Mouth and Foot Painting Artists ミュージアム開催  国内外の口と足で描く画家たちが描いた364点の絵画!

2020.05.05

口と足で描く芸術家協会は、2012年から多くの皆様に障がい画家たちの絵をご覧いただきたく、ネット絵画展「Mouth and Foot Painting Artists ミュージアム」を開催してまいりました。また、今春で8回目となるネット絵画展、「SPORT & PEACE スポーツと平和に想いをこめて」の開催をお知らせいたします。

■口と足で描く芸術家協会について

口と足で描く芸術家協会は、両手が使えず口や足で絵を描く画家たちのグループです。1956年にヨーロッパで始まり、現在、世界72の国と地域で活動を拡げています。日本でも1961年から59年にわたり活動を続けています。画家たちは、病気や事故など様々な理由のため芸術を志す者にとって大切な手を奪われています。しかし、自立を目指して口や足に筆をとり、絵を描き続けています。

■ネット絵画展「Mouth and Foot Painting Artists ミュージアム」について

ネット絵画展は、多くの方々に口や足で描く画家たちの絵を、自由に気軽にご覧いただける新しい機会を持っていただけるよう、2012年にスタートしました。国内外で活躍する画家たちの絵、口と足で描いた絵のオリジナルグッズの原画、過去に開催された展覧会の再現、協会設立60周年に開催されたコンテストの絵など、様々なテーマのもとにご紹介してきました。
今春のネット絵画展は8回目になりますが、今夏開催予定でした国際的なスポーツイベントをテーマにした絵をご紹介しています。イベントは延期となりましたが、画家たちはこの一大イベントに想いを馳せ、数年前から絵を描き、力を込めて制作いたしました。また、協会創立40周年の際に、「私の平和の絵」というテーマのもとに描かれた作品もご紹介しています。ぜひご覧いただき、画家たちが心を込めた作品から彼らの「生きる勇気」を感じて、彼らの絵に触れ合う機会になれば幸いです。

予期せぬ新型コロナウイルスの感染拡大により、社会状況も私どもの想像をはるかに越えたことになっております。画家たちも私どもも、皆様と同じようにこの重大な局面を乗り切り、明るい未来を共に歩めればと思っております。

>ネット絵画展URL
※このURLのページはモバイルフリーではありません。
モバイルでの閲覧もできますが、可能ならばパソコンでご覧ください。

【協会について】

名称: 口と足で描く芸術家協会
日本の代表者: 松澤 雅美
所在地: 〒162-8703
東京都新宿区市谷砂土原町3-4 生泉市ヶ谷ビル内
事業内容: 世界の口や足で描く画家たちの絵をグッズにして販売し、
その収益により画家たちの生活費や奨学金を賄い、
障がいをもってしまった画家たちの自立を目指しています。
また、絵画展を開催し、障がい者への理解や関心を促します。

>口と足で描く芸術家協会

あなたにオススメ

新着

新着

注目の記事

長崎県

観光

食べ物

文化

【界 雲仙】長崎の文化と温泉を満喫する「雲仙ひとり温泉満喫プラン」販売開始

界 雲仙では、2024年7月3日より「雲仙ひとり温泉満喫プラン」を販売しています。界 雲仙の館内の設えには、さまざまな人や文化が行き交う中で発展してきた日本と中国、オランダの要素が混ざり合った長崎文化を取り入れています。界 雲仙のある雲仙温泉は個性的で歴史のある共同浴場があり、温泉巡りや伝統工芸に触れることにおすすめのエリアです。ひとり旅で自由気ままに過ごす時間を提案します。

山形県

観光

【山形県飯豊町】春限定の神秘的な光景「白川湖の水没林」 

山形県南部飯豊町(いいでまち)の白川湖で春の2か月間だけ見ることができる神秘的な風景。豪雪地帯である日本百名山の飯豊連峰から、春になると白川湖に大量の雪解け水が流れ込みます。湖が満水を迎えると、シロヤナギの木々があたかも水の中から生えているかのような、幻想的な光景になります。

ピックアップ

ピックアップ