天文のまちから宇宙をテーマとしたオーガニックな日本酒が発売

2022.01.22

自社栽培のお米を使った日本酒を作り続けている丸本酒造から、天文のまちから送るお酒として「竹林 ブラックホール」「竹林 ホワイトホール」が発売されました。

天文のまちで丹精込めた作られたお米を使用した有機日本酒

蔵人が育てる山田錦を100%使用した日本酒シリーズである丸本酒造の代表銘柄「竹林」は16ヘクタール(東京ドーム4つほど)ほどの田んぼで徹底的な土壌分析を行って育てられた山田錦を使ったブランドです。
銘柄「竹林」の名前は蔵の背後にそびえる竹林寺山に由来してします。
その山の頂上には国内最大の国立天文台があり、天文台や蔵、田んぼのある岡山県浅口市は「天文のまち」として、地域活性化に勤しんでいます。
二つの対となる天体「ブラックホール」「ホワイトホール」をモチーフにしたこのお酒は、同じようで異なる味わに仕上がっており、ブラックは爽やかな酸味、ホワイトは優しい甘さと程よいキレが特徴です。

名称: 竹林 ブラックホール/ホワイトホール
価格: 2750円(税込) 数量限定酒
容量: 720ml
保存温度: 常温

>オンラインストアはこちら

「天文のまち」岡山県浅口市

浅口市の条例には
「浅口市日本一の天体観測適地を守る条例」
があり、晴天率が高く大気が安定していることで、天体観測適地となったこの街を市全体で、光害から守っていこうという活動です。それほどまでに天候に恵まれ、星が綺麗な土地となっています。

丸本酒造の取り組み

今から30年以上前より自社によるお米(山田錦)の栽培を始めた丸本酒造は今なお、米作りを続けています。酒造りをしない農家のお米ではなく、酒造りをする酒蔵のお米で納得のいくお酒を目指しています。

>丸本酒造公式ホームページ

新着

新着

注目の記事

京都府

観光

【鈴木敏夫とジブリ展】ここにくれば、ジブリがもう一度見たくなる 京都と東京で開催

高畑勲、宮﨑駿両監督と共に、数々の名作を世に送り出してきたスタジオジブリ・プロデューサー、鈴木敏夫。幼少の頃から現在に至るまでの足跡を、8,800冊の書籍や映画と共に振り返ります。書籍から紐解く、スタジオジブリ誕生のひみつを2022年4月23日(土)から京都文化博物館にてのぞいてみてください。

ピックアップ

ピックアップ