チームラボのアートとサウナの展覧会「TikTok チームラボリコネクト」、作品を続々発表。サウナ施設の詳細や、体験方法も公開

2021.03.14

アート集団チームラボは、アートとサウナによる全く新しい展覧会「チームラボ & TikTok, チームラボリコネクト:アートとサウナ 六本木」(以下「TikTok チームラボリコネクト」)を、東京・六本木に、2021年3月22日から8月31日の限定でオープンする予定です。

本展は、高級な場所でアートを見るのではなく、サウナによって”ととのう”ことで、来場者自身が最高級な状態になってアートを体験するという、新しい考えのもとにあります。サウナ・冷水・アート浴(アート空間で休憩)の連続した体験を通して、来場者がととのい、アートと一体となり、世界と時間に再びつながること(リコネクト)を目指す、世界に類を見ない新しい形の展覧会です。

会場は現在設営中で、オープン時には、アート浴エリアに《空中浮揚》や《増殖する無量の生命》、 冷水エリアに《円相を通り抜けて》や制作中の《円相に迷い込んで》、サウナエリアに《呼応するランプのアレイとスパイラル》など、多くの新作を含む作品群が発表されます。また、リニューアルした展覧会公式ウェブサイトでは、サウナ施設の詳細、サウナ・冷水・アート浴を3セット繰り返す体験の仕方、医学的・歴史的・文化的な観点から見た本展の背景などを公開。TikTok チームラボリコネクトは2021年3月22日から8月31日まで開催予定。

>展覧会公式ウェブサイト

展示作品

■アート浴エリア
空中浮揚 / Levitation
teamLab, 2021, Digital Installation, Sound: Hideaki Takahashi

球体は、質量の概念を超越し、地面でも天井でもない、空中の中ほどに静止したり、空中を上がったり下がったりを繰り返す。球体は、人々が叩くなど衝撃があると、地面に落ち、転がっていく。しかし、何も邪魔がなければ、自らの状態を修復するかのよう、再びゆっくりと空中に上がっていく。

>詳細リンク

増殖する無量の生命 – A Whole Year per Year / Proliferating Immense Life – A Whole Year per Year
teamLab, 2020, Interactive Digital Installation, Sound: Hideaki Takahashi

現実世界と同じ時間の流れの中で、1年を通して、咲いていく花々が移り変わっていく。花々は誕生と死を繰り返しながら、増殖していく。増殖しすぎると、一斉に散って死んでいく。
また、人々が観賞するための椅子に座ろうとすると、花々は散って死んでいく。

>詳細リンク

■冷水エリア
円相を通り抜けて / Walk through the Light Circle
teamLab, 2021, Digital Installation, Sound: Hideaki Takahashi

空間に円相が生まれる。身体ごと円相を通り抜ける。
禅における書画のひとつ「円相」(円形を一筆で描いたもの)を空間に一筆(空書)で描いている。

禅において、円相は、古来は空中に杖などで円圏を描いて表されたりしてきた。そして、悟りや真理、宇宙全体、そして平等性を象徴的に表現したものとされる。 見る人の心を映し出す円でもあり、解釈は見る人に任せられる。

>詳細リンク

円相に迷い込んで / Step into the Light Circle(制作中)
teamLab, 2021 (work in progress), Interactive Digital Installation, Sound: Hideaki Takahashi, teamLab

>詳細リンク

■サウナエリア
呼応するランプのアレイとスパイラル – ワンストローク, Metropolis Tokyo / Array and Spiral of Resonating Lamps – One Stroke, Metropolis Tokyo
teamLab, 2021, Interactive Installation, Murano Glass, LED, Endless, Sound: Hideaki Takahashi

人が、ランプのアレイ(高密度に集合しているランプの塊)の底にある一番低いランプの下を通ると、そのランプが、強く輝き音色を響かせる。もしくは、人が各サウナ室に出入りすると、そのサウナ室の出入口付近のランプが、そのサウナ室の光の色に強く輝き音色を響かせる。

>詳細リンク

サウナ施設

サウナ
男女共用サウナ5室、女性専用サウナ2室を備えております。ロウリュサウナなど、低温多湿から高温ドライまで、様々な温度・湿度を組み合わせた7室を備えていますので、サウナ初心者からサウナ愛好家まで楽しんで入ることができます。
また、サウナ室ごとに、白樺・ジュニパー・かんきつ・ほうじ茶などの香りや、焚き火・洞窟の川・水琴窟・森の風・炎など、様々な環境音や音楽を体験いただけます。尚、ほうじ茶は、九州・嬉野のEN TEAによってサウナ用に配合・焙煎したもので、サウナシュラン2年連続1位の御船山楽園らかんの湯でも使用されています。

冷水
冷水浴は、チラー(冷却器)によって冷やされ温度が一定に維持された、冷水シャワーを完備。直径30cmのシャワーヘッドを、頭上(オーバーヘッド)および肩口の計2か所に設置しています。頭上から大量の冷水を浴びることができます。また、髪を濡らしたくない方などは、肩口から冷水を浴びることも可能。
冷水エリアは2箇所、それぞれが水の作品空間となっており、身体ごと作品に没入します。

温水シャワー
男女別更衣室に、温水シャワールームを備えております。
シャンプー、コンディショナー、ボディソープ、メイク落とし(女性専用)を無料でお使いいただけます。

更衣室・パウダールーム
男女別更衣室のパウダールームには、化粧水、乳液、くし、ドライヤーを備えております。

展覧会コンセプト

世界と時間に再びつながる
チームラボリコネクトは、高級な場所でアートを見るのではなく、あなたが最高級な状態になってアートを体験する、チームラボによるアートとサウナの新しい展覧会。
サウナによる超温冷交代浴によって、脳を開き、どこまでも広がっていく身体感覚でアートと一体となる。心と身体と環境が、自分という存在の全体性であることに気付き、世界と時間に再びつながる。

アートとサウナによる新しい体験
「ととのう」とは、超温冷交代浴(サウナ・冷水・休憩を繰り返すこと)によってもたらされる、脳科学的にも非常に特殊な状態です。「ととのう」ことによって感覚が鋭くなり、頭はすっきりし、美しいものは、よりいっそう美しく感じられ、普段の感覚では気がつかない体験を得ることができます。
サウナに入り、ととのい、アートを体験し、さらなる深みへと入っていきます。

Supernature Phenomenon
チームラボリコネクトでは、チームラボの新たなアートプロジェクト「Supernature Phenomenon」をテーマにした新しい作品群を含む、複数の作品が公開されます。「Supernature Phenomenon」とは、自然界の法則を超えた現象を意味する「超自然現象」と、それによる認知そのものの変化をテーマにしたプロジェクト。万有引力に逆らうなどの超自然現象をただ見る過程で、人々の認知そのものが変化し、その認知の変化が人々を「日常とは違った状態」へと導くとチームラボは考えています。

開催概要

チームラボ & TikTok, チームラボリコネクト:アートとサウナ 六本木

会場: 東京都港区六本木5丁目10-25
会期: 2021年3月22日から8月31日まで開催予定
主催: チームラボリコネクト実行委員会
協賛: TikTok
サウナ室監修: 株式会社メトス

* 本展覧会では、新型コロナウイルス対策を徹底し、館内の環境整備に努めて参ります。

【持ち物・レンタル】
・体験に必要なものは全てご用意しておりますので、手ぶらでもお越し頂けます。
・入館時に、サイズ別館内着、バスタオル、フェイスタオル、防水ケースの無料貸し出し、及びマスクの提供をしております。
・女性は館内着の下に水着の着用をお願いしております。水着は持参するか、会場での無料レンタル(サイズ:S、M、L)をご利用ください。
・男性は館内着を水着兼用としてご利用頂けます。

>チームラボ
>Instagram
>Facebook
>Twitter
>YouTube

あなたにオススメ

新着

新着

注目の記事

京都府

観光

食べ物

ミシュラン掲載のホテルと料亭のコラボレーション「ザ・ホテル青龍 京都清水」の宿泊プランがスタート

ミシュランガイド1つ星の「高台寺 十牛庵」と、「ミシュランガイド京都・大阪+岡山2021」のホテル部門において極めて快適にあたる4パビリオンとして掲載された「ザ・ホテル青龍 京都清水」は、8月1日より、1日2組限定の宿泊&昼食付プランの提供を開始いたします。

神奈川県

飲食店

観光

避暑地箱根の「ホテルインディゴ箱根強羅」で過ごすリゾートスタイル

“ネイバーフッド” の文化や歴史で訪れる人の好奇心をかきたてるライフスタイル・ブティックホテルブランド、ホテルインディゴ。今年はホテルインディゴ箱根強羅のウッドデッキに、真夏の眩しい太陽と澄んだ空気が心地よいおしゃれなスペース「THE FOREST DECK」が登場します。

ピックアップ

ピックアップ