世界最高峰のバーテンダーが贈る、”サステイナブル”な桜カクテルがついに登場!

2020.03.26

ホテルニューオータニ(東京)のメインバー「Bar Capri(バー カプリ)」では、2020年4月28日(火)までの期間、世界最大級のバーテンダーコンペティション「ワールドクラス2019 グローバルファイナル」にて世界第5位に輝いたバーテンダー吉田宏樹が同大会ジョニーウォーカー部門優勝を勝ち取ったカクテル『Sakura Fizz』を提供いたします。

■「部門優勝」を獲得した”サステイナブル”な桜カクテルと共に、春の訪れを感じて

ワールドクラス2019 グローバルファイナル

カクテル『Sakura Fizz』は、ホテルニューオータニ「Bar Capri」のバーテンダー吉田宏樹が2019年9月にスコットランドにて行われた世界最大級のバーテンダーコンペティション「ワールドクラス グローバルファイナル2019」のジョニーウォーカー部門優勝を勝ち取った際、実際に製作したカクテル。“花見で皆と乾杯できるカクテル”をコンセプトに、本来であれば捨ててしまう部分であるオレンジの皮をレシピの一部に使用し、食品廃棄物を有効な資源として活用するだけでなく、「花見のシーンでも繰り返し使用可能で環境に良い竹のタンブラーが定着してほしい」というメッセージが込められています。

ベースはスコッチウィスキーのジョニーウォーカーブラック。フルーティーなテイストをしっかりと引き出し、自家製の桜シロップや紫蘇を使用し、桜の味わいを際立せます。オレンジの皮を砂糖に漬け込むことで得られるオイル「オレオサッカラム」や数種類のフラワーウォーター、レモンジュースなどを加え、複雑な香りを持ちながらも爽やかなフィズに仕上げました。

■世界最大級のバーテンダーコンペティション「ワールドクラス」

「最⾼の顧客体験を、バーテンダーの皆さまと共に創り続けること」をコンセプトとした、英国ディアジオ社が主催する世界最大級のバーテンダーコンペティション『ワールドクラス』。11年目を迎えた昨年、55ヶ国から総勢1万人以上のバーテンダーがエントリーし、各国・各地域で実施された予選大会を突破した55人のバーテンダーが6種類のチャレンジ(競技)で競うグローバルファイナルがスコットランド・グラスゴーで開催されました。

【吉田 宏樹(よしだ ひろき)プロフィール】
一般社団法人 日本ホテルバーメンズ協会認定シニアバーテンダー
2009年 ホテルニューオータニ 入社 Bar Capri所属
2017年 NPO法人カクテルコミュニケーションソサエティ【CCS】カクテルアーティスト
★カクテルコンペティション受賞歴
2010年 ポートワインオリジナルカクテルコンペティション(最優秀賞)
2011年 ハッピーアペリティフ・カクテルコンペティション(準グランプリ)
2012年 ヨコハマインターナショナルカクテルコンペティション(銀賞)
2015年 第3回HBA/国分㈱共催カクテルコンペティション(ジャカール部門優勝)
2015年 シーバスマスターズ・カクテルコンペティション(ジャパンファイナリスト)
2016年 第30回H.B.A. CLASSIC創作カクテルコンペティション チャンピオンシップ( 総合優勝 グランプリ 観光庁長官賞)
2018年 ディアジオワールドクラス2018 ジャパンTOP10
2019年 ディアジオワールドクラス2019 ジャパンチャンピオン
2019年 ディアジオワールドクラス2019 グローバル第5位(ジョニーウォーカー部門優勝)

■『Sakura Fizz』販売概要

ホテルニューオータニ(東京)
バー カプリ『Sakura Fizz』

販売期間: 2020年4月28日(火)まで
提供時間: 13:00~1:00
料金: ¥2,200 ※税金・サービス料別
店舗: ホテルニューオータニ(東京)「Bar Capri」東京都千代田区紀尾井町4-1 ザ・メイン ロビィ階
ご予約・お問合せ: Tel.03-3238-0035(直通)

>Sakura Fizz 公式サイト

新着

新着

注目の記事

北海道

イベント

好評につき今年も開催 湯元啄木亭の「キャンドルナイト」

函館の温泉旅館「湯元啄木亭(ゆもとたくぼくてい)」では函館ゆかりの松岡庭園をそのまま保存した銘庭があり、敷地は約1200坪。この啄木亭の庭園は秋が一番の見頃となっております。
そんな秋の庭園を彩るべく、地元函館のキャンドル作家「710candle(ナナイチマルキャンドル)」の監修の元、タイアップ企画が実現しました。

東京都

芸術

奈良美智・村上隆などラインナップ。大手オークションプラットフォーム・PHILLIPSが好調な2021年春シーズンの活動を報告。

東京都

伝統

芸術

イベント

文化

<小松美羽さん単独インタビュー>新作“NEXT MANDALA〜魂の故郷” に込めた大調和時代へのメッセージとは

昨年25周年を迎えた(株)デジタルガレージは“Whole Earth Catalog”で世界的に知られるStewart Brand(スチュアート・ブランド)氏と“EARTHSHOT”を宣言。〜Whole Earth Catalogから50年、これからの未来・テクノロジーを考える〜をテーマに今年で21回目となるカンファレンス、「THE NEW CONTEXT CONFERENCE」が8月11日に行われ、その様子は日本⇔米国(サンフランシスコ)同時中継にてオンラインで観客に配信された。

イベント当日、現代アーティスト小松美羽さんは高野山別格本山三宝院で制作した”NEXT MANDALA〜魂の故郷”を発表。目入れのライブペイントを行い、”大加速時代から大調和時代へ”とのメッセージを発信し、会場を祈りの空間へと導いた。

ピックアップ

ピックアップ