東郷記念館の桜 東京都渋谷区 - 桜百景 –

2020.03.30

東郷記念館へのアクセスはJR原宿から徒歩5分ほど。普段は通り過ぎてしまいそうな交差点を左に入ると、鳥居が見えてきます。

ここには、背後の原宿の賑わいからは想像もつかないほど落ち着いた、静寂の時間が流れています。

知る人ぞ知る原宿の穴場スポット

ビルに囲まれた敷地には見上げる様なソメイヨシノの大桜が。程よい広さの庭園には池があり桜の他にも様々な草花が植えられています。

橋から圧巻の大桜を眺めてみよう

庭園の池にかけられた橋から見る大桜はまさに圧巻の一言。ひととき都会の真ん中にいることを忘れ、この景色を楽しみましょう。
周囲の道路から程よく距離が取られているため、驚くほど静かです。

池に舞い落ちる桜の花びらも一興

庭園の池には一面の桜の花びらが。色とりどりの錦鯉も泳いでおり、優雅な時間を楽しむことができます。

東郷記念館の桜
東郷記念館庭園の錦鯉

東郷記念館は休日でも比較的人の往来は多くありません。人混みに少し疲れたら、ここで一息つくのもいいかもしれません。お隣の東郷神社にもぜひ足を運んでみてください。

新着

新着

注目の記事

北海道

イベント

好評につき今年も開催 湯元啄木亭の「キャンドルナイト」

函館の温泉旅館「湯元啄木亭(ゆもとたくぼくてい)」では函館ゆかりの松岡庭園をそのまま保存した銘庭があり、敷地は約1200坪。この啄木亭の庭園は秋が一番の見頃となっております。
そんな秋の庭園を彩るべく、地元函館のキャンドル作家「710candle(ナナイチマルキャンドル)」の監修の元、タイアップ企画が実現しました。

東京都

芸術

奈良美智・村上隆などラインナップ。大手オークションプラットフォーム・PHILLIPSが好調な2021年春シーズンの活動を報告。

東京都

伝統

芸術

イベント

文化

<小松美羽さん単独インタビュー>新作“NEXT MANDALA〜魂の故郷” に込めた大調和時代へのメッセージとは

昨年25周年を迎えた(株)デジタルガレージは“Whole Earth Catalog”で世界的に知られるStewart Brand(スチュアート・ブランド)氏と“EARTHSHOT”を宣言。〜Whole Earth Catalogから50年、これからの未来・テクノロジーを考える〜をテーマに今年で21回目となるカンファレンス、「THE NEW CONTEXT CONFERENCE」が8月11日に行われ、その様子は日本⇔米国(サンフランシスコ)同時中継にてオンラインで観客に配信された。

イベント当日、現代アーティスト小松美羽さんは高野山別格本山三宝院で制作した”NEXT MANDALA〜魂の故郷”を発表。目入れのライブペイントを行い、”大加速時代から大調和時代へ”とのメッセージを発信し、会場を祈りの空間へと導いた。

ピックアップ

ピックアップ