京都府

飲食店

<桜満開の5日間限定>京都を代表する桜の名所で春の食材を堪能できるランチ

2021.03.21

昨年に引き続きコロナの影響によって、桜にまつわるイベントの中止や名所への入場制限が行われており、大切な方と春ならではの季節感を楽しむ機会が失われています。そんな大切な方との時間をお過ごしいただくのために、春の訪れを五感で楽しめる、花見を楽しみながら茶懐石の心を受け継ぐ和洋のお料理を安心・安全に配慮したお席をご用意しました。
京都を代表する紅枝垂の名所として名高い桜が咲く、国指定名勝庭園「神苑」の眺めと共に、春の食材をふんだんに使った和洋折衷コースをゆっくりとご堪能ください。

【営業日】※3日前までに要予約
・4月1日(木) 11:30/12:30または13:30/14:00(15:30クローズ)
・4月2日(金) 11:30/12:30または13:30/14:00(15:30クローズ)
・4月3日(土) 11:30/12:30または13:30/14:00(15:30クローズ)
・4月7日(水) 11:30/12:30または13:30/14:00(15:30クローズ)
・4月9日(金) 11:30/12:30または13:30/14:00(15:30クローズ)

【コース料金】メニューは仕入状況等により変更となる場合がございます。
お一人様 6,050円(税込)
お一人様 8,470円(税込)

>詳細はこちらをご覧ください

ランチメニュー一例

平安神宮会館について

京都の三大祭りである時代祭りが執り行われる平安神宮は、1895年(明治28年)に建立された京都随一の神宮。多くの重要文化財、登録有形文化財を持ち、境内にある平安神宮神苑は国指定名勝。「平安神宮会館」は神苑を借景に、平安神宮御鎮座70年並孝明天皇100年祭を記念して境内に建てられました。ラウンジではアフタヌーンティーが楽しめ、2つのバンケットスペースではパーティや披露宴を承っています。
>平安神宮館公式サイト

新着

新着

注目の記事

東京都

観光

【星のや東京】江戸時代の芝居茶屋のもてなしを現代に 「新春歌舞伎滞在」開催

東京・大手町の日本旅館「星のや東京」では、2024年1月5日~26日に、1泊2日の滞在プログラム「新春歌舞伎滞在」を今年も開催します。
江戸に暮らす人々にとって新年の楽しみの一つに歌舞伎観賞があり、粋な過ごし方でもありました。その楽しみ方を支えたのが芝居茶屋です。観劇チケットの手配に加え、筋書やお茶、菓子、幕の内弁当、酒肴の提供など、至れり尽くせりのサービスで人々を喜ばせていました(*1)。星のや東京では、当時の芝居茶屋のようなおもてなしで、新年を寿ぐ滞在を提供します。

*1:富澤慶秀・藤田洋監(2012). 『最新歌舞伎大辞典』. 柏書房.

東京都

観光

イベント

【新宿御苑×ネイキッド】NAKED紅葉の新宿御苑2023開催決定

2023年11月22日(水)〜12月3日(日)の期間、新宿御苑にて紅葉のライトアップイベントが開催されます。今春の桜イベントに続き、今秋は紅葉イベントで再び新宿御苑とネイキッドのコラボレーションが決定しました。東京を代表する庭園「新宿御苑」は、数少ない都心の紅葉スポット。全長約200mのプラタナス並木と都心随一のモミジスポット・モミジ山、池への反射が絶景の「中の池」など、新宿御苑の紅葉とネイキッドのアート&食が融合した世界を見ることができます。

ピックアップ

ピックアップ