東京都

芸術

奈良美智・村上隆などラインナップ。大手オークションプラットフォーム・PHILLIPSが好調な2021年春シーズンの活動を報告。

アートオークション市場を牽引する”PHILLIPS”
フィリップスは、20世紀および21世紀のアートとデザインを売買する世界的なプラットフォームを提供しており、20世紀およびコンテンポラリーアート、デザイン、写真、版、時計、ジュエリーの7分野に特化。収集に関して、お客様へプロフェッショナルな観点からあらゆるアドバイスを行っている。
ニューヨーク、ロンドン、ジュネーブ、香港のサロンでオークションや展示会を開催しているほか、それ以外の地域のお客様には、ヨーロッパ、アメリカ、アジアの各地域にある駐在員事務所を通じてサービスを提供しています。また、フィリップスは、世界のどこからでもアクセスできるオンライン・オークション・プラットフォームを用意。さらに、オークションを通した売買の機会を提供するだけではなく、個人売買の仲介や、鑑定、評価などのサービスを行っています。
>PHILLIPS公式サイト

2021年春のセールシーズン(1月~7月)の結果(価格は米ドル)
オークション販売総額 – 452,006,870ドル<2019 年春から15%増>
プライベートセール販売総額 – 90,673,838 <ドル2019年春から107%増>
総計 – 542,680,708ドル<2019年春から25%増>

エドワード・ドルマン(フィリップス最高経営責任者)とシャイアン・ウェストファル(フィリップスグローバ ルチェアウーマン)によるコメント

「2021年春の売上は、パンデミック前の水準を上回る、まさに驚異的なものとなりました。これはフィリップスのすべてのオークション、プライベートセールに世界中のコレクターがご参加くださった結果です。この春シーズン、ニューヨーク、ジュネーブ、香港で「ホワイトグラブセール(全ロットの完売)」を達成し、オークション業界で最も高い落札率を記録しました。また、今シーズンは、コンテンポラリーアート業界に新風を吹きこむ若手アーティスト作品がコレクターを魅了し、アーティストレコードを次々に更新しました。」

オークション会場でのハイライト

● オークション売上高は 2019 年上半期から 15%増加しました。
● 「New Now」「Design」「Edition」「Watches」にて創業以来最高の売上総額を達成しました。
● 世界各国のオークションで「ホワイトグラブセール」を達成

・20世紀・コンテンポラリーアートニューヨーク・イブニングセールは、創業市場最も成功したセールの一つとなり、総額1億1,820万ドル、落札率100%を記録しました。Cinga Samson、Avery Singer、Vija Celmins、Titus Kaphar、Julie Curtissの作品が新記録を達成しました。
・香港、ジュネーブ、オンラインの各時計オークションでは、100%の落札率となり、売上総額6,800万ドル以上を達成しました。ジュネーブ・ウォッチ・オークションXIIIは、前代未聞の結果となる4,230万ドルを売り上げ、時計オークション史上最高額を記録しました。香港の時計オークションXIIでは、アジアでは史上初となる「ホワイトグラブセール」を達成しました。
・1953 年に製造された「ユーラシア」ダイアルのパテック・フィリップ(Ref.2523)は、七宝焼きのエナメルダイヤルを持つ3つのモデルのうちの1つで、780万ドルで落札されました。こちらは今まで出品されたイエローゴールドの時計の中で最も高額なロットとなりました。
・香港で行われた20世紀・コンテンポラリーアート&デザインでは、デイセール、イブイングセール ともに「ホワイトグラブセール」を達成。総売上は7億200万香港ドル/9,040万米ドルを記録し、全ロットのうち86%が最高落札予想価格を上回って販売されました。2019年に行われた香港スプリングオークションの結果からは191%増という驚異的な伸び率を発揮しました。

アジア圏での成長

● 2021年上半期の売り上げのうち34%がアジアのコレクターによる売上でした。
● フィリップスのアジアを拠点とするクライアントによる売上増は目覚ましく、2021年前半の落札高上位10ロットのうち、40%がアジアのコレクターが占める結果となりました。
● 香港春のオークションでは4つのホワイトグラブセールを達成し、9億4600万香港ドル/1億2200万米ドルを記録しました。業界をリードする落札率94%を達成し、前年比121%増(2019年春から107%増)を記録しました。これまでのフィリップスのアジアでのオークションにおいて最高のシーズン総売上となりました。
● 奈良美智による「Missing in Action」は、香港にて1,500万米ドル以上で販売され、2021年上半期に出品された作品のなかで最高額の売り上げを記録、これまでのオークションでの売上総額のなかで2番目に高額な作品となりました。

フィリップスが市場を牽引する

● Kehinde Wiley、Katherine Bernhardt、Avery Singer、Jennifer Guidi、Flora Yukhnovich、Hernan Bas、 Katherine Bradford、Kathy Butterly、Tunji Adeniyi-Jones、Rose Wylie、Eddy Kamuanga Ilunga、Niniko Morbedadze、Carlo Scarpa、Jean Dunand、濱中勝、Ron Arad、Salman Toor、Emily Mae Smith、 JadéFadojutimi、Sanya Kantarovsky、Madelynn Green、Hopare、Ye Linghanといった様々なアーティスト作品がオークションレコードを記録しました。
● Rebecca Ness, Felipe Baeza, and Soimadou Ali Ibrahim, Allison Zuckerman, Nikki Maloof, Brandon Landers, and Lina Iris Viktor といったアーティストがオークション市場に初登場しました。
● ロンドンとニューヨークで行われた「New Now」オークションでは、過去最高の売上高を記録し、フィリップスが新進アーティストの市場で確固たる地位を築いていることを証明しました。
● ロンドンとニューヨークで行われたフォトグラフオークションでは、Alec Soth、Todd Webb、Myoung Ho Lee、Steve McQueen、Saul Leiter、Dinh Q. Lê、Tokihiro Satoなどの作品が新記録を樹立し、国際的な需要を反映しました。
● 4月には、Mad Dog Jonesの「Replicator」がフィリップス初NFTとして販売され、カナダの現役アーティストとしての記録を打ち立てました。 Bitchcoinを採用したSarah Meyohasによる「Cloud of Petals Project」 Jennifer&Kevin McCoy による「Quantum Leap」 Lady Gagaによる初めてのNFTは、TCAニューヨークデイセールにて注目を集めました。7月、フィリップスは、現代美術家の ThankYouX が、数々の賞 を受賞した映画音楽の作曲家 Hans Zimmerとコラボレーションして制作した一連のNFTと、アーティストのCassilsことWhite Male Artistの$ht Coinを販売しました。

プライベートセールで見せた強み

● プライベートセールスは、2019年上半期から107%増加し、年間を通してグローバルに販売をし続けています。Hebru BrantleyやFlawless など、展覧会もプロデュースしました。
● Perpetualは、2021年の第1四半期から第2四半期だけで、81%の売上増を記録しました。今年のPerpetualの総売上高は、すでに800万ドルに達しています。

デジタル・エンゲージメント

● ウェブサイトの訪問数:122% 増
● ウェブサイトへの新規顧客数:126%増
● オンラインで販売されたロット数:84%増
● オンラインで販売された作品の価値:184%上昇

全て 2019 年のデータと比較

新本社ビルのグランドオープン

フィリップスは、ニューヨークの432パークアベニューにある新本社を、6月の20世紀・コンテンポラリーアートの展示に合わせて発表し、大きな反響を呼びました。デザインはStudioMDAのMarkus Dochantschiが担当しました。この革新的な建築は、内部、外部、そして広場を一体化し、歩道を行き交う何百万人もの世界中の人々を魅了することで、コミュニティをともにしている感覚を生み出します。
マンハッタンで唯一通りから見えるオークションルームであり、この場所は何世紀にもわたって行われてきたオークション体験を再定義する意味をもたらします。

>こちらをクリックするとシーズンを振り返るビデオをご覧いただけます。

企業としてのアップデート

● フィリップスは4月にPhillipsアートアドバイザリーを発足、アートワークの購入から長期的なコレクションへの計画まで、アート作品のライフサイクルのすべての段階を通じてクライアントをサポートする包括的なサービスの提供を開始しました。
>Phillips アートアドバイザリー

● CEOを7年間務めたエドワード・ドルマンは、フィリップスのグループ企業の会長に任命されました。そしてこの度、新しいCEOスティーブン・ブルックスが9月初頭に着任します。
> スティーブン・ブルックス

2021 年春季 トップロット

奈良美智
Missing in Action

2000 年制作<6 月 8 日 香港>

販売額:
HK$123,725,000
US$15,948,153
£13,090,105
€11,271,348

エスティメイトは要問い合わせ

Gerhard Richter
Abstraktes Bild (940-7)

2015 年制作<6 月 8 日 香港>

販売額:
HK$95,100,000
US$12,258,390
£10,061,580
€8,663,610

エスティメイト: HK$75,000,000 – 95,000,000

David Hockney
A Neat Lawn

1967 年制作<6 月 23 日 ニューヨーク>

販売額:
$11,000,000
£7,875,890
€9,219,100

エスティメイト: $9,500,000 – 10,500,000

Wayne Thiebaud
Winding River

2002 年制作<6 月 23 日 ニューヨーク>

販売額:
$9,809,000
£7,023,146
€8,220,923

エスティメイト : 6,000,000 – 8,000,000

Patek Philippe Ref. 2523
これまで知られていなかった、 初めてのモデル。希少な魅力的 なイエローゴールド製ワールド タイム・リストウォッチ、2 つの リュウズ、「ユーラシア」の七 宝焼のダイヤルつき

1953 年製<5 月 8-9 日 ジュネーブ>

販売額:
CHF7,048,000
$7,701,678
€6,427,776

エスティメイト: $35,00,000 以上

Vija Celmins
Untitled (Ocean)

1987-1988 年制作<6 月 23 日 ニューヨーク>

販売額:
$7,748,000
£5,547,491
€6,493,599

エスティメイト: $5,500,000 – 6,500,000

村上隆
Red Demon and Blue Demon with 48 Arhats

2013 年制作<6 月 23 日 ニューヨーク>

販売額:
$6,080,000
£4,353,219
€5,095,648

エスティメイト: $3,500,000 – 4,500,000

Jean Dubuffet
La féconde journée

1976 年制作<4 月 15 日 ロンドン>

販売額:
$6,039,265
£4,378,500
€5,041,405

エスティメイト: £1,500,000 – 2,000,000

David Hammons
It’s Not Necessary

1990 年制作<6 月 23 日 ニューヨーク>

販売額:
$5,475,000
£3,920,045
€4,588,598

エスティメイト: $800,000 – 1,200,000

Brice Marden
Elements III

1983-1984 年制作

販売額:
$5,233,000
£3,746,776
€4,385,777

エスティメイト: $3,200,000 – 3,800,000

*エスティメイトにはバイヤーズプレミアムが含まれていませんが、販売価格にはハンマープライスとバイヤーズプレミアムが含まれています。

<本プレスリリースのお問い合わせ先>

東京 – 本井 眞奈 (コミュニオン株式会社)
mail:m.motoi@communion.co.jp
TEL:03-5468-5278

フィリップス東京オフィス
〒106-0032
東京都港区六本木 6-6-9 ピラミデビル 4F
TEL:03-6273-4818

服部 今日子 (フィリップス日本代表)
mail:khattori@phillips.com
松本 麻生
mail:mmatsumoto@phillips.com

香港 – Ingrid Hsu, Public Relations Director, Asia
mail:ingridhsu@phillips.com
TEL:+852 2318 2043

PHILLIPS NEW YORK:450 Park Avenue, New York, NY 10022
PHILLIPS LONDON:30 Berkeley Square, London, W1J 6EX
PHILLIPS HONG KONG:14/F St. George’s Building, 2 Ice House Street, Central Hong Kong
PHILLIPS GENEVA:Rue de la Confédération, 7 Geneva 1204

>公式サイト
>Twitter
>Instagram
>Facebook
>Linkedln
>Weibo

あなたにオススメ

新着

新着

注目の記事

北海道

イベント

好評につき今年も開催 湯元啄木亭の「キャンドルナイト」

函館の温泉旅館「湯元啄木亭(ゆもとたくぼくてい)」では函館ゆかりの松岡庭園をそのまま保存した銘庭があり、敷地は約1200坪。この啄木亭の庭園は秋が一番の見頃となっております。
そんな秋の庭園を彩るべく、地元函館のキャンドル作家「710candle(ナナイチマルキャンドル)」の監修の元、タイアップ企画が実現しました。

東京都

芸術

奈良美智・村上隆などラインナップ。大手オークションプラットフォーム・PHILLIPSが好調な2021年春シーズンの活動を報告。

東京都

伝統

芸術

イベント

文化

<小松美羽さん単独インタビュー>新作“NEXT MANDALA〜魂の故郷” に込めた大調和時代へのメッセージとは

昨年25周年を迎えた(株)デジタルガレージは“Whole Earth Catalog”で世界的に知られるStewart Brand(スチュアート・ブランド)氏と“EARTHSHOT”を宣言。〜Whole Earth Catalogから50年、これからの未来・テクノロジーを考える〜をテーマに今年で21回目となるカンファレンス、「THE NEW CONTEXT CONFERENCE」が8月11日に行われ、その様子は日本⇔米国(サンフランシスコ)同時中継にてオンラインで観客に配信された。

イベント当日、現代アーティスト小松美羽さんは高野山別格本山三宝院で制作した”NEXT MANDALA〜魂の故郷”を発表。目入れのライブペイントを行い、”大加速時代から大調和時代へ”とのメッセージを発信し、会場を祈りの空間へと導いた。

ピックアップ

ピックアップ