Mouth and Foot Painting Artists ミュージアム開催  国内外の口と足で描く画家たちが描いた364点の絵画!

2020.05.05

口と足で描く芸術家協会は、2012年から多くの皆様に障がい画家たちの絵をご覧いただきたく、ネット絵画展「Mouth and Foot Painting Artists ミュージアム」を開催してまいりました。また、今春で8回目となるネット絵画展、「SPORT & PEACE スポーツと平和に想いをこめて」の開催をお知らせいたします。

■口と足で描く芸術家協会について

口と足で描く芸術家協会は、両手が使えず口や足で絵を描く画家たちのグループです。1956年にヨーロッパで始まり、現在、世界72の国と地域で活動を拡げています。日本でも1961年から59年にわたり活動を続けています。画家たちは、病気や事故など様々な理由のため芸術を志す者にとって大切な手を奪われています。しかし、自立を目指して口や足に筆をとり、絵を描き続けています。

■ネット絵画展「Mouth and Foot Painting Artists ミュージアム」について

ネット絵画展は、多くの方々に口や足で描く画家たちの絵を、自由に気軽にご覧いただける新しい機会を持っていただけるよう、2012年にスタートしました。国内外で活躍する画家たちの絵、口と足で描いた絵のオリジナルグッズの原画、過去に開催された展覧会の再現、協会設立60周年に開催されたコンテストの絵など、様々なテーマのもとにご紹介してきました。
今春のネット絵画展は8回目になりますが、今夏開催予定でした国際的なスポーツイベントをテーマにした絵をご紹介しています。イベントは延期となりましたが、画家たちはこの一大イベントに想いを馳せ、数年前から絵を描き、力を込めて制作いたしました。また、協会創立40周年の際に、「私の平和の絵」というテーマのもとに描かれた作品もご紹介しています。ぜひご覧いただき、画家たちが心を込めた作品から彼らの「生きる勇気」を感じて、彼らの絵に触れ合う機会になれば幸いです。

予期せぬ新型コロナウイルスの感染拡大により、社会状況も私どもの想像をはるかに越えたことになっております。画家たちも私どもも、皆様と同じようにこの重大な局面を乗り切り、明るい未来を共に歩めればと思っております。

>ネット絵画展URL
※このURLのページはモバイルフリーではありません。
モバイルでの閲覧もできますが、可能ならばパソコンでご覧ください。

【協会について】

名称: 口と足で描く芸術家協会
日本の代表者: 松澤 雅美
所在地: 〒162-8703
東京都新宿区市谷砂土原町3-4 生泉市ヶ谷ビル内
事業内容: 世界の口や足で描く画家たちの絵をグッズにして販売し、
その収益により画家たちの生活費や奨学金を賄い、
障がいをもってしまった画家たちの自立を目指しています。
また、絵画展を開催し、障がい者への理解や関心を促します。

>口と足で描く芸術家協会

あなたにオススメ

新着

新着

注目の記事

東京都

芸術

奈良美智・村上隆などラインナップ。大手オークションプラットフォーム・PHILLIPSが好調な2021年春シーズンの活動を報告。

東京都

伝統

芸術

イベント

文化

<小松美羽さん単独インタビュー>新作“NEXT MANDALA〜魂の故郷” に込めた大調和時代へのメッセージとは

昨年25周年を迎えた(株)デジタルガレージは“Whole Earth Catalog”で世界的に知られるStewart Brand(スチュアート・ブランド)氏と“EARTHSHOT”を宣言。〜Whole Earth Catalogから50年、これからの未来・テクノロジーを考える〜をテーマに今年で21回目となるカンファレンス、「THE NEW CONTEXT CONFERENCE」が8月11日に行われ、その様子は日本⇔米国(サンフランシスコ)同時中継にてオンラインで観客に配信された。

イベント当日、現代アーティスト小松美羽さんは高野山別格本山三宝院で制作した”NEXT MANDALA〜魂の故郷”を発表。目入れのライブペイントを行い、”大加速時代から大調和時代へ”とのメッセージを発信し、会場を祈りの空間へと導いた。

ピックアップ

ピックアップ