東京都

食べ物

日々の”おうちごはん”を、もっとおいしく、もっと手軽に。体にやさしいトッピング調味料『初摘み海苔のうまみフレーク』を販売開始。

2020.12.24

厳選した九州の食材を使い、ぬま田海苔4代目がプロの料理家と共同開発したトッピング調味料。自然由来のやさしい味わいと濃厚なうまみでどんな料理も手軽にアレンジできるオリジナル製品です。

​創業83年の初摘み海苔専門店『ぬま田海苔』は、簡単なひと手間でいつものレシピを奥ゆきのある味わいにアレンジできるトッピング調味料、『初摘み海苔のうまみフレーク』の販売を開始いたします。素材には、当店が販売している、その年の最初の漁で採れる有明海産の希少な「初摘み(はつづみ)」海苔をメインで使用。

おなじく九州産の花がつおや干しエノキ、粗塩を掛け合わせた、自然由来の濃厚なうまみが特徴です。ご飯や汁物にまぶしたり、パスタやサラダに混ぜ込んだりと、いつものレシピを簡単なひと手間で奥ゆきのある味わいにアレンジできる、ブランド初のオリジナル製品です。

ぬま田海苔が考える、現代に必要な食のライフスタイル

初摘み海苔専門ブランド《ぬま田海苔》は、合羽橋に本店を構え、お客様との会話を通して日々おすすめの海苔をご提案しています。しかし、新型コロナウイルス感染拡大の影響が続く昨今では浅草や合羽橋の街からも人通りが減り、かつての活気ある雰囲気が薄まってしまいました。

そんな中でお店にいらしてくださるお客様から日々いただくのは「こんな情勢だからこそ、自宅でも本当においしいものが食べたい。だからぬま田海苔の海苔を買いに来た。」というありがたいお言葉。一方で、自宅で食事をとる機会の増加により、献立を考えて料理を作ることを日々くりかえす、自炊へのストレスがあるのも再認識しました。

そこで、現代における食のライフスタイルに合わせてご提案したいのが、この『初摘み海苔のうまみフレーク』です。和洋中など食のカテゴリを選ばず、手料理や既製品に一振りするだけでやさしいうまみをプラスできます。栄養価が高く風味豊かな有明海産の初摘み海苔にくわえ、おなじく九州産の花がつお、干しエノキ、粗塩をブレンドし、ほっと一息つけるような温かみのあるおいしさを目指して開発しました。

心身共にご自身を労りながら、毎日の食事をもっとおいしく、そしてもっと手軽に楽しむ。そんな、いまの時代に必要とされる食のライフスタイルを、この『うまみフレーク』からご提案します。

沼田晶一朗 / 世界初の初摘み海苔専門店『ぬま田海苔』4代目当主。うまみ探究家。日本が誇る和食材がいつか世界中の食卓に並ぶことを目指し、日々研究中。アパレルで17年勤めた後、家業を後継。海苔や合羽橋についてnoteも執筆中。
>沼田晶一朗/noteリンク

自然由来のうまみを軸に、九州産の食材を厳選

フードデザイナー・蓮池洋子氏と開発した『うまみフレーク』は、試作段階で候補に上がった50種類以上の食材の中から4種類に厳選。様々な組み合わせと味のバランスをひとつひとつ丁寧に試しながら、初摘み海苔の最大の特徴である「うまみ」と「風味」が引き立つバランスを追求しました。海苔を含むすべての食材は、自然豊かな九州産のもの。山、川、海が醸成した芳醇なうまみを味わえます。

・有明海産 初摘み海苔
ぬま田海苔が取り扱う、厳選した初摘み海苔を使用。サクサクの歯切れとやわらかな口どけが特徴で、豊潤な香りとうまみが『うまみフレーク』のベースの味わいに。粗めにカットされているため、いっそう香りとうまみの強さを感じることができます。

・鹿児島県枕崎産 本枯節(ほんがれぶし)花がつお
網漁ではなく、1尾ずつ竿で釣る漁法「近海一本釣り」で取れた鮮度の高い貴重な鰹を使用。水分を抜くための工程「カビ付け」を3回以上踏み、手間ひまかけて熟成させています。ふわっとした香りが食欲をさそい、脂の乗ったコクがうまみ成分であるイノシン酸やアミノ酸ををより強く感じさせてくれます。

・宮崎県小林産 干しエノキ
環境省が認定した保全状況が良好な「名水100選」の一つである宮崎県小林市の自然水を使い、時間をかけてじっくり熟成させたおがくずで栽培されたエノキを使用。乾燥によってさらにうまみが増し、繊維を感じる食感がアクセントになります。

・長崎県新上五島町産 粗塩
五島列島の栄養豊かな海水を煮詰め、最初に浮かぶ塩の結晶のみを使用した、最も甘く苦みのない希少な「一番塩」を使用。しっかりとした歯ごたえと独特の深みがある味わいで、うまみフレークの味を引き締める役割を果たしています。

日々の食卓で使い勝手のよい、フレーク状のトッピング調味料

『うまみフレーク』は、様々な料理にうまみをプラスし、優しいながらも奥ゆきを感じる味わいに仕上げます。
シンプルに白米やおかゆ、汁物にふりかけるのはもちろん、ポテトサラダやパスタ、卵焼きなどに混ぜ込んで調理してもおいしく召し上がれます。

炊きたての白米に一振りすれば、優しい味わいのふりかけ代わりに。

うまみフレークと梅干しを椀に入れてお湯を注ぐだけで、胃にも優しい海苔汁に。

和食だけでなく、パスタなどの洋食にも好相性。ボンゴレなどに混ぜ込むと、貝のうまみも引き立ち、より濃厚な味わいに。クリーム系のパスタに使えば、味に立体感が生まれます。

食パンにバターをたっぷり塗った上に一振りまぶしてトーストすると、コクにうまみが溶け込んで一層豊かな味わいに。

溶いた卵に混ぜこめば、それだけで出汁巻きが完成。

食卓になじむ、温かみのあるパッケージ

「普段の食事で、お好みの使い方で気軽に使っていただきたい」と想いを込めて、温かみのあるお料理のイラストを入れ、そのまま食卓に出しても違和感のないパッケージを目指しました。イラストは『うまみフレーク』を使った調理例を表現しており、おにぎり・ボンゴレ・親子丼・サラダ・トーストが描かれています。シンプルながらも目を引くデザインは、ご家族やご友人へのちょっとしたギフトにも最適です。

商品情報

《初摘み海苔のうまみフレーク》

価格 : ¥920(税抜)
>商品詳細ページ

商品ラインナップ

『うまみフレーク』の販売にあわせ、手みやげや季節の贈答品に適した3種類の詰め合わせをご用意しました。

《初摘み◯全種詰め合わせ》
ぬま田海苔で取り扱うすべてのバリエーションの海苔を詰め合わせました。サイズも様々なので、召し上がり方にも幅が広がるセットです。

[セット内容]
・全型サイズ (5枚入) 1袋
・全形サイズ (10枚入) 2袋
・おむすび海苔 (3切 12枚入) 1袋
・きざみ (幅3mm 15g入) 1袋
・8切り(8枚入り) 4袋
・うまみフレーク 1袋
価格 : ¥10,000
>商品詳細ページ

《うまみと海苔の4種詰め合わせ》
白いご飯に併せやすいバリエーションをセレクト。おいしい海苔と米をシンプルに楽しみたい方におすすめです。

[セット内容]
・全形サイズ (10枚入) 1袋
・おむすび海苔 (3切 12枚入) 1袋
・8切り(32枚入り) 1袋
・うまみフレーク 1袋
価格 : ¥5,000
>商品詳細ページ

《うまみと海苔の3種詰め合わせ》
特に使い勝手のいいカット海苔を中心にセレクトした詰め合わせです。初摘み海苔を初めて味わう方にお薦めしたい、普段の食事に気軽に使えるサイズをセットにしました。

[セット内容]
・おむすび海苔 (3切 12枚入) 1袋
・8つ切り(32枚入り) 1袋
・うまみフレーク 1袋
価格 : ¥3,000
>商品詳細ページ

ぬま田海苔 合羽橋本店
合羽橋本店では、ご来店のお客様に初摘み海苔の食べくらべを提案しております。食べくらべを通して、初摘み海苔の美味しさや漁場ごとの味の違いを実感していただき、お客様の好みに合った海苔を見つける体験を提供いたします。

所在地: 東京都台東区西浅草3丁目7−2
営業日: 全日(年末年始は12/31まで営業。1/1〜1/3は休業となります。)
営業時間: 11:00〜17:00
電話: 050-1749-7009

>ぬま田海苔公式ほームページ

新着

新着

注目の記事

沖縄県

観光

文化

うちなー滞在記vol.5「琉球時代へタイムスリップ~難攻不落の秘密と祭司ノロ・後編~」

沖縄本島の人たちが「宮古島」の方言を聞いたとき、「何を言っているのかわからない」という話をよく聞きます。

その島その地域で、独自の言葉や風習が残っている。「うちなーぐち(沖縄方言)」とひとくくりには出来ない、そんなところも沖縄の魅力のひとつではないでしょうか。

しかし、このような「多様」な言葉・文化・風習が残っていられるのは何故なんでしょうか?理由は様々ありそうですが、私はうちなーんちゅ(沖縄の人たち)からこんなことを感じることがあります。

・人は人、自分は自分

・自分が大事にしているものがあるように、他の人にも大事にしていることがある

多様な文化との交流によりつちかわれた、うちなーんちゅならではの感性かもしれません。

さて、今回は世界遺産「勝連城(かつれんじょう・かつれんぐすく)跡」の後編です。勝連の繁栄と石階段の秘密、そして沖縄においての「民間信仰」について、勝連城と共に見ていきたいと思います。

島根県

伝統

芸術

文化

<小松美羽さん単独インタビュー> -Part2- アーティスト小松美羽に迫る。新風土記・第二弾の制作。そして創作の原点に在る”祈り”。

島根県

伝統

芸術

観光

文化

<小松美羽さん単独インタビュー> -Part1- 小松美羽さんと巡る出雲の旅

世界を舞台に活躍する現代アーティスト小松美羽さんの単独インタビュー第一弾。
アナザースカイ(日テレ系)が2週連続で5/27(伊勢篇)、6/3(出雲篇)の放映が決定した小松さん。

番組では2014年に”新風土記”を奉納した出雲へ訪れ、「新風土記の第二弾」を制作し番組内で初公開されます。

常に未来へ進み続ける小松美羽さん。そんな彼女に、この度HYAKKEIの単独インタビューに応えて頂く事が出来ました。”光の柱”の出現を体験し作品に大きな影響を与えたという出雲大社との深い関わりや、出雲の地での新作アートの制作、制作の中心にある祈りの原点に迫ります。

インタビューPart1ではアナザースカイでの撮影風景を元に、”小松美羽さんと巡る出雲大社”をお届けします。出雲の地への親愛の念溢れる小松さん。自然体で語っていただきました。

写真:神庭 恵子 / インタビュー・文:菊地 伸(HYAKKEI)


今回のアナザースカイのハイライトは、2014年に新風土記を制作した際と同じ古民家で制作した、初公開となる絵画作品。この作品についてはインタビューPart2で詳しくお伝えします。

< 小松美羽プロフィール >

1984年長野県生まれ。女子美術大学短期大学部在学中に銅版画の制作を開始。近年ではアクリル画、立体作品などに制作領域を拡大し、力強い表現力で神獣をテーマとした作品を発表。

2015年、ロンドンで開催されたチェルシー・フラワーショーへ有田焼の作品を出品し、受賞作が大英博物館へ収蔵されるという快挙を成し遂げる。その後、台湾、香港、日本での個展において動員数、売上とも記録を塗り替える。

HTCとのコラボによるVR作品『INORI~祈祷~』が第76回ヴェネツィア国際映画祭VR部門、イギリスのレインダンス映画祭にノミネートされる。2020年、日本テレビ系「24時間テレビ」のチャリTシャツのデザインを担当など、国内外で大きな注目を集めている。

小松美羽 Miwa Komatsu | オフィシャルサイト

『アナザースカイ』
日本テレビ
5月27日(木) 伊勢編 24:59~25:39
6月3日(木) 出雲編 25:09~25:39

アナザースカイ 番組公式サイト
https://www.ntv.co.jp/anothersky2/

ピックアップ

ピックアップ