東京都

芸術

フィリップス 新進気鋭の女性アーティストを讃える特別オンライン販売展 「Sweet Jane in Fields of Daisies」 を開催

フィリップスは、21世紀の社会にメッセージ性豊かな作品を制作する、多様なカルチャーを持った女性アーティストたちを称えるマルチアーティストバーチャル販売展「Sweet Jane in Fields of Daisies」を開催いたします。Joan Tucker のキュレーションのもと、19名のアーティストが参加するこの展 覧会は、9月7日から9月28日まで公式サイトにて公開されます。

アーティストのLucia Loveがライブ・インタビューで作品や日々の制作活動について語る姿がこの詩的なタイトル「Sweet Jane in Fields of Daisies」と名付けるインスピレーションでした。

Velvet Underground の代表的な曲「Sweet Jane」と、詩人でアーティストの John Giorno の作品名を組み合わせています。 Lucia は曖昧さとユーモアに満ちた象徴的な世界から、印象的なポートレートやシーンを構築していきます。

これらのシーンには、政治的な象徴性やフェミニスト的な倫理観が垣間見え、私たちが現在直面している現実に触れています。本リリース上部にも掲載されたLucia Loveによる絵画Giganticが展示されます。

展示予定の 19 作品は、個人的な経験、アイデンティティ、ジェンダー、文化的な歴史などのテーマを具現 化しています。Lucia Love の作品「Gigantic」には、人間の団結がもたらす可能性とその強さを描き出すという背景がありました。

また、作品を通して、集団だからこそ実現できるものごと、力の価値が自動的に理 想的な男性像と結びつけられている誤ちについても視覚的に言及しています。アーティストの Hiejin Yoo は、彼女の日記に記された日々の移ろいからインスピレーションを得ています。

ありふれた出来事が、キャンバスに描かれた大きな半具象の油絵になるのです。抽象的に色づけられた平面と豊かに重ねられ た情景は、女性の複雑な心情を思い起こさせます。彼女の絵画は、個人的な感情のすべてを形にし、日記の執筆や自分探しの瞑想とどこか似ているようにも感じられます。

スペインのフェミニストアートシーンに欠かせないひとり、 Ángeles Agrela’s の描く女性のポートレートは、髪が被写体の顔を隠しているのが特徴です。美しさへのこだわり、取り繕い、気に入らなければ消し去るといった問題を提起するこれらの作品は、現代社会における女性像を明確に描き出しています。

鮮やかなブルー、ピンク、赤などの現職の髪を編 み込んで、ヴェールにしたもので、多くの文化圏で女性にとって髪が象徴的な意味を持つことを思い起こさ せます。Ania Hobsonは、現代のイギリスの生活の細部を臆することなく捉えます。

ドクマーチンのブーツに付けられた黄色いひもに至るまで、彼女の周りで見た人々や場所の忠実さに妥協がありません。エフォ ートレスながら、ダイレクトな描き味は時代を感じさせます。古典的な油絵の技法を巧みに駆使しつつも彼女なりのテイストに落とし込むことで、ポストモダンの雰囲気を表現しています。

ミレニアル世代の女性像 称えた「A Portrait of Two Female Painters」は、2018 年にロンドンのナショナル・ポートレート・ギャラ リーで名誉あるヤング・アーティスト賞を受賞しました。

Jonathan Crockett フィリップス アジアチェアマンによるコメント

「近年のフィリップスのデジタル分野における目覚ましい発展を継続させながら、新進気鋭で才能溢れるアーティストとともに躍進し続け、オークションハウスとしてのレガシーをさらに高めていきます。

この世界 でも比類のないバーチャル販売展を、世界中のアートファンにお届けできることを誇りに思います。本展に出品されている女性アーティストは、コンテンポラリーアート界の新星であり、国際的な知名度や著名性を獲得しつつあります。

彼らが紡ぐストーリーは、現代社会に共通するテーマを浮き彫りにしています。鑑賞 を通して様々な感情に巡り合うことのできる作品の数々が登場します。これらを Phillips.comを通して世界中のコレクターやアートファンのコミュニティでシェアできることを楽しみにしています。」

PHILLIPS X は、現代のアート、デザイン、文化の最先端を行くダイナミックな展示プラットフォームです。厳選されたプログラムと臨場感あふれる展覧会、そして優れたプライベート・セールを展開しています。PHILLIPS X は、20 世紀から21 世紀にかけての著名なアーティストやイノベーターの作品を紹介するために活動しています。

ハイライト作品の画像は、以下の通りです。その他の展示作品については Phillips.com をご覧ください。

>詳細はこちら

Samantha Rosenwald
Micromanager
キャンバスに色鉛筆
20 x 20 インチ (50.8 x 50.8 cm) 2021 年制作

Elana Bowsher
Nude II (Tondo Series)
キャンバスに油絵具 直径 24 インチ (61 cm) 2021 年制作

Inka Essenhigh
Spruce Forest
裏側に”Inka Essenhigh,
Spruce Forest, 2019-2021″ のサイン 入り
キャンバスにエナメル
34 x 32 インチ(86.4 x 81.3 cm) 2019-2021 年に制作

Emma Webster
Don’t Tread on Me
パネルに油絵具
30 x 40 インチ (76.2 x 101.6 cm) 2020 年制作

Jocelyn Hobbie
Scarf on Head, Blue Background
紙に油絵具 r
141⁄8 x 13 インチ (36 x 33 cm) 2021 年制作

Brittney Leeanne Williams
Mitosis: A Tear
キャンバスに油絵具
36 x 48 インチ (91.4 x 121.9 cm)
2021 年制作

出品作家一覧:

キュレーターについて:
コレクター兼アドバイザーのJoan Tuckerは、ロサンゼルス出身で、現在は香港とベルリンを拠点に活動しています。彼女は、コンテンポラリーアートや人気急上昇中のアート分野のエキスパートであ り、そのプライベートコレクションも圧巻です。アート界での様々な経験をもとに、現在は新しい才 能を積極的に支援しています。彼女のサポートと育成により、多くの新進アーティストが育っています。

>Instagram

・本リリースに掲載されている画像のダウンロードは下記リンクから。その他の画像については、フィリップスのプレスチームまでお問い合わせください。
>画像のダウンロードはこちら

PHILLIPS について

フィリップスは、20世紀および21世紀のアートとデザインを売買する世界的なプラットフォームを提供してしており、20世紀およびコンテンポラリーアート、デザイン、写真、版、時計、ジュエリーの 7分野に特化しています。お客様には収集に関してプロ フェッショナルな観点からあらゆるアドバイスをいたします。

ニューヨーク、ロンドン、ジュネーブ、香港のサロンでオークションや展示会を開催しているほか、それ以外の地域のお客様には、ヨーロッパ、アメリカ、アジアの各地域にある駐在員事務所を通 じてサービスを提供しています。

また、フィリップスは、世界のどこからでもアクセスできるオンライン・オークション・プラットフォームをご用意しています。さらに、オークションを通した売買の機会を提供するだけではなく、個人売買の仲介や、鑑定、 評価などのサービスを行っております。

>PHILLIPS Official site

<本プレスリリースのお問い合わせ先>

東京 – 本井 眞奈 (コミュニオン株式会社)
mail:m.motoi@communion.co.jp
TEL:03-5468-5278

フィリップス東京オフィス
〒106-0032
東京都港区六本木 6-6-9 ピラミデビル 4F
TEL:03-6273-4818

服部 今日子 (フィリップス日本代表)
mail:khattori@phillips.com
松本 麻生
mail:mmatsumoto@phillips.com

PHILLIPS NEW YORK:450 Park Avenue, New York, NY 10022
PHILLIPS LONDON:30 Berkeley Square, London, W1J 6EX
PHILLIPS HONG KONG:14/F St. George’s Building, 2 Ice House Street, Central Hong Kong
PHILLIPS GENEVA:Rue de la Confédération, 7 Geneva 1204

>公式サイト
>Twitter
>Instagram
>Facebook
>Linkedln
>Weibo

あなたにオススメ

新着

新着

注目の記事

北海道

イベント

好評につき今年も開催 湯元啄木亭の「キャンドルナイト」

函館の温泉旅館「湯元啄木亭(ゆもとたくぼくてい)」では函館ゆかりの松岡庭園をそのまま保存した銘庭があり、敷地は約1200坪。この啄木亭の庭園は秋が一番の見頃となっております。
そんな秋の庭園を彩るべく、地元函館のキャンドル作家「710candle(ナナイチマルキャンドル)」の監修の元、タイアップ企画が実現しました。

東京都

芸術

奈良美智・村上隆などラインナップ。大手オークションプラットフォーム・PHILLIPSが好調な2021年春シーズンの活動を報告。

東京都

伝統

芸術

イベント

文化

<小松美羽さん単独インタビュー>新作“NEXT MANDALA〜魂の故郷” に込めた大調和時代へのメッセージとは

昨年25周年を迎えた(株)デジタルガレージは“Whole Earth Catalog”で世界的に知られるStewart Brand(スチュアート・ブランド)氏と“EARTHSHOT”を宣言。〜Whole Earth Catalogから50年、これからの未来・テクノロジーを考える〜をテーマに今年で21回目となるカンファレンス、「THE NEW CONTEXT CONFERENCE」が8月11日に行われ、その様子は日本⇔米国(サンフランシスコ)同時中継にてオンラインで観客に配信された。

イベント当日、現代アーティスト小松美羽さんは高野山別格本山三宝院で制作した”NEXT MANDALA〜魂の故郷”を発表。目入れのライブペイントを行い、”大加速時代から大調和時代へ”とのメッセージを発信し、会場を祈りの空間へと導いた。

ピックアップ

ピックアップ