和装アクセサリーブランド「数-SUU-」から鳥獣戯画の兎と蛙をモチーフにした帯留めが新登場!

2020.03.28

大人気のアクセサリーブランドPalnart Pocの姉妹ブランドとして立ち上げられた和装アクセサリーブランド「数-SUU-」。手作業で丁寧に作られた、立体感と細かい造形が魅力!年齢を問わずに楽しめる帯留めシリーズに、鳥獣戯画をモチーフにしたコレクションが新登場。ヴィンテージのような色合いが魅力で、着物や浴衣に合わせてお楽しみ頂けます。

鳥獣戯画とは

京都市右京区の高山寺に伝わる国宝で、平安・鎌倉時代の紙本墨画の絵巻物。「日本最古の漫画」として有名で、擬人化された動物たちの遊戯が躍動感あふれる筆致で描かれています。作者は未詳で、天台僧の「をこ絵」(即興的な戯画)の伝統に連なるものではないかと考えられています。

帯留めは全部で4種類!​

<水遊び>
有名な兎の水遊びのシーンの帯留め。この2 羽の兎は同じ兎で、飛び込む前と後を同じ画面に描いた異時同図法ではないかという説です。

水遊び 

<追いかけっこ>
第13 紙に描かれている追いかけっこのシーンから兎と蛙を抜粋したもの。この追いかけっこは印字打ちという中世の子供の遊びを描いたものではないかとの説があるそうです。

追いかけっこ 

<蛙の田楽>
第15 紙に描かれている蛙の田楽のシーンを帯留めにしました。田楽も印字打ちと同じく、中世からの年間行事の一つとして親しまれていたそうです。

蛙の田楽

<相撲>
有名な相撲のシーン。蛙の指先や兎の表情など、細部まで再現しています。枠は勝利した蛙の口から出ている気炎をモチーフにしています。

相撲

オリジナルのボックスがついてきます!

鳥獣戯画コレクション専用のボックスに入っております♪ 帯留めの保管や小物入れに。

レトロで可愛い、オリジナルの商品カードもついてきます。
着用イメージ

日本の文化と歴史を感じられる、高山寺公認の鳥獣戯画帯留めです♪

販売店舗

サタディコメットバイブラフシューペリア
新宿ルミネエスト店(Palnart Poc直営店)

住所: 東京都新宿区新宿3-38-1 ルミネエスト6F 中央東口側エスカレーター横
営業時間: (平日)11:00~21:30
(土日祝)10:30~21:30 不定休

>公式オンラインショップ「Palnart Poc STORE-パルナートポックストア鳥獣戯画特集-」
>「数-SUU-」公式サイト

一つ一つ手で着彩されています。

新着

新着

注目の記事

京都府

お花見

星のや京都 雅な屋形舟「翡翠(ひすい)」を貸し切り水上のお花見「奥嵐山の花見舟」開催

都府・嵐山にある全室リバービューの旅館「星のや京都」は、2021年3月25日~4月10日の期間、「奥嵐山の花見舟」を開催します。星のや京都専用の雅な屋形舟「翡翠」を貸し切り、大堰川(おおいがわ)の上から奥嵐山の歴史ある桜と風景を愛で、和菓子とロゼスパークリングワインを味わうお花見です。京都の職人技の粋(すい)をあつめた雅な屋形舟「翡翠」で、平安絵巻さながらの優雅な時間を過ごすことができます。

--

食べ物

ルビーチョコレートを使った新商品「ショコラバウムクーヘン(ルビー)」も登場!ISHIYAの恋するチョコレート『バレンタイン・コレクション2021』

白い恋人のチョコレートをベースにした商品「恋するチョコレート」の2021年バレンタイン・コレクションを1月13日(水)から、ISHIYA直営店、オンラインショップ、関東、中部、関西エリアのバレンタイン特設催事にて販売しています。

--

観光

客室内で完成・完結、お持ち帰りできる地域色豊かな体験~「界のご当地おこもりグッズ」提供開始

全国に展開する星野リゾートの温泉旅館ブランド「界」は、2021年1月12日より、全施設で「界のご当地おこもりグッズ」の提供を開始しました。感染拡防止を万全にしながら、それでもワクワク感や新鮮な発見がある旅を楽しんでいただきたい、そんな思いから地域の伝統工芸品や文化にちなんだプログラムを、客室でご自身だけで完成・完結できる体験を用意します。

三重県

伝統

観光

文化

【東海道五十三次ふらっと-flat-完歩】Vol.43 桑名宿~四日市宿編 恐怖のギロチン工場とか間違えないで萬古焼とか

『東海道五十三次ふらっと-flat-完歩』とは…
ふとしたきっかけで東海道を歩き、その魅力に目覚めた筆者が、旧東海道に沿って、五十三次、約500㎞をテキトーに歩き、永い歳月をかけてついに完歩してしまった感動巨編!(ただし全米は泣かない)。

時間がある時にぶらっと出かけて、気の向くままに歩くシステム。よって歩く順番もランダム。名所旧跡を語るより、街道沿いの人々や風俗(変な意味ではない・・・と思う)、B級スポットなどを、ときどき妄想も入れつつ紹介し、いつか現代の十返舎一九と呼ばれたい。

三重県の桑名から四日市へと向かったのは爽やかなある年のGW時期。本来であればここは比較的単調な区間なのですが、突如現れたのは恐怖のギロチン工場。その正体やいかに。

ピックアップ

ピックアップ