのコラボレーションが決定しました。東京を代表する庭園「新宿御苑」は、数少ない都心の紅葉スポット。全長約200mのプラタナス並木と都心随一のモミジスポット・モミジ山、池への反射が絶景の「中の池」など、新宿御苑の紅葉とネイキッドのアート&食が融合した世界を見ることができます。

ピックアップ

ピックアップ