埼玉県

観光

秩父鉄道「SLパレオエクスプレス」2021年2月に運行開始! ~事前予約で希望席を選択できる 「秩父鉄道SL予約システム」サービスが利用可能~

2020.12.25

秩父鉄道株式会社では、2021年2月からSLパレオエクスプレスの運行を開始いたします。全車指定席として運行し、事前予約の際にご自身で希望席を選択できる「秩父鉄道SL予約システム」サービスをご利用いただけます。

2021年「SLパレオエクスプレス」運行について

運行期間: 2021年2月13日(土)~12月5日(日)の土日祝日を中心に計105日間
運行区間: 秩父鉄道熊谷駅~三峰口駅間 1日一往復(全車指定席)
乗車方法: 乗車区間分の普通乗車券のほかに「SL指定席券740円」が別途必要
予約方法: 「秩父鉄道SL予約システム」から事前予約
(運行日の1ヶ月前~出発30分前まで)
※2月13日、2月14日運行分は1月15日(金)10:00から受付開始
※各日満席になり次第予約受付終了
お問い合わせ: 秩父鉄道株式会社 運輸課 048-580-6363(9:00~17:00)
※SL団体利用(15名様以上)に関するお問合せは、
秩父鉄道SL団体係 048-523-3317(平日9:00~17:00)

SLパレオエクスプレスをけん引する蒸気機関車「C58363号機」の全般検査に伴い2020年のSL運行がなかったため、約1年2ヶ月ぶりのSL運行となります。

転車台公園
転車台公園

終点三峰口駅「SL転車台公園」では、蒸気機関車の向きを回転させる転車作業を見学できます。

<SLパレオエクスプレス>
C58363(シゴハチ サンロクサン)号機は、1944年2月19日川崎車両で製造された蒸気機関車で、現役時代は東北を中心に活躍しました。

1972年に現役引退後は、吹上町立吹上小学校(現在の鴻巣市吹上小学校)の校庭で余生を送っていましたが、1988年3月開催のさいたま博覧会にあわせて「SL運行を!」の声があがり、その大役にC58363が抜擢されました。引退から約15年間を経て秩父路を走る「SLパレオエクスプレス」として復活し、秩父路観光になくてはならない蒸気機関車として活躍中です。

新着

新着

注目の記事

東京都

芸術

奈良美智・村上隆などラインナップ。大手オークションプラットフォーム・PHILLIPSが好調な2021年春シーズンの活動を報告。

東京都

伝統

芸術

イベント

文化

<小松美羽さん単独インタビュー>新作“NEXT MANDALA〜魂の故郷” に込めた大調和時代へのメッセージとは

昨年25周年を迎えた(株)デジタルガレージは“Whole Earth Catalog”で世界的に知られるStewart Brand(スチュアート・ブランド)氏と“EARTHSHOT”を宣言。〜Whole Earth Catalogから50年、これからの未来・テクノロジーを考える〜をテーマに今年で21回目となるカンファレンス、「THE NEW CONTEXT CONFERENCE」が8月11日に行われ、その様子は日本⇔米国(サンフランシスコ)同時中継にてオンラインで観客に配信された。

イベント当日、現代アーティスト小松美羽さんは高野山別格本山三宝院で制作した”NEXT MANDALA〜魂の故郷”を発表。目入れのライブペイントを行い、”大加速時代から大調和時代へ”とのメッセージを発信し、会場を祈りの空間へと導いた。

ピックアップ

ピックアップ