利休のふる里堺開業170周年の老舗茶問屋より 新カフェブランド「TSUBOICHI TEA PLACE」が 泉南ロングパークに9月16日にグランドオープン!

2020.09.24

茶寮つぼ市製茶本舗は、お茶の本物の味を自由な形で発信する新カフェブランド「TSUBOICHI TEA PLACE(ツボイチティープレイス)」の第一号店を大阪府「泉南ロングパーク」に2020年9月16日にオープン致します。

未来にお茶の文化を残したい、現代へ向けて喫茶の楽しみ方を提案する新ブランド

つぼ市製茶本舗は利休のふる里堺に嘉永3年(1850年)に創業以来、170年に渡り堺に唯一江戸時代から続く製茶問屋としてお茶を製造・販売して参りました。

毎年茶師が全国の茶の産地に赴き仕入れた茶葉を熟練した職人が製茶し、国際基準をクリアした衛生的な工場で最終加工するその全工程において、お茶の品質と味へのこだわりは国内トップクラスであると自負しております。

その一方でペットボトルのお茶が一般化し、急須で淹れる上質な茶葉の消費量が減少しつつある今、本物のお茶の味が日本人の記憶から忘れ去られていきつつあることに強い危機感を抱いております。そこで、急須になじみのない若い世代の方々にもお茶の魅力を伝えられる新ブランドを立ち上げました。

「見掛け倒し」とは言わせない、「本物の味」にコミットしたメニュー

昨今、様々なインスタ映えを狙ったお茶のカフェメニューが増えてきていますが、TSUBOICHI TEA PLACEがご提供する商品は、一に「本物の味」、二に「お写真を撮りたくなる素敵さ」を軸に開発いたしました。

そのため、製茶問屋の本気を感じていただけるような、お茶の美味しさ・楽しさ・素晴らしさが感じられる、まさにお茶が主役のカフェメニューとなっております。その中でも、ご友人やお1人のお茶を通じて得られる素敵なお時間をお写真に収めていただけるような、見た目もかわいらしい商品に仕上がりました。

セルフサービスのカジュアルな形式のカフェでありながら、多くのカフェで使われている既成のパック入りのお茶やティーバッグのお茶を一切使用せず、メニューごとに厳選した上質な茶葉をたっぷりと使用しております。

また、淹れ方についてもお茶の性質についての専門知識を生かし、茶筅や茶器をこれまでの形式や伝統にとらわれない使い方をすることで、より現代のくらしに寄り添った新しいお茶の淹れ方にてご提供いたします。

自社工場で仕上げた上質な抹茶をご注文ごとにお点てして仕上げる Matcha Latte(ICE) 税別550円

オリジナルクラフトティーで一人一人の「お茶っていいかも」のスイッチを探したい

定番のお茶メニューに加え、お茶の味を生かしながらも新たな味わいを引き出した新たなお茶の楽しみ方を味わえるメニューも販売いたします。

例えば「抹茶×炭酸水×白蜜×ホイップクリーム」で仕上げるクラフトティー、「Matcha Creamosa(抹茶クリモサ)」は、アメリカのカフェでは長年定番メニューとして定着しているものの、日本ではまだ見ることのない、「フレーバーシロップ×炭酸水×コーヒーフレッシュ」を組み合わせたドリンク「Creamosa(クリモサ)」をヒントにして開発致しました。

しっかりとした抹茶の味を引き出すため、本来ではお茶会で使われるような上質な抹茶を使用しているだけでなく、店内手作りの生クリーム・自家製白蜜を使用するなど一つ一つの原料にこだわっております。

力強い抹茶の旨味に甘さ控えめのクリームでコクを加え、さらに強炭酸水でさわやかに仕上げた1杯は是非多くの皆様に味わっていただきたいおすすめドリンクです。

Matcha Creamosa(抹茶クリモサ) 税別600円

その他、日本茶以外の多彩な茶葉を扱っているお茶メーカーとしての知識を生かし、ルイボスティーやローズヒップ、ハイビスカスなどハーブティーを使用したクラフトティーも販売いたします。香料・人工甘味料・着色料は一切使用せず、素材の風味のみの組み合わせで新たな味を表現しております。

ルイボスサングリアトニック 税別550円 ボトルサイズは+税別280円

ドリンクだけじゃない、濃厚お茶スイーツも楽しめる!

TSUBOICHI TEA PLACEでは、ドリンクだけでなく、スイーツにもお茶本来のお味を別の形で楽しんで頂けるようにこだわりました。

堺刃物で薄く削った氷に自家製抹茶蜜とミルク蜜をかけた「抹茶ミルクかき氷」、抹茶とは一味違う「玉露」をたっぷり使用した「玉露ソフトクリーム」など冷たいメニューに加え、茶鑑定士7段の開発メンバーと、元有名ホテルのパティシエがコラボレーションし、このお店のためだけに開発・試作を重ねた焼き菓子など、「スイーツ」という入り口からであっても、お茶の魅力を知ってもらえる味と品質を追求いたしました。

抹茶ミルクかき氷 税別700円
抹茶のチャコールロールケーキ ドリンク+税別400円
お濃茶アフォガード 税別590円

夕日100選の1つ、絶景を望むガラス張りの店内でお茶を存分に楽しんで

TSUBOICHI TEA PLACEがオープンする泉南ロングパークは、日本の夕日100選にも選出されている夕日がきれいな海岸に位置します。その海岸の絶景を窓から一望できる店内は開放的で、季節を問わず海外のビーチのような雰囲気を味わいながらカフェタイムをお楽しみ頂けます。

店内とデッキにブランコ席を設け、更に店内の壁にはネオンフォトスポットやイラストアートが彩られているため、商品と一緒にオシャレに写真撮影ができる場所も。お1人で海を眺めながらのんびりと、ロマンチックにカップルデートやママ友とのお茶会にもぴったりです。

店舗名: TSUBOICHI TEA PLACE りんくう店
所在地: 大阪府泉南市りんくう南浜3-201 泉南りんくう公園内
営業時間: 13:00~19:00
定休日: 不定休

>泉南ロングパーク公式HP

新着

新着

注目の記事

沖縄県

観光

文化

うちなー滞在記vol.5「琉球時代へタイムスリップ~難攻不落の秘密と祭司ノロ・後編~」

沖縄本島の人たちが「宮古島」の方言を聞いたとき、「何を言っているのかわからない」という話をよく聞きます。

その島その地域で、独自の言葉や風習が残っている。「うちなーぐち(沖縄方言)」とひとくくりには出来ない、そんなところも沖縄の魅力のひとつではないでしょうか。

しかし、このような「多様」な言葉・文化・風習が残っていられるのは何故なんでしょうか?理由は様々ありそうですが、私はうちなーんちゅ(沖縄の人たち)からこんなことを感じることがあります。

・人は人、自分は自分

・自分が大事にしているものがあるように、他の人にも大事にしていることがある

多様な文化との交流によりつちかわれた、うちなーんちゅならではの感性かもしれません。

さて、今回は世界遺産「勝連城(かつれんじょう・かつれんぐすく)跡」の後編です。勝連の繁栄と石階段の秘密、そして沖縄においての「民間信仰」について、勝連城と共に見ていきたいと思います。

島根県

伝統

芸術

文化

<小松美羽さん単独インタビュー> -Part2- アーティスト小松美羽に迫る。新風土記・第二弾の制作。そして創作の原点に在る”祈り”。

島根県

伝統

芸術

観光

文化

<小松美羽さん単独インタビュー> -Part1- 小松美羽さんと巡る出雲の旅

世界を舞台に活躍する現代アーティスト小松美羽さんの単独インタビュー第一弾。
アナザースカイ(日テレ系)が2週連続で5/27(伊勢篇)、6/3(出雲篇)の放映が決定した小松さん。

番組では2014年に”新風土記”を奉納した出雲へ訪れ、「新風土記の第二弾」を制作し番組内で初公開されます。

常に未来へ進み続ける小松美羽さん。そんな彼女に、この度HYAKKEIの単独インタビューに応えて頂く事が出来ました。”光の柱”の出現を体験し作品に大きな影響を与えたという出雲大社との深い関わりや、出雲の地での新作アートの制作、制作の中心にある祈りの原点に迫ります。

インタビューPart1ではアナザースカイでの撮影風景を元に、”小松美羽さんと巡る出雲大社”をお届けします。出雲の地への親愛の念溢れる小松さん。自然体で語っていただきました。

写真:神庭 恵子 / インタビュー・文:菊地 伸(HYAKKEI)


今回のアナザースカイのハイライトは、2014年に新風土記を制作した際と同じ古民家で制作した、初公開となる絵画作品。この作品についてはインタビューPart2で詳しくお伝えします。

< 小松美羽プロフィール >

1984年長野県生まれ。女子美術大学短期大学部在学中に銅版画の制作を開始。近年ではアクリル画、立体作品などに制作領域を拡大し、力強い表現力で神獣をテーマとした作品を発表。

2015年、ロンドンで開催されたチェルシー・フラワーショーへ有田焼の作品を出品し、受賞作が大英博物館へ収蔵されるという快挙を成し遂げる。その後、台湾、香港、日本での個展において動員数、売上とも記録を塗り替える。

HTCとのコラボによるVR作品『INORI~祈祷~』が第76回ヴェネツィア国際映画祭VR部門、イギリスのレインダンス映画祭にノミネートされる。2020年、日本テレビ系「24時間テレビ」のチャリTシャツのデザインを担当など、国内外で大きな注目を集めている。

小松美羽 Miwa Komatsu | オフィシャルサイト

『アナザースカイ』
日本テレビ
5月27日(木) 伊勢編 24:59~25:39
6月3日(木) 出雲編 25:09~25:39

アナザースカイ 番組公式サイト
https://www.ntv.co.jp/anothersky2/

ピックアップ

ピックアップ