滋賀県

芸術

「Human and Animal 土に吹き込まれた命 21世紀陶芸の最先端」動物をテーマにした作品を展示

2021.06.28

近年ますますアートとデザイン、陶芸と彫刻といった領域の境界線が曖昧さを増してきています。この展覧会では、土と対話しながら生み出される土のアートの最先端を、日本やアメリカ、ヨーロッパの、今、注目される5人のアーティストたちによる人や動物をテーマにした作品を通して紹介します。

Human and Animal 土に吹き込まれた命-21世紀陶芸の最先端

会期: Part 1 子どもたちとともに/2021年6月29日(火)~9月5日(日)
Part 2 アーティストたちに迫る/2021年9月18日(土)~12月19日(日)
会場: 滋賀県立陶芸の森陶芸館展示室1、2
休館日: 月曜日(8月9日、9月20日は開館し、翌日に振替休館)
入場料: 一般750円(600円)、高大生560円(450円)、中学生以下無料
*( )内は20人以上の団体料金、ネット割引券利用で10%OFF

会期中に様々なイベントも企画しています。詳細は下記リンクを参照ください。
>滋賀県立陶芸の森公式ウェブページ

ステファニー・クエール(イギリス)「Orangutan」2016年 作家蔵

土の特性をいかしたアーティストたちの個性豊かな作品ばかりです。コーナー毎にあるゴリラ研究の第一人者の山極氏による文章が、動物の世界へ誘います。子どもも大人も楽しめる展覧会です。

スーザン・ホールズ(イギリス) 「ラビット・ファミリー」 2019-2020年 作家蔵

<出品作家>
ベス・カヴェナー Beth Cavener(1972-、アメリカ)
日本初公開のベス・カヴェナーの作品。迫力の目力で見るものを圧倒させる。カヴェナーは、社会の中で気詰まりを感じる人間の心理を、動物の中に表現する。

ステファニー・クエール Stephanie Quayle(1982-、イギリス)
動物たちの仕草を、生き生きと土で表現している。クエールは、動物たちと向き合い野生に触れながら作品を制作する。

奈良美智 Yoshitomo Nara(1959-、日本)
「誰もいない土曜日の創作室(あなたはいるけど)」と名付けられたどこか懐かしい空間に、陶芸作品につながるドローイングや新作を加えた陶芸作品が並ぶ。これまでの10年余りの間に制作された奈良の陶芸作品に出合える機会は数少ない。

スーザン・ホールズ Susan Halls(1966-、イギリス)
うつわを制作するように、内側からふくらませて動物をつくりあげる。イギリス陶芸の中で動物を作り続けた異色の存在。1990年代の代表作と近年の作品を展示。

キム・シモンソン Kim Simonsson(1974-、フィンランド)
人間や動物の造形を通して、社会のタブーと日本の“かわいい”に象徴されるポップカルチャーを結びつけた独特の世界をつくり出す。初期作から、近年の鮮やかな緑色のモス・シリーズまでを紹介。

奈良作品の展示コーナー「誰もいない土曜日の創作室(あなたはいるけど)」Photo:Shunsuke kato(NOTA&design) cYoshitomo Nara
キム・シモンソン(フィンランド)「モス・プリンセス」2018年 作家蔵
スーザン・ホールズ(イギリス)「シマウマ」1993年 滋賀県立陶芸の森陶芸館蔵

あなたにオススメ

新着

新着

注目の記事

沖縄県

観光

文化

うちなー滞在記vol.9「ぬちまーすの秘密を探る~海中道路とサトウキビ畑・後編~」

沖縄には多くの人を魅了する何かがあります。

美しい海、温暖な気候、独自の歴史や文化や風習、言葉、建物、三線の音色や音楽、食べ物、うちなーんちゅ(沖縄の人)の人柄、、といったひとつひとつにではなく、それらが混ざりあった「沖縄」という存在に人は惹かれるのでしょう。

しかし一方で、沖縄には「ない」ものもあります。私は東北出身ですが、うちなーんちゅに羨ましがられることもあります。

初めてそれを経験したのが「土手」でした。

理解できずにいると、「沖縄には大きな河川がない」と説明をしてくれました。その堤防としての土手がとても珍しく、憧れの風景だったそうです。

大きな山も雪景色も沖縄では見ることができません。凍えるような寒さも沖縄では体験できないでしょう。お米や食べ物も東北の方が美味しいと言って頂けることがあります。

故郷を離れて故郷を知りました。住む時間が長くなると、その土地の良さが分からなくなってしまうことってありますよね。

旅が好きな人は、いわば “自分が住んでいる場所のアイデンティティ” を求めて旅をしているのかも知れません。

さて今回は、いよいよ「ぬちまーすの秘密」に迫りたいと思います。ぬちまーす工場の近くの思いがけない絶景やパワースポットも併せてご紹介いたします。

千葉県

飲食店

イベント

国内最大級アウトレットで台湾祭「台湾祭in千葉KISARAZU 2021」

台湾に訪れたことのない人も、何度も行っている人も、台湾へ行けない今、美食グルメを楽しんでいただけるイベント『台湾祭in 千葉 KISARAZU』が2021年10月23日(土)~11月7日(日)開催されます。カラフルなランタンで装飾された会場で、台湾各地の本格「夜市グルメ」の数々を台湾現地の空気を感じさせる飲食スペースでお楽しみください。

富山県

飲食店

”飲むわらびもち”の「とろり天使のわらびもち」が富山駅前にオープン

「とろとろ食感」の「生わらびもち」が看板商品の和菓子店「とろり天使のわらびもち」は、関西を中心に東京や九州に出店している人気店です。この度、初のとなる富山店が2021年10月9日(土)にオープンしました。カップの底にわらびもちを入れたドリンクに、生クリームをトッピングした“映える”見た目と新食感が話題となっているドリンクです。

長野県

観光

白馬岩岳スノーフィールド 2021-2022ウィンターシーズン期間の販売を開始

株式会社岩岳リゾートは2021年10月1日より2021-2022ウィンターシーズンのシーズン券の販売を開始しました。ウィンターシーズンに向けて降雪機の増設やパウダーエリアの拡充、キッズゲレンデの新設など、ゲレンデの魅力を強化しています。また、ティーラテと焼き立てスコーンの専門店「CHAVATY HAKUBA(チャバティ白馬)」の冬季営業を開始します。

東京都

買い物

連日完売「魔法の琥珀糖」が再出店  新宿マルイ 本館8Fで10月1日より

美しい鉱物のような見た目から「食べられる宝石」とも呼ばれています。硬そうな外見とは裏腹に「外側はシャリっと、中はプルプル」と、新食感に驚かれる方も多い和菓子の琥珀糖。2021年8月に期間限定ショップをオープンしましたが連日完売となった「魔法の琥珀糖」が新宿マルイ本館8Fで10月1日より再登場します。

ピックアップ

ピックアップ